menu

胸焼けの症状にお悩みの方の漢方薬7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

胃酸過多の主症状だが・・・

胸焼けは、食べすぎ・飲みすぎによって起こることが多い。とくに、甘いもの・脂肪分・コーヒ・さつまいも・もちなどを飲食した場合である。こうした場合は放っておいてもよいが、漢方薬や重曹、胃散を服むと早く解消する。

考えられる病気

胸やけが長くつづく場合は、胃・十二指腸・胆道・膵臓の病気が考えられる。ことに空腹時に起きやすいのは胃酸過多である。これはげっぷもともない、ときにはグッとこみあげて、ひどく酸っぱい、または苦酸っぱい水が口まで逆流してくる。ただし、胃酸過多はほかに障害がなければ問題はない。老人の胸焼けでは、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)のこともあるので、注意が必要だ。

漢方は一般的に用いる処方

暴飲暴食、あるいは病気というほどではないがふだんから胃腸が弱い人に、次の処方を用いる。

胸焼けの症状効く漢方薬

大柴胡湯

胃腸は丈夫だが、食事が不摂生で、筋肉質の肥満体で、便秘する人に。

半夏瀉心湯

胃腸は丈夫で、みぞおちがつかえ、不快感がある人の胸焼けに用いる。

平胃散

胃腸が丈夫すぎて、過食する人に。

安中散胃

腸が弱く、甘いものが好きで、なんとなく胸焼けがするという人に。

六君子湯

食欲がなく、胃腸が弱っているとき。

人参湯

冷えたりすると、胃腸をこわし、腹痛が起きたり、食欲がなくなる人の胸焼けに。

附子人参湯

上よりも症状が強い場合に用いる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る