menu

沢瀉(たくしゃ)の詳しい生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中国東北部や朝鮮、日本の北部に分布し、沼沢地や浅い水中に生えるオモダカ科の多年草、サジオモダカ(㊥沢瀉Alismaplantago-aquatica)の塊茎を用いる。北海道や信州で栽培されているが、市場品のほとんどは中国などからの輸入品で、四川省の川沢瀉(せんたくしゃ)や福建省の建沢瀉(けんたくしゃ)などが有名である。沢瀉という名は水中(沢)にあって水を弾く性質(瀉)があることに由来するとか、薬の効能が「水を去ること(瀉)」に由来するといわれている。水面から出た葉が人の顔のようにみえることからオモダカの名がある。サジオモダカ根茎には多量のデンプンやアミノ酸、レシチンのほか、トリテルペノイドのアリソールA・B・Cなどが含まれ、利尿作用やコレステロール低下作用、血糖降下作用などが報告されている。漢方では利水・清熱の効能があり、体内に水分が停滞した浮腫や胃内停水、尿量の減少、排尿障害、嘔吐、下痢、口渇などの症状に用いる。

①利水作用

浮腫や胃内停水、眩暈などに用いる。尿量が減少して、浮腫や口渇のみられるときには茯苓・猪苓などと配合する(五苓散)。胃に水分が溜り、食後しばらくしてから嘔吐し、口渇するものには茯苓・白朮などと配合する(茯苓沢瀉湯)。体内の水気(支飲)のために眩暈の症状がみられるときには白朮と配合する(沢瀉湯)。慢性化した眩暈、頭痛には半夏・天麻などと配合する(半夏白朮天麻湯)。

②清熱作用

膀胱炎や排尿障害に用いる。膀胱炎などにより排尿困難や血尿のみられるときには木通・滑石などと配合する(五淋散)。熱病などで尿量が減少して口渇の強いときには猪苓・阿膠などと配合する(猪苓湯)。高齢者や糖尿病で頻尿や口渇などのみられるときには地黄・山薬などと配合する(六味丸)。

処方用名

沢瀉・建沢瀉・福沢瀉・炒沢瀉・塩沢瀉・タクシャ

 

基原

オモダカ科AlismataceaeのサジオモダカAlismaorientaleJuzepczukの周皮を除いた槐茎。

性味

甘・淡、寒

帰経

腎・膀胱

効能と応用

方剤例

利水滲湿・泄熱

①四苓散・五苓散

水湿停滞による尿量減少・水腫・泥状~水様便に、茯苓・猪苓などと用いる。

②猪苓湯

挟熱の場合には、滑石・木通などと使用する。

③五淋散

湿熱下注の排尿痛・排尿困難・尿の混濁などには、滑石・木通・車前子・山梔子などと用いる。

除痰飲

沢瀉湯・半夏白朮天麻湯

痰飲停留によるめまいに、白朮・茯苓・半夏などと使用する。

その他

六味地黄丸

滲湿泄熱の効能により、滞水を除き虚火を泄し、陰虚火旺を鎮める補助となり、「腎火を瀉す」といわれ、腎陰虚に熟地黄・山薬・山茱萸などと使用する。

臨床使用の要点

沢瀉は甘淡・寒で、寒で除熱し淡で滲湿し、腎経の虚火を泄し、膀胱の湿熱を除き、通利小便・祛湿泄熱・除痰飲の効能をもつ。湿熱内蘊による小便不利・短赤熱痛・淋瀝尿閉、心下停飲の頭暈目眩および水腫脹満・泄瀉、さらには陰虚火旺に用いる。

参考

沢瀉は利水滲湿の効力は茯苓とほぼ同じであるが、泄熱に働き補益の効能をもたない。「沢瀉は有瀉無補、茯苓は有瀉有補」といわれる。

用量

6~9g、煎服。

使用上の注意

①一般に塩炒した塩沢瀉(炒沢瀉)を用いる。

②大量で滑精をひきおこし、久服すると腎陰を損傷するので、腎虚でも火熱の症候がみられないときや滑精があるときは、使用しないほうがよい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る