menu

猪苓湯合四物湯(ちよれいとうごうしもつとう)は尿トラブルに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「猪苓湯合四物湯(ちよれいとうごうしもつとう)は尿トラブルによく使われます」

処方のポイント

利尿作用のある猪苓湯に、血液を補強する四物湯を合わせたもの。排尿痛や持続する血尿等の尿トラブルに適応する甘辛味で、温服が効果的。

猪苓湯合四物湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の次の諸症:排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿。

漢方的適応病態

血虚と水熱互結(湿熱)。すなわち、血虚状態に、発熱、熱感、口渇、排尿障害、尿量減少がみられ、いらいら、不眠などを伴うことがある状態。

猪苓湯合四物湯の組成や効能について

組成

猪苓3茯苓3沢瀉3滑石3阿膠3地黄3白芍3当帰3川芎3

効能

養血活血・利水清熱

主治

血虚血瘀・水停下焦

解説

猪苓湯合四物湯は日本の経験方で、「猪苓湯」+「四物湯」の処方である。「四物湯」には養血活血の作用があるので、利水清熱の「猪苓湯」と併用すると、水と血を同時に治療でき、慢性化した膀胱症状に用いられる。

臨床応用

◇淋症

排尿障害、頻尿などの膀胱症状に眩暈、面白、疲労倦怠感、月経不順、舌淡、脈細弱など陰血不足の症状をともなうときに用いられる。

◇血尿

血分に作用する薬が多いので、特に血尿の改善に効果がある、原因不明の血尿、結石による血尿の治療に用いることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る