menu

安中散(アンチュウサン)は冷えが原因の腹痛や、食欲不振等の症状に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「安中散は消化器を温め、痛みを和らげます」

処方のポイント

消化墨を温め止痛作用をもつ良姜・延胡索.茴香、桂皮を中心に、消化噐の動きを亢進する縮砂、牡蛎、消化嶴を保護する甘草で構成。

冷えが原因の腹痛や、食欲不振等の症状に適応する。甘辛味で、温服が効果的。

 

安中散が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー。

漢方的適応病態

脾胃の虚寒と気鬱血滞による胃痛、腹痛、月経痛。

安中散の組成や効能について

組成

肉桂5高良姜5小茴香5延胡索5牡蛎4縮砂3甘草5

効能

散寒止痛

主治

胃寒疼痛

安中散の解説

安中散は散寒作用と止痛作用が優れており、主に寒凝の胃痛を治療する処方である。中焦胃の症状を安定させるという意味で、「安中散」と名付けられた。

原文では縮砂が配合されていないが、日本処方には加味されている。

適応症状

◇胃痛

「寒は痛を主り、寒は凝滞を主る」。寒邪が胃に停滞しているときに現れる代表症状である。

◇氾酸

酸っぱい物がこみ上げる症状を指す。多くは胃気上逆によって生じるが、肝の疏泄機能が失調して胃に影響を及ぼした(肝気犯胃)場合もある。

◇悪心嘔吐

胃気上逆の代表症状である。

◇胃脹

寒邪が胃気の運行を阻止し、気滞が生じた症状である。

◇苔白

邪気の性質が寒であることを示す。

◇脈緊

寒と痛を示す。

肉桂は散寒止痛の作用をもち、心腹の冷痛を治療する。胃(裏)を温めることが主目的なので、表に作用する桂枝ではなく、裏に作用する肉桂を用いる。高良姜は胃の専門薬で、胃を温めて嘔吐を止め、寒性の胃痛・嘔吐に優れた効果がある。小茴香も温裏薬で、強い芳香性と優れた理気作用によって、胃気を開き食欲を増進する。延胡索は活血・理気作用によって気血の運行をよくし、胃痛を止める強い作用がある。また長期にわたる胃痛には瘀血の存在が考えられるので、活血薬の配合も考えてみたい。牡蛎は単味を粉にして、胃痛·胃酸に用いることがある。日本処方には理気の縮砂が入っている。食欲がなく、下痢する場合にも用いやすい薬である。

臨床応用

◇胃痛

寒邪による各種の胃痛(慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、神経性胃痛などの疼痛)を治療することができる。

長期にわたる胃痛は、多かれ少なかれ正気が損傷されるので、扶正の方剤を併用しなければならない。

疲労感が強く、食欲がないとき +「四君子湯」(健脾益気)

または +「補中益気湯」(補中益気)

◇胃酸過多

胃の疼痛がなくても、 胃酸過多の症状に用いられる。

イライラ、 胃・両脇が脹るとき +「逍遥散」(疏肝健脾)

または +「四逆散」(疏肝理気)

◇生理痛

原文に「婦人血気刺痛」(婦人の気血停滞による下腹部の刺痛)の記載があるように、散寒・活血理気の作用を応用して、生理痛にも用いられる。

生理痛が強いとき  +「当帰芍薬散」(養血・活血止痛)

経血に血塊が多いとき  +「桂枝茯苓丸」(活血化瘀)

注意事項

胃・十二指腸潰瘍に本処方を用いることが多い。しかし、急性の潰瘍は熱をもつ可能性が多いため、本処方の温性、燥性が症状を悪化させる心配があるので要注意である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る