menu

茵蔯蒿(いんちんこう)の生薬詳細について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:茵蔯(いんちん)・綿茵蔯(めんいんちん)/かわらよもぎ(河原艾)

日本の本州以南、朝鮮半島、台湾、中国などに分布するキク科の多年草、カワラヨモギ(㊥茵蔯蒿Artemisiacapillaris)を用いる。日本では専ら初秋に採取した花の蕾(頭花)を用いるが、中国では春に収穫した幼苗(開花前の地上部)も用いられている。この幼苗はとくに綿茵蔯と呼ばれる。沖縄県では近縁植物のリュウキュウヨモギA.campestrisをハママーチと呼んで用いている。カワラヨモギの名は川原や海岸に生えているヨモギという意味で、日本では徳島県や長野県より出荷されている。葉の成分にはクマリン類のスコパロン(エスクレチンージメチルエーテル)、精油成分のカピレンやカピロン、カピリン、クロモン類のカピラリシンなどが含まれる。そのうちスコパロンやカピラリシンなどには利胆作用が知られている。ただし、このスコパロンは花や種子、蕾などに多く含まれるが、幼苗には含まれていない。そのほか茵蔯蒿の薬理作用として肝障害改善、抗炎症、解熱、利尿、抗真菌作用などが報告されている。漢方では退黄・清熱燥湿の効能があり、黄疸、尿量減少、湿疹、瘙痒症などに用いる。茵蔯蒿は古来より黄疸を治療する代表薬として知られているが、このような退黄(利胆)作用のある生薬としてその他には大黄・山梔子・黄柏・欝金・竜胆などがある。

①利胆作用

急性肝炎や胆囊炎による黄疸の症状に用いる。黄疸初期で発熱・便秘などの炎症症状の強いときは山梔子・大黄などと配合する(茵蔯蒿湯)。黄疸が続き、便秘はないが尿量が減少し、腹がはって苦しい、体が重いなどの症状には五苓散を配合する(茵蔯五苓散)。くすんだ黄疸があり、熱がなく、手足が冷えて尿の少ないとき(陰黄)には附子・乾姜などと配合する(茵蔯四逆湯)。

②消炎作用

湿疹、蕁麻疹、口内炎などに用いる(茵蔯蒿湯)。また湿疹や皮膚の痒みに茵蔯蒿の煎液で洗う。

処方用名

茵蔯・茵陳・茵蔯蒿・茵陳蒿・綿茵蔯・綿茵陳・綿蔯・綿陳・インチンコウ

基原

キク科CompositaeのカワラヨモギArtemisiacapillarisThunb.の幼苗。

性味

苦、微寒

帰経

脾・胃・肝・胆

効能と応用

方剤例

清熱除湿・退黄

①茵蔯蒿湯・胆道排石湯

湿熱燻蒸の陽黄すなわち鮮明な橘子色の黄疸・尿が濃く少量・腹満・発熱などの症候に、山梔子・黄柏・金銭草・大黄などと用いる。

②清胆利湿湯・清胆瀉火湯

肝胆湿熱でいらいら・怒りっぽい・胸脇痛・口が苦いなどを呈するときは、柴胡・鬱金などと使用する。

③茵蔯五苓散

脾胃湿熱で腹満・泥状~水様便・むくみなどを呈するときは、茯苓・白朮・猪苓などと使用する。

④茵蔯四逆湯

寒湿による陰黄すなわち暗黄色の黄疸・冷え・元気がない・脈が沈遅などを呈するときは附子・乾姜などと用いる。

⑤甘露消毒丹・一加減正気散

暑湿・湿温の初期にも、藿香・白豆蔲・滑石などと使用する。

湿熱内蘊による湿疹・蕁麻疹などの瘙痒・膨疹・滲出などを呈する皮疹に、黄柏・土茯苓などと用いる。単味の煎汁で外洗してもよい。

その他

軽度の疏肝の効能をもち、陰虚などで強い疏肝ができないときに、柴胡・鬱金などの代用として使用することがある。

臨床使用の要点

茵蔯は苦・微寒で、苦で燥湿し寒で清熱し、清芬の気があって脾・胃・肝・胆の気分に入り、滲泄して利小便し、清熱除湿・退黄の効能をもち、黄疸に対する要薬である。湿熱燻蒸による陽黄の小便短赤・身目皆黄に適し、適当な配合を行えば寒湿鬱滞・胆汁外溢による色黄晦暗の陰黄にも有効である。また、暑温・湿温初期、湿瘡瘙痒などにも用いる。

参考

茵蔯は、習慣的に中国と日本では使用部分が異なっており、外見もまったく異なる。

中国では、春の幼苗を採取して使用しており、嫩・綿軟・灰緑で香気の強いものがよいとされ、綿茵蔯と称する。

日本では、秋に花あるいは花穂を採取して用いている。

綿茵蔯のほうが効果が勝り、煎出時間も短くてよい。花あるいは花穂の場合には煎出時間を十分に長くする必要がある。

用量

9~30g、煎服。外用には適量。

使用上の注意

虚黄・蓄血黄疸(溶血性黄疽)には使用しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る