menu

菊花(きくか)の詳しい生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:黄甘菊(おうかんきく)・甘菊花(かんきっか)・杭菊花(こうきくか)/きく(菊)

中国を原産とするキク科植物のキク(㊥菊Chrysanthemummorifolium)の頭状花を用いる。日本漢方では、単に菊花といえば野菊花(のぎくか)(別項)のことをいう。中国では2000年以上前からキクを薬用として栽培していた記録がある。日本にも古くから観賞用として多くの品種が栽培されているが、薬用には食用ギク(料理ギク)を用いる。山形県では「もってのほか」、青森県八戸市では阿房宮といった品種が栽培されている。中国各地で菊は花をお茶として飲む風習(菊普茶:ごぷうちゃ))や、菊を原料とする酒、菊花を用いた料理などがある。また古くから薬枕のひとつとして枕の中に菊花をつめる習慣もある。中国産では産地を冠した名称も多く、安徽省亳県などに産する亳菊花(はくぎくか)は最佳品とされている。このほか、安徽省の貢菊花(こうきくか)や滁菊花(じょきくか)、浙江省の杭菊花(こうきくか)などが有名である。日本ではおもに杭菊花が輸入されている。しかし、日本の市場では、単に菊花といえば野菊花のため、本来の菊花を求める場合には杭菊花と指定する。菊花の成分にはクレサンテミン、アミノ酸、βカロテン、ビタミンB1などが含まれているが、薬理作用は明らかではない。漢方では解表・平肝・明目・清熱解毒の効能があり、頭痛、めまい、目の充血、視力の低下、化膿性の炎症などに用いる。

一般に亳菊花は視力の改善(明目)の作用が強く、杭菊花は頭痛や眼の充血など炎症(風熱)に対する作用が強いといわれている。ちなみに野菊花はシマカンギクの花であり、中国医学では清熱解毒薬のひとつとして、肺炎や皮膚化膿症、高血圧などの治療に用いられる。→野菊花

①抗炎症作用

感染症(外感風熱)による咳喇、結膜炎に用いる。上気道炎などで咽痛、咳嗽、鼻閉などの症状に桑葉・薄荷などと配合する(桑菊飲)。流行性の結膜炎には防風・桔梗などと配合する(明眼ー方)。

②視力改善作用

視力の低下に用いる。高齢者などの目のかすみ、目の痛み、羞明感に六味丸に加味して用いる(杞菊地黄丸)。

③向精神作用

頭痛、頭重感に用いる。高血圧症やイライラしやすい人の頭痛、頭のふらつきに釣藤などと配合する(釣藤散)。

処方用名

菊花・甘菊花・杭菊花・滁菊花・黄菊花・白菊花・キクカ

基原

キク科CompositaeのキクChrysanthe-mummorifoliumHemsl.およびその品種の頭花。産地・品種・採取加工などの違いにより名称を異にする多くの商品が出回っている。しばしば、ホソバアブラギクClavandulaefoliumMak.(野菊花)の頭花が漢菊花として市場に出回るので、注意が必要である。

性味

甘・微苦、微寒

帰経

肺・肝

効能と応用

方剤例

疏散風熟

桑菊飲

 

外感風熱による発熱・頭痛・咳嗽・咽痛などの症候に、桑葉・薄荷・連翹などと用いる。

明目

①菊花散

風熱・肝火による目の充血・腫脹・疼痛に、蟬退・決明子などと用いる。

②杞菊地黄丸

肝陰不足の視力減退・目のかすみには、熟地黄・山茱萸・枸杞子などと使用する。

平肝陽

羚羊鈎藤湯・釣藤散

肝陽上亢によるめまい・ふらつき・頭痛・頭が脹るなどの症候に、釣藤鈎・石決明・白芍・生地黄などと用いる。

臨床使用の要点

菊花は甘苦・寒で芳香を有し、軽清涼散するとともに甘凉益陰し苦で泄熱し、頭目の風熱を除き平肝熄風・明目にも働くので、外感風熱の頭痛目赤あるいは肝陽上昇・肝風內動の頭暈目眩に常用する。

参考

①品種により効能がやや異なる。

黄菊花(杭菊花)は、味苦で泄熱に長じ、疏散風熱にすぐれている。

白菊花(滁菊花)は、味甘で清熱に長じ、平肝明目にすぐれている。

もう一種、野菊花があり、清熱解毒の効能をもつが、別項で述べる。

②菊花・桑葉は、肺・肝に入り軽清疏散に働き、頭目の風熱を散じ平肝明目の効能をもち、外感風熱・肝陽上亢に併用される。桑葉は疏散にすぐれ潤肺止咳に働き、菊花は平肝明目にすぐれ益陰にも働くので、肺燥を涼散するには桑葉を、肝風上擾(じょうじょう)には菊花を使用することが多い。

用量

6~12g、煎服。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る