menu

当帰(とうき)の生薬解説はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:ドンクアイ(DongQuai)・/とうき(当帰)・チャイニーズ・アンゼリカ

日本では奈良県や北海道で栽培されているセリ科の多年草、トウキA.acutilobaの根を用いる。日本の本州中部より北の山地にはミヤマトウキvar、iwatensisが自生しており、日本で栽培されているのはこの栽培種のトウキ(㊥日本当帰・東当帰)である。中国産のものはカラトウキ(㊥当帰A.sinensis)といわれ種類が異なっている。日本で栽培されている当帰には昔から吉野地方で栽培されてきた大和当帰(やまととうき・別名:大深当帰:おおぶかとうき)と昭和になって北海道で作られた北海当帰(ほっかいとうき)の二種類がある。品質は大和当帰、収量は北海当帰が優れているため、現在では北海当帰が多く出回っているが、交配種も多く栽培されている。当帰には甘味のある甘当帰系と辛味のある辛当帰系があり、大深当帰は甘当帰系であるが、北海当帰や中国産・韓国産は辛当帰系といわれている。日本では根の全体、すなわち全当帰(ぜんとうき)を用いるが、中国では根の頭部を当帰頭(とうきとう)、主根部を当帰身(とうきしん)、支根部を当帰尾(とういび)あるいは当帰鬚(とうきしゅ)として区別することもある。日本薬局方では中国産のカラトウキは除外しているが近年、日本のトウキを中国や韓国で栽培加工した生薬も日本で流通している。根には精油成分としてリグスチライド、サフロール、ブチリデンフタライド、そのほかクマリン誘導体のベルガプテン、ファルカリノール、脂肪酸などが含まれている。薬理作用として鎮痛・消炎作用や中枢系や循環器に対する効果が報告されているが、漢方で重視されている作用は明らかではない。漢方では補血・活血・調経・潤腸の効能があり、月経不順、虚弱体質(血虚)、腹痛、腹腔内腫瘤、打撲傷、しびれ、皮膚化膿症、便秘などに用いる。当帰は婦人科領域の主薬であり、また「血中の気薬」ともいわれ、非常に多くの処方に配合されている。中国医学では帰頭は補血、帰身は養血、帰尾は破血、全当帰には活血の効能があるといわれているが、日本では区別することは少ない。また中国では当帰の味を甘・辛としているが、日本産の大深当帰には辛味がほとんどない。近年、米国のハーバリストは当帰のことを”DongQuai”とか、”Chineseangelica”と呼んで、月経不順や月経前症候群、更年期障害などの治療に用いている。一方、西洋ではアンゼリカA.archangelicaが婦人病などの治療に用いられている。(アンゼリカ)

①調経作用

月経異常や妊娠・出産時の異常などに用いる。月経不順の治療の基本薬として川芎・芍薬・地黄を配合する(四物湯)。月経の停止や不妊症には人参・牡丹皮などと配合する(温経湯)。妊娠時の性器出血などの異常出血には阿膠・艾葉などと配合する(芎帰膠艾湯)。出産後の月経障害や女性の虚弱体質には香附子・益母草などと配合する(芎帰調血飲)。更年期障害などの諸症状には柴胡・牡丹皮などと配合する(加味逍遙散)。手足が冷える血の道症には桂枝・木通などと配合する(当帰四逆加呉茱萸生姜湯)。

②補血作用

体力の衰えや皮膚の乾燥に用いる。病後などによる栄養障害(血虚)の治療の基本となるのが当帰・芍薬・川芎・地黄から構成される四物湯である。さらに術後などで気虚もみられる体力低下には人参・黄耆などと配合する(十全大補湯)。結核などで盗汗が長く続くときには黄耆・黄柏などと配合する(当帰六黄湯)。傷が化膿して治りが悪いときには黄耆・人参などと配合する(千金内托散)。老人性皮膚瘙痒症など乾燥傾向にある皮膚疾患には防風・荊芥などと配合する(当帰飲子)。火傷や褥瘡などに紫根などと配合して外用する(紫雲膏)。

