menu

牛膝(ごしつ)についての生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:牛夕/いのこずち(豕槌)

日本の本州以南、中国に分布するヒユ科の多年草、ヒナタイノコズチAchyranthesfaurieiの根を用いる。ヒナタイノコズチはイノコズチA.japonicaの近縁種で、路ばたや野原に普通にみられ、その根はイノコズチより大きい。かつて日本でも野生のもの(ヤブ牛膝)が採取されたり、茨城県で栽培されていた(作り牛膝)こともあるが、今日では流通していない。中国産の牛膝はイノコズチの同属植物、モンパノイノコズチ(㊥牛膝A.bidentata)の根であり、産地の懐州(河南省沁陽県)にちなみ懐牛膝(かいごしつ)または淮牛膝(わいごしつ)という。またイノコズチモドキ属の川牛膝Cyathulaofficinalisの根は川牛膝(せんごしつ)と呼ばれ、この川牛膝も最近では日本に多く輸入されている。イノコズチの名はイノシシの膝という説もあり、牛膝と同様に茎にある節の形から名付けられたものである。果実は動物や衣服にくっつくため、ドロボウグサとかヤブジラミなどの方言もある。根の成分には昆虫変態ホルモンのイノコステロンやエクジステロン、サポニンのオレアノール酸配糖体、各種アミノ酸、βシトステロール、スティグマステロールなどが含まれ、子宮収縮作用や腸管抑制作用、降圧作用、止痛作用などが報告されている。漢方では活血・通経・止痛・強筋骨の効能があり、婦人科疾患や関節痛、打撲、神経痛、足腰の筋肉の萎弱や疼痛などに用いる。ちなみに牛膝には「下行」する性質があり、月経血の排出促進や利尿、通便し、上半身の充血を軽減する。さらに他の生薬の効能を下半身に導く引経薬ともいわれている。このため月経困難症や排尿障害、歯肉炎の治療薬としても知られている。また堕胎に用いられたこともあり、妊婦や性器出血、下痢などには用いないほうがよいとされている。一般に懐牛膝は滋養・強壮作用が強く、川牛膝は活血・止痛の作用が強いといわれている。

①止痛作用

腰や下肢の疼痛に用いる。打撲症や関節炎、老化などいずれにも応用できる。下肢の筋力低下やしびれ感に黄柏・蒼朮と配合する(三妙散・痿証方)。過労や冷えによる腰痛には独活・桑寄生などと配合する(独活寄生湯)。神経痛や関節痛、麻痺に当帰・川芎などと配合する(疎経活血湯)。老化による腰痛や下肢倦怠感、下肢の浮腫に八味丸と配合する(牛車腎気丸)。関節痛や神経痛に用いられる薬用酒の虎骨酒などにも配合されている。

②消炎作用

排尿障害や高血圧、歯肉炎に用いる。牛膝は淋証の要薬といわれ、血尿を伴う尿路結石や膀胱炎などに用いる。また牛膝は頭の血熱を下げるといわれ、頭痛やのぼせ、めまい、顔面紅潮などに竜骨・牡蠣などと配合する(鎮肝熄風湯)。歯肉炎や口内炎に石膏・知母を配合する(玉女煎)。

③活血作用

月経困難症や妊娠初期の出血の腹痛に桃仁・牡丹皮などと配合する(折衝飲)。産後の腫塊や疼痛などに香附子・紅花などと配合する(通経導滞湯)。

処方用名

牛膝・牛夕・懐牛膝・淮牛膝・川牛膝

ゴシツ(淮は懐と同音で、その代用文字である。また夕は膝と同音)

基原

ヒユ科Amaranthaceaeのイノコズチ属植物AchyranthesbidentataBl.あるいは同科のCyathulaofficinalisKuanの根。市場では前者を懐牛膝、後者を川牛膝と称する。後者は前者に比して根が太くてかたく、日局に適合しない。

性味

苦・酸、平

帰経

肝・腎

効能と応用

方剤例

活血祛瘀

牛膝散・脱花煎

血瘀による月経痛・月経周期延長・無月経・腹腔内腫瘤および難産・残留胎盤などに、当帰・桃仁・赤芍・紅花などと用いる。

打撲外傷の腫脹、疼痛に、当帰・桃仁・紅花・乳香・没薬・延胡索などと使用する。

舒筋利痺

①三妙丸・四妙丸・疎経活血湯

湿熱蘊結による下肢の関節痛・しびれ・熱感・腫脹などに、蒼朮・黄柏などと用いる。

②大防風湯・三痺湯・独活寄生湯

寒湿瘅の関節痛・冷えなどには、独活・羗活・防風・細辛などと用いる。

補肝腎・強筋骨

虎潜丸

肝腎不足の腰や膝がだるく無力・腰痛などの症候に、熟地黄・杜仲などと使用する。

利水通淋

牛膝湯

湿熱下注の排尿痛・排尿困難・血尿などに、瞿麦・滑石・通草などと使用する。

引血下行

①玉女煎

血熱の鼻出血・吐血・喀血などに、清熱涼血の側柏葉・茅根・小薊などと用いる。

陰虛火旺による歯齦の腫脹疼痛・口内炎・歯齦出血などに、石膏・知母・熟地黄・麦門冬などと用いる。

②鎮肝熄風湯

肝陽上亢の頭痛・めまい・ふらつきなどに、代赭石・竜骨・牡蛎・玄参などと使用する。

臨床使用の要点

牛膝は苦酸・平で、下行して肝腎二経に直達し、活血祛瘀に働くので、血瘀による経閉・痛経・月経後期・癥瘕および難産・胞衣不下(残留胎盤)に適し、舒筋利痺の効能をもつので風湿痺痛の腰膝関節疼痛や扭傷閉挫の瘀血作痛にも用いる。また、利水通淋の効能により血淋・熱淋の尿道渋痛・尿血に有効であり、酒製すると補肝腎・強筋骨に働いて肝腎不足の腰膝酸痛・筋骨無力に適する。このほか、引血下行の効能により、上炎の虚火を下降し導熱下泄するので、血熱妄行の吐血・衄血や陰虛火旺の喉痺・歯痛・口瘡および肝陽上亢の眩暈頭痛にも効果がある。「諸薬を引き下行す」といわれ、下行の引経薬としてもよく用いる。

参考

①懐牛膝は補肝腎・強筋骨にすぐれ、川牛膝は活血化瘀にすぐれている。

②生用すると活血祛瘀・引血下行に、酒製すると補肝腎に、それぞれ強く働く。

③牛膝は宣導下行の効能が主体であり、補益肝腎の力は続断・杜仲などに劣る。

用量

6~12g、大量で30g、煎服。

使用上の注意

脾虚の泄瀉・夢精滑精・月経過多・妊婦などには禁忌。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る