menu

小児虚弱体質に効果的な4種の漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小児虚弱体質は必ずしも遺伝体質ではない

厳密にいえば、滲出性(しんしゅつせい)体質、アレルギー体質、腺病質(せんびょうしつ)(リンパ質)に分けられる。

小児虚弱体質の定義

滲出性体質とは、細菌やウイルス、あるいはホコリ、寒冷などの外的刺激に対する防衛反応が敏感なもので、がんこな湿疹・下痢・喘鳴(ぜんめい)(のどがゼーゼーいう)などを起こしやすい。

アレルギー体質は、卵や牛乳、青身の魚などの特定な食品、薬物に対して異常な反応を示すもので、じんましん・嘔吐・ぜんそくを起こしやすい。

腺病質は、神経質の同義語にも使われるが、リンパ腺(とくに頸部)のはれやすい体質をいう。ふつう、幼児期に入ると自然に治る。以上は遺伝がからむが、過保護によることもある。

漢方は子どもの半健康状態

小児虚弱体質はいわば子どもの半健康状態であり、こうした体質的なものの治療には、現代医学は比較的無力である。体力をつけながら、体質を改善する漢方の積極的使用をお勧めする。ただし、いずれの場合も長期連用が必要である。

小児虚弱体質の漢方薬

小建中湯

筋肉がやわらかで、疲労しやすく、寒がりで、夏は手足がだるく、血色のわるい子に。

小柴胡湯

神経過敏で、「かん」が強く、へんとうやリンパ腺をはらしやすい子に用いるとよい。

柴胡桂枝乾姜湯

体力がなく、疲れやすく、微熱・寝汗・のどの渇き、セキなどのある子に。

六君子湯

胃弱で、血色がわるく、食欲もなく、手足がだるい、脈にも腹にも力がないものに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る