menu

川芎(せんきゅう)の生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:芎藭/せんきゅう(川芎)

中国を原産とするセリ科の多年草、センキュウCnidiumofficinaleの根茎を用いる。本来は『神農本草経』にある芎藭と称したが、四川省産のものが有名であったため川芎の名が一般的になった。江戸時代に薬用として日本にも渡来し、現在ではおもに北海道で栽培されている。ところが日本産は雑種性2倍体で結実しないため、株分けで繁殖させている。

また結実しないため分類学上の位置づけが困難で、中国産と日本産との基原植物の異同に関して諸説がある。現在、中国産川芎の基原植物はLigusticumchuanxiongといわれている。日本薬局方では日本産の川芎のみを収録しており、輸入品は適合しない。現在、日本から持ち込んだ株が中国でも栽培されている。

日本産川芎の成分にはクニデライド、リグスチライド、ブチルフタライドなどが含まれ、鎮痙、鎮痛、鎮静、降圧、血管拡張作用などが認められている。漢方では活血・理気・止痛の効能があり、頭痛や腹痛、筋肉痛、生理痛などに用いる。当帰とともに婦人科・産科の要薬として有名で、活血作用と行気作用とがあり、「血中の気薬」といわれている。また李東垣は「頭痛には必ず川芎を用いる」と述べているが、川芎は頭痛だけでなく、瘀血による痛みや関節痛、四肢の麻痺やしびれにも用いられる。

①活血作用

月経不順や瘀血による症状に用いる。月経調整の基本方剤である四物湯は当帰・芍薬・地黄・川芎から構成され、血虚の治療に広く応用されている。不正性器出血や妊娠時の出血などにはさらに阿膠・艾葉などを加える(芎帰膠艾湯)。産後の体調の変化には牡丹皮・茯苓・香附子などと配合する(芎帰調血飲)。狭心症などによる胸痛には紅花・丹参・赤芍などと配合する(冠心Ⅱ号方)。打撲による内出血や腫脹、疼痛には桂枝・樸樕と配合する(治打撲一方)。

②止痛作用

頭痛やさまざまな痛みに用いる。

感冒(風寒)による頭痛に細辛・白芷などと配合した川芎茶調散は有名であるが、そのほか風熱による頭痛には菊花・石膏・僵蚕などと配合し(川芎散)、風湿による頭痛には羗活・独活・防風などと配合する(羗活勝湿湯)。

胸から脇にかけての痛みには柴胡・芍薬・香附子などと配合する(柴胡疏肝湯)。神経痛や関節症などによる痛みやしびれには羗活、牛膝などと配合する(疎経活血湯)。

処方用名

川芎・芎藭・川窮・大川芎・撫芎・センキュウ

基原

セリ科Umbelliferaeのマルバトウキ属植物LigusticumchuanxiongHort.の根茎。原名は芎藭。

日本産は、同科のセンキュウCnidiumofficinaleMak.の根茎を通常湯通しして乾燥したものである。

性味

辛、温

帰経

肝・胆・心包

効能と応用

方剤例

活血行気

①四物湯

気血瘀滞による月経不順・無月経・月経痛・難産・胎盤残留などに、当帰・白芍・熟地黄などと用いる。

②柴胡疏肝散

肝鬱気滞・血瘀の胸脇痛には、柴胡・香附子・白芍などと使用する。

③冠心Ⅱ号

瘀血痺阻心脈による狭心痛には、紅花・丹参・赤芍などと使用する。

④透膿散

火毒壅盛の気滞血瘀による癰疽腫痛(皮膚化膿症など)には、当帰・穿山甲・皂角刺などと用いる。

⑤治打撲一方・折衝飲

打撲外傷による内出血の腫脹・疼痛には、当帰尾・桃仁・没薬などと用いる

祛風止痛

①川芎茶調散

風寒の頭痛に、白芷・細辛・防風などと用いる。

②川芎散

風熱の頭痛に、菊花・白僵蚕・石葦などと用いる。

③羗活勝湿湯

風湿の頭痛に、羗活・独活・防風などと用いる。

④加味四物湯

血虛の頭痛に、養血の当帰・白芍・熟地黄や散風の蔓荊子・菊花などと使用する。

⑤三痺湯・独活寄生湯

風寒湿痺の関節痛に、防風・細辛・独活・杜仲・続断などと使用する。

臨床使用の要点

川芎は辛温香竄で「走(ゆ)きて守らず」、頭巓に上行し、血海に下達し、皮毛に外徹し、四肢に傍通し、「血中の気薬」である。辛散温通により活血化瘀・行気止痛に働くので、寒凝気滞血瘀の月経不調・経閉痛経・癥瘕腹痛、肝鬱気滞血瘀の脇肋疼痛、瘀血痺阻心脈の胸痺絞痛、気滞血瘀の癰疽腫痛、跌打損傷の瘀血腫痛などに用いる。また、辛温昇散・疏通し、頭目に上行し皮膚に外達し、祛風止痛の効能をもち、頭痛・風湿痺痛に対する良薬であり、とくに頭痛には風寒・風熱・血虚・気虚・血瘀を問わず、配合が適切であれば有効である。ただし、発表の力は強くなく、止痛にすぐれている。

用量

3~9g、煎肌

使用上の注意

辛温昇散であり、過量に用いると真気を走泄させる弊害があるので、陰虚気弱で労熱多汗を呈するときには禁忌であり、気逆嘔吐・肝陽頭痛・月経過多などには使用すべきではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る