menu

白芷(びゃくし)/よろいぐさ(鎧草)の詳しい生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

白芷(びゃくし)/よろいぐさ(鎧草)

本州の近畿・中国地方、九州、朝鮮半島、中国東北部などに分布するセリ科の多年草、ヨロイグサ(㊥興安白芷Angelicadahurica)などの根を用いる。中国東北部ではこのヨロイグサの根を独活として用いるところもある。中国ではヨロイグサとは別に杭白芷A.formosanaの根もよく用いられ、四川・山東省では川白芷(せんぴゃくし)、浙江・江蘇省では杭白芷(こうぴゃくし)の名で流通している。かつて日本産を和白芷(わびゃくし)、中国産を唐白芷(からびゃくし)として区別していたが、今日、日本での生産はほとんどない。薬用には地上部が黄変して枯れかけたときに根を掘り出すが、ヨロイグサの根には特異な臭いがある。

根にはフロクマリン誘導体のビャクアンゲリシン、ビャクアンゲリコールなどが含まれる。フロクマリン誘導体はセリ科の類縁植物に多く含まれ、羗活や独活にも含まれている。一般にフロクマリン類は魚毒であるが、高等動物に対しては血管拡張や鎮痙作用しか認められない。ただし中枢神経を興奮させるアンゲリコトキシンも含まれており、華岡青洲が用いた全身麻酔薬の通仙散にも配合されている。漢方では解表・止痛・止带・排膿などの効能があり、頭痛、歯痛、前額部痛、鼻炎、腹痛、下痢、帯下、湿疹、腫れ物などに用いる。とくに頭痛のときの代表的な生薬で、「太陽には

羗活、陽明には白芷、少陽には柴胡、太陰には蒼朮、厥陰には呉茱萸、少陰には細辛」といわれている。また、白芷の気は芳香で「九竅(耳目などの穴)を通じる」といわれている。

①発汗作用

感冒の諸症状、とくに前額部の痛みを伴うときに用いる。頭痛や片頭痛に川芎・防風などと配合する(川芎茶調散)。急性扁桃炎などで咽が腫痛するときには桔梗・山梔子などと配合する(清涼飲)。感冒などで頸部や関節が痛むときには羗活・蒼朮などと配合する(九味羗活湯)。鼻閉、嗅覚低下、前額部痛などの鼻炎症状には蒼耳子・辛夷などと配合する(蒼耳散)。

②止痛作用

頭痛、歯痛、筋肉痛に用いる。慢性頭痛や三叉神経痛に川芎・細辛などと配合する(清上蠲痛湯)。歯痛には寒熱に応じて細辛あるいは石膏と配合する。脳卒中、関節炎や神経痛による腰や下肢の疼痛、運動障害、シビレ感などに牛膝・川芎などと配合する(疎経活血湯)。

③排膿作用

化膿性の疾患に用いる。痤瘡などの皮膚化膿症に防風・連翹などと配合する(情上防風湯)。解毒証体質といわれるような扁桃炎や中耳炎、皮膚炎などの炎症を繰り返す体質に荊芥・連翹などと配合する(荊芥連翹湯)。虫垂炎の慢性化した状態に牡丹皮・薏苡仁などと配合する(牡丹皮湯)。

④消炎作用

婦人の帯下に用いる。寒による白色带下には烏賊骨・白朮などを配合し、熱による黄色帯下には黄柏・椿根皮などを配合して用いる。

処方用名

白芷・杭白芷・香白芷・ピャクシ

基原

セリ科UmbelliferaeのヨロイグサAngelicadahuricaBenthametHooker、A.formosanaBoiss.、HeracleumscabridumFr.などの根。

性味

辛、温

帰経

胃・大腸・肺

効能と応用

方剤例

散寒解表

九味羗活湯

風寒感冒で前額部頭痛を伴うときに、荊芥・防風・蔓荊子・羗活などと用いる。

祛風止痛

①川芎茶調散・清上蠲痛湯

風寒による頭痛に、単味であるいは川芎・菊花・防風・羗活などと使用する。

②清上防風湯

風熱の頭痛(眉稜骨・前額)にも、黄芩・山梔子などと使用する。

③蒼耳散

鼻淵(副鼻腔炎)の前額部頭痛には、蒼耳子・辛夷などと用いる。

風冷の歯痛には、細辛、乳香などと使用する。

風火の歯痛にも、細辛・升麻・石膏などと用いる。

消腫排膿

①仙方活命飲

癰疽瘡瘍(皮膚化膿症)に、金銀花・連翹などと用いる。

②白芷護心散

乳癰(乳腺炎)には、栝楼・貝母・蒲公英などと使用する。

毒蛇の咬傷にも、雄黄・乳香などと用いる。

その他

散風・除寒湿に働くので、寒湿による白色帯下・風寒湿痺の関節痛・風湿による皮膚瘙痒などにも使用する。

臨床使用の要点

白芷は辛温芳香であり、辛で解表散風し温で散寒除湿し、芳香で上達通竅し、散風寒・化湿濁・通鼻竅に働く。胃・大腸・肺三経の風湿の邪を除くが、足陽明胃経が主体である。胃経は頭面を循行するので、風寒による頭痛・牙痛・鼻塞・鼻淵など頭面諾疾に効果があり、とくに眉稜骨痛に有効で、止痛・通鼻竅にも著効を示す。また、散風邪・除寒湿の効能により、皮膚風湿瘙痒・経閉痛経・風湿痺痛・寒湿帯下にも効果がある。辛散により消腫排膿に働くので、乳癰腫痛・腸風臓毒・癰疽瘡瘍に対する常用薬でもある。

参考

白芷は辛温であるから風寒・寒湿に適している。ただし、風熱・風火・湿熱であっても、清熱瀉火・清利湿熱の方剤に少量を配合し、治療効果を増強する引経薬あるいは反佐として用いることがある。風熱による眉稜骨痛には黄芩を、風火による歯痛には石膏を、湿熱による帯下には黄柏を、それぞれ配合して用いるとよい。

用量

3~9g、大量で30g、煎服。

使用上の注意

辛散温燥により耗血散気しやすいので、陰虚火旺には用いない。

癰疽の潰破後には慎重に使用する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る