menu

乾いたせきに麦門冬湯(ぱくもんどうとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「麦門冬湯は乾いたせきによく使われます」

処方のポイント

呼吸器を潤す麦門冬、痰を除く半夏、呼吸機能を高める人参、消化器機能を亢進する甘草・粳米で構成。乾いたせき、吐き出しにくい痰、口が乾きのどが乾燥する等の症状に適応。皮膚は呼吸器系と関係あるとされ、アトピー性皮膚炎等の赤み、乾燥にも。甘味で、温服が効果的。

麦門冬湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

痰のきれにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく。

漢方的適応病態

1)肺気陰両虚。すなわち慢性の咳嗽(咳き込んでなかなか止まず顔が紅潮することが多い)、咽喉の乾燥感と刺激感、少量の粘痰、あるいは無痰、口渇などの肺陰虚の症候と、息切れ、疲れやすいなどの気虚の症候がみられる。

2)胃気陰両虚。すなわち、口渇、咽の乾燥感、乾嘔、吃逆、噯気、食欲不振、便が硬いなどの胃陰虚の症候に、元気がない、疲れやすい、息切れ、などの気虚の症候を伴う。

麦門冬湯の組成や効能について

組成

麦門冬35人参5甘草3大棗4個粳米5半夏5

効能

益胃潤肺・降逆下気

主治

肺胃陰虛・肺気上逆

 〇益胃潤肺:胃と肺を潤す治法である。

 〇降逆下気:上逆した気を下降させる治法である。本方における上逆した気とは虚火の上逆と肺気の上逆を指している。

 〇肺気上逆:肺の粛降機能が失調して、逆に上逆する症状である。

解説

麦門冬湯は『金匱要略』中にある「肺痿」を治療する処方である。「虚すればすなわちその母を補い」「燥なるものはこれを潤す」という治則に従って、肺と肺の母(病の根本原因)である胃を潤す組み合わせとなっている。病位は肺にあるが、病因は胃にあると考えられる。五行学説では「母の病は子に及ぶ」とされ、母(土=脾胃)が子(金=肺)に影響したと解釈する。

 〇肺痿:主に陰虛により、肺の津液または肺気が消耗された慢性衰弱性疾患を指している。

適応症状

◇咳・喘息

胃の津液が不足して虚火が生じ、肺の陰津を傷つけると、肺は潤いを失い、粛降機能が失調する。このため肺気が上逆して、咳、重症の場合は喘息がおこる。

◇咽喉不利

咽は「肺の扉」である。肺の津液が不足すると、潤いを失い、口咽が乾燥する。虚火が津液を灼傷して痰を生じ、これが咽喉部に停滞すると、閉塞感力覗れる。

◇息ぎれ

肺は「呼吸を主るl。虚火の上昇により陰津が消耗されるだけでなく、肺気も損傷されると息ぎれが生じる。

◇舌紅苔少

津液不足により舌苔は少なくなる。陰が虚して虚熱が生じるため紅舌となる。

◇脈虚数

虚脈は陰津と気の不足を示し、数脈は虚火が盛んであることを示す。

大量の麦門冬が本方の主薬である。肺は潤を好む臓腑で、麦門冬は肺と胃の陰分を潤し、乾燥症状(咳吼口渇)を治療する。人参、生甘草、大棗、粳米は主に中焦胃の気と津液を養う。母臓である脾胃(土)の気陰を上昇させて子臓の肺(金)を潤し、肺症状を間接的に治療する。半夏は胃気と肺気を下降させ、止咳化痰の効能を増強させる。半夏の性質は温燥なので本方では少量を使え、麦門冬の潤性と、半夏の燥性の相反する薬性を組み合わせて(相反相成という)、咳嗽、喘息などの治療効果を高める。

臨床応用

◇咳嗽・喘息

慢性気管支炎、気管支拡張症、百日咳、肺結核など、肺の優性疾患に用いることが多い。特にカラ咳、痰は少なく出しにくいなど肺津不足の症状に適している。補気薬も配合されているので、肺気虚の症状(息きれ疲労感が強いなど)をともなうときに用いる。しかし、咳嗽に直接作用する止咳薬の配合は少ない。

 咳が強いとき+「滋陰降火湯」(滋陰潤肺・止咳)

     または+杏仁、紫蘇讯貝母、款冬花、紫苑桑白皮(潤肺止咳)

 喘息が強いとき+「五虎湯」(清肺止喘)

◇胃痛

慢性胃炎、萎縮性胃炎、胃潰瘍など胃の慢性疾患に用いる。特にロ渇、舌紅苔が少ない、便秘など胃陰不足の症状に適している。

 止痛作用を強めたいとき+「安中散(散寒止痛)

            または+「四逆散」(舒肝理気)

このほか、理気薬を長期服用したため胃の陰津が不足したときに併用してもよい。

◇食道炎

食道炎は嚥下時に灼熱感、疼痛がある。これは原文の「火逆上気、咽喉不利」に相当しており、症状の安定時に本方を使用するほかに、食道潰瘍、食道癌、食道ポリープなどにも併用することができる。

◇自律神経失調症

鬱証にともなう咽の閉塞感に用いる。本方の半夏は詰まっている痰気を取り除き、麦門冬は心陰を補い人参は心気を養って心神をやすらかにする。

注意事項

麦門冬湯は養陰益気の方剤なので、痰湿(膩苔)、実熱(発熱、黄苔など)がある場合は不適当である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る