menu

紅花(こうか)の詳しい説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:紅藍花・臙脂花/べにばな(紅花)

サフラワ一(Safflower)

エジプト原産のキク科の2年草、ベニバナ(㊥紅花Carthamustinctorius)の管状花の乾燥したものを用いる。薬用としては開花初期の黄色の多いときの花をそのまま風乾したものを用いる。古くから南ヨーロッパから中近東、インド、中国などで栽培され、日本には奈良時代に渡来した。古名のクレノアイの語源は呉(高麗)の国から伝わった藍ということを表し、「韓呉藍」(からくれない)とも呼ばれていた。

古くから口紅や染料などに用いられたために嚥脂花、紅藍花などともいわれ、また黄から赤に変化した後に摘みとるので末摘花(すえつむはな)とも呼ばれた江戸時代には最上地方で多く栽培され「最上紅」(もがみべに)として有名であった。現在も山形県の尾花沢周辺で広く栽培されているべニバナには紅色色素のカルタミンと黄色色素のサフロールイエローが一緒に含まれている。赤くなった花弁を集めて水に漬けると水溶性であるサフロールイエローが流れ出るがこの色素を除いた花弁をよく揉み、しばらく発酵させて臼で搗いて餅紅(もちべに)をつくる。この餅紅に含まれるカルタミンをアルカリ性の灰汁で溶かし出し、酸性の梅酢で中和すると色素の結晶が得られる。現在でも食品の着色料や口紅などの原料に使用されている。またベニバナの種子からとる油はサフラワー油(ベニバナ油)と呼ばれ、塗料、石鹸をはじめサラダ油やマーガリンの原料として用いられる。紅花の成分には色素のカルタミン、サフロールイエローのほか、フラボノイドのカルタミジン、ネオカルタミンなどが含まれ、煎液には血圧降下作用や免疫賦活作用、抗炎症作用などが知られている。漢方では活血・通経・祛瘀・止痛の効能があり、月経異常や腹部のしこり、打撲症、脳血管障害、瘀血による痛みなどに用いる。

かつて日本漢方では大黄・甘草・黄連と配合した甘連湯を「まくり」と称して胎毒の治療に用いていた。なお蕃紅花(ばんこうか)というのはサフランのことである。→サフラン

活血作用

さまざまな瘀血による症状に用いる。月経不順や月経困難症に四物湯と配合して用いる(桃紅四物湯)。産後の下腹部痛などに当帰・牛膝・桂皮などと配合する(折衝飲)。

打撲による胸脇部や腰腹部の痛みに当帰・蘇木・芍薬などと配合する(当帰鬚散)。脳血栓の後遺症に黄耆・地竜などと配合する(補陽還五湯)。狭心症による胸の痛みには丹参・川芎などと配合する(冠心Ⅱ号方)。一貫堂医学における瘀血証体質の治療薬である通導散や芎帰調血飲第一加減にも紅花が配合されている。

処方用名

紅花・杜紅花・南紅花・草紅花・紅藍花・コウカ

基原

キク科CompositaeのベニバナCarthamustinctoriusL.の管状花。

性味

辛、温

帰経

心・肝

効能と応用

活血通経

方剤例

①桃紅四物湯・活血通経湯・紅藍花酒・紅花湯

血瘀による無月経・月経痛・腹腔内腫瘤などに、当帰・川芎・赤芍・桃仁などと用いる。

②脱花煎

難産や胎児死亡の娩出に、川芎・当帰・牛膝などと用いる。

祛瘀止痛

①八厘散

打撲外傷による内出血の腫脹・疼痛に、蘇木・血竭などと使用する。

②冠心Ⅱ号

熱毒内盛・気血瘀滞による癰疽(皮膚化膿症)の腫脹・疼痛に、清熱解毒の蒲公英・連翹・赤芍などと使用する。

血瘀による狭心痛に、川芎・丹参などと用いる。

臨床使用の要点

 紅花は辛散温通し、心肝二経の血分に入り、活血通経・祛瘀止痛に働く。血瘀の経閉・痛経・癥瘕・難産・死胎・産後悪露不行、跌打損傷の瘀血腫痛、瘀血脇痛・癰腫などに適する。

「多用すればすなわち破血し、少用すればすなわち養血す」といわれ、大量では辛温走散し破血通経に働き、少量では舒肝・和血養血する。

用量

3~9g、大量で9~15g、和血養血には1~2g、煎服。

使用上の注意

①妊婦・月経過多には禁忌。

②出血傾向があり瘀滞がみられない場合には用いない。

③「過用すれば血行止まずして斃(たお)れしむ」とあるように、過量を用いてはならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る