menu

あなたの冷えはどんな症状?症状と原因別4つの冷えタイプとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷えの症状は手足の冷えだけではなく、さまざまな不調となって表れてきます。病院で調べてみても特別な原因が見当たらないという場合、その不調はもしかしたら冷えが原因かもしれません。冷えといってもタイプがいくつかあり、症状や原因、そして適した改善方法も変わります。冷えの症状をチェックして原因を突き止め、自分なりの対処法を見つけていくことが解決への近道です。

あなたの冷えはどのタイプ?症状をチェック

冷えにはさまざまなタイプがあるのをご存知ですか?冷えの症状と原因により、4つの冷えタイプに分けられます。あなたはどれに当てはまるでしょうか?一番チェックした項目が多いタイプがあなたの冷えタイプです。

1.手足の冷えに悩む「末端冷え」

・手足が冷たい、冷えを感じる

・髪の毛がパサつく、爪が折れやすい

・運動不足

・ダイエットで肉類をあまり食べない

・足が冷えて眠れない

 

手足の末端まで血液が十分に届かないために手足が冷えます。筋力不足やホルモンバランスの影響を受けやすい女性に多くみられる症状です。漢方的には「気血水」の「血」や「気」がうまく巡っていないことが原因と考えられます。熱を作り出す筋肉の元となるタンパク質不足でも起こります。末端まで栄養が届きにくくなることで、毛髪や皮膚、爪などが乾燥したりツヤが無くなったりすることもあります。

 

2.下半身が冷えて首から上は火照る「冷えのぼせ」

・手や脚が冷える

・顔や頭は火照って熱いと感じる

・肩こり、便秘などに悩んでいる

・イライラしやすい

・頭痛やめまいがする

手足は冷たいのに、首から上の顔や頭は火照って感じるのが「冷えのぼせ」です。冷えのぼせは特に更年期の女性によく見られる症状で、自律神経の乱れが関係していることが多いです。漢方ではのぼせは「気」の循環が悪くなっている状態と考えます。

「気」の異常には、ストレスがかかって気が不足する「気虚」や、気が滞る「気鬱」がありますが、のぼせの場合は通常は上から下へ巡る気が上の方に逆流する「気逆」が関係してきます。「気」の流れは「血」の流れを促す作用もあるため、気が正常に巡らない状態では血も巡りが悪くなり冷えを引き起こします。特に、気逆により気が上の方に滞って、血が滞った状態である「血瘀」が生じると下半身の部分的な冷えを感じるようにもなります。

 

3.一年中寒さを感じる「全身冷え」

・暑い夏や暖房の効いた室内でも冷えを感じる

・長袖やブランケットが手放せない

・低体温である(36度未満)

・朝に弱い

・汗をかきにくい

冷えの中でも比較的深刻なのが全身冷えのタイプです。常に体温が低く、夏場でも冷えを感じます。十分に熱を生み出せていないことが原因であり、原因としては栄養不足や運動不足、さらには自律神経の乱れやホルモンバランスの異常なども関係します。また、ダイエット中で食事の量を減らしている人や、タンパク源となる肉類や魚類などをあまり食べない人にも多い症状です。

漢方では、このように全身の冷えを感じるタイプは「気」が足りていない「気虚」または、さらに進んだタイプである「陽虚」として捉えることができます。基本として体を温めることが必要ですが、さらに胃腸を丈夫にすることも大切です。

 

4.内臓が冷えている「内臓冷え」

・お腹を触ると冷たく感じる

・温かい室内にいても寒い

・原因不明のめまいや肩こりがある

・胃腸が弱い、お腹を下しやすい

・食べると胃がもたれる

・夏バテしやすい

手足が冷えてないからといって冷えとは関係ないと思っていると、実は内臓が冷えていることもあります。内臓は37度前後の体温と同じくらいの温度に保たれていることが通常の状態ですが、低体温では内臓の温度が35度前後に下がっていることを内臓冷えといいます。内臓が冷えていると、胃腸の働きが低下するため栄養吸収がうまく行かなくなってしまいます。また、女性の場合は生理痛や月経不順、または膀胱炎に悩まされるという人もいます。

東洋医学では「痰湿」タイプの人には内臓冷えの症状が多い傾向があります。余分な水分が体に溜まっていることを「痰湿」といい、先天的な素因もありますが、後天的な食習慣の乱れにより体に「水」が溜まってしまうことが原因です。痰湿タイプの場合には体内の老廃物の蓄積を防ぐことが大切です。

冷えは漢方で治療することもできる

冷えはそれぞれの原因を突き止めて、冷えを解消していくことが大事です。しかし、冷えにより「気血水」のバランスの乱れが悪化してしまうと、重症化してセルフケアだけでは治りにくくなってしまう場合も少なくありません。もし、しつこい冷えの症状に悩まされているという場合には、漢方を使うのも方法の一つです。冷えは西洋医学では病気とは捉えられず、特に治療する対象にはなりませんが漢方では冷えは積極的に取り除くための治療を行います。

漢方といっても養生や鍼灸、さらに漢方薬など色々な治療法が用いられます。特に冷えを改善する漢方薬にはさまざまな種類があり、冷えの状態や体質によって適した処方を選ぶことが大切です。自分に適した漢方薬を活用して冷えの改善に役立てましょう。

 

冷えの症状は放置せずに早めに対処しよう!

あなたの冷えの症状に当てはまるタイプは見つかりましたか?何らかの冷えの症状が出ているとき、それは身体が発信しているSOSのサインかもしれません。そのサインを見逃さずに、冷えが深刻化して病気を引き起こしてしまうよりも前に対処することが大事です。セルフケアで冷えの原因を取り除いて対処しても冷えが改善しない場合には、病院や漢方薬局などで相談してみましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【簡易版】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る