③止痛作用

腹痛や筋肉痛、関節痛などに用いる。冷えて痛む婦人の腹痛には桂枝・芍薬などと配合する(当帰建中湯)。狭心症などで胸痛が背部に放散するときには半夏・乾姜などと配合する(当帰湯)。リウマチなどで関節が腫れて痛むときには麻黄・薏苡仁などと配合する(薏苡仁湯)。神経痛などで上下肢が痛むときには羗活・威霊仙などと配合する(疎経活血湯)。

④潤腸作用

便を軟らかくして便通をよくする高齢者などにみられる乾燥性の便秘に大黄・麻子仁などと配合する(潤腸湯)。痔の疼痛や脱肛などには柴胡・升麻などと配合する(乙字湯)。

処方用名

当帰・全当帰・西当帰・当帰身・当帰尾・当帰鬚・酒当帰・土炒当帰・トウキ

基原

セリ科UmbelliferaeのAngelicasinensisDielsの根。根頭部を帰頭、主根部を当帰身(帰身)、支根を当帰尾(帰尾・当帰鬚)、帰身・帰尾を含めたものを全当帰という。

日本産は日本野生の同属植物ニホントウキA.acutilobaKitagawaを栽培化したもので、現在日本市場の主流を占める。

性味

甘・辛・苦、温

帰経

心・肝・脾

効能と応用

方剤例

補血調経

①四物湯・当帰芍薬散

血虛による顔色につやがない・頭のふらつき・めまい・目がかすむ・動悸・月経不順・月経痛などの症候に、熟地黄・白芍・川芎などと用いる。

②当帰補血湯・八珍湯・十全大補湯・帰脾湯・人参養栄湯

大出血のあと、あるいは気虚をともなうときは、補気の黄耆・人参などを配合して生血を強める。

③当帰生姜羊肉湯・当帰建中湯

虚寒の腹痛・冷えなどをともなうときも、桂枝・生姜などと使用する。

活血行気・止痛

①桃紅四物湯・過期飲・血府逐瘀湯・膈下逐瘀湯・少腹逐瘀湯・生化湯

気滞血瘀の疼痛・腹腔内腫瘤などに、桃仁・紅花・川芎・赤芍・牡丹皮などと用いる。

②活絡効霊丹・復元活血湯・通導散・折衝飲

打撲外傷による腫脹・疼痛にも、乳香・没薬・桃仁・紅花などと使用する。

③蠲痺(けんぴ)湯・疎経活血湯・独活寄生湯・大防風湯・薏苡仁湯

痺証のしびれ痛みにも、羗活・独活・防風などと使用する。

④仙方活命飲

癰疽瘡瘍(皮膚化膿症)にも、金銀花・赤芍・牡丹皮・穿山甲などと使用する。

潤腸通便

潤腸丸・潤腸湯

腸燥便秘に、麻子仁・生首烏・桃仁・杏仁などと用いる。

臨床使用の要点

当帰は甘補・辛散・苦泄・温通し、辛香善走するので「血中の気薬」ともいわれ、補血活血・行気止痛の効能をもち、心・肝・脾に入る。心は血を主り、肝は血を蔵し、脾は統血するので、血病の要品であり、血虚血滞を問わず主薬として用い、婦人科の良薬である。それゆえ、婦女の月経不調・経閉・痛経および胎前(妊娠中)・産後の諸病に常用する。このほか、癰疽瘡瘍には消腫止痛・排膿生肌に、瘀血作痛・跌打損傷には行瘀止痛に、虚寒腹痛には補血散寒止痛に、痺痛麻木には活血散寒に、血虚萎黄には養血補虚に、それぞれ働く。また、潤腸通便の効能をもつので腸燥便秘にも有効である。すなわち、血虚血滞によるすべての病証に使用でき、血分有寒に最適である。

参考

補血には当帰身(帰身)を、活血には当帰尾(当帰鬚・帰尾)を、和血には全当帰(当帰・西当帰)を、それぞれ使用するのがよい。また、補血には辛味を去った土炒当帰を、潤腸には生当帰を、通経活血には酒炒した当帰(酒当帰)を用いる。

用量

6~15g、煎服。

使用上の注意

湿盛中満・大便泄瀉・崩漏過多には禁忌。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る