menu

風邪の初期こそ漢方薬!症状ごとの漢方薬の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪は症状が出てから対処が遅れると、悪化してしまうことも少なくありません。こじらせてしまってから対応するのではなく、症状が出てから早い段階で対処することが大事です。

風邪の初期の対処法として漢方薬を使うと、進行を抑えることができます。また、体のバランスを整えながら症状を和らげることができることも漢方薬の特徴です。ただし、風邪のひきはじめの段階においても体質や体調などによって症状の現れ方には個人差があります。漢方薬を使うのであれば体質や風邪の初期症状に合わせたタイプを選ぶことが大事です。

そこで今回は風邪の初期症状に合わせた漢方薬の選び方について紹介していきます。

 

風邪の初期症状になぜ漢方薬?

風邪のひき始めには「のどが痛い」「寒気がする」「鼻水が出る」などの症状が出ることがあります。その症状は風邪の原因によって異なることもあれば、その時の体調や体質によって違うこともあり様々です。またいつも高い熱が出やすいという人、熱があまり出ない人などの個人差による違いもあるでしょう。

風邪とは西洋医学では主にウイルス感染を原因とした「かぜ症候群」とも呼ばれます。その対処法としては、熱があれば解熱剤、鼻水が出ていれば抗ヒスタミン剤などのように症状を抑え込むための治療を行います。こうした治療薬はすぐに症状を改善する効果が得られやすいという利点がある一方で、あくまでも症状を抑えているだけで病気の根本的な治療にはならないという欠点があります。また、熱を下げてしまうことで免疫力が低下してしまうことにより、逆に回復が遅れてしまったり、慢性化してしまう可能性もあります。

 

一方漢方薬の場合には、風邪の初期に使うことで進行を抑えたり症状を和らげることができるだけでなく、その人の体に本来備わっている免疫力を高めるような効果も期待できます。また、漢方薬は効果が穏やかというイメージがあるため、効果が現れるのに時間がかかると思っている方が多いかもしれませんが、風邪のときに用いられる漢方薬の場合には即効性もあります。服用後すぐに辛い症状を取り除きながら、体の回復を促すような効果も実は漢方薬にはあるのです。ただし、高熱が続くなどの重い症状の場合には漢方薬にこだわらず、医師に相談して適切な治療を受けることが望ましいと言えます。

風邪の初期に使える漢方薬

風邪に使われる漢方薬はさまざまな種類があり、特にかぜのひき始めには初期症状に適した処方から選ぶことが大事です。そこで、風邪の初期に使われる漢方薬を症状や体質別に見ていきましょう。

寒気や筋肉痛を伴い、汗が出ない

風邪の初期に寒気がしたり、筋肉痛、首のコリなどを感じる場合で、汗が出ていない場合には「葛根湯」が適応になります。風邪の漢方薬としては最も有名なものです。どのような人のどのような風邪の初期にでも使えると思われがちですが、比較的体力がある人で汗がもれ出ていないことが使うかどうかの指標になります。

症状として、頭痛、軽い寒気、発熱、首から背中にかけてのコリがある時に早めに葛根湯を飲むと、身体が温まり発汗・解熱が促されることによって風邪が体の深くまで侵入するのを防ぐことができます。また体を温めることにより抵抗力も高めます。

 

強い寒気があり関節痛がある、汗が出ない

強い寒気がして、体や歯がガクガク震えるような時や、関節痛や身体の痛み、頭痛や高熱などがあるときには「麻黄湯」が適応になります。麻黄湯も葛根湯と同じで汗をかかせる作用が高いので、自然と汗が漏れ出るような人には適しません。葛根湯よりも麻黄湯の方が寒気が強いときに使われます。葛根湯も服用後すぐに効果が現れる漢方薬の一つといえますが、麻黄湯の方が葛根湯よりも構成生薬の種類が少ないため、即効性にも優れた処方です。インフルエンザの時にも症状を和らげるために麻黄湯が使われることがあります。

 

寒気や体力が低下していて熱が出ない

寒気があるが熱はあまり出ない人、手足などに冷えを感じる、喉の痛みや鼻水が出るという場合には、「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」が使われます。体力が低下している人や高齢者に適した処方であり、寒気があるのに熱を出す体力がない人に適応となります。ガクガク震えるような寒気がある時に、体力がないので葛根湯や麻黄湯が合わない人におすすめの漢方薬です。

 

鼻水やうすい痰が出る、くしゃみが辛い

サラサラとした水っぽい鼻水が出たり、痰が出る、くしゃみが立て続けに出るなどの鼻の症状が強い場合には「小青竜湯」が適応になります。花粉症の治療にも使われることで知られる漢方薬ですが、「水」が溜まりやすくなって冷えを起こしている状態を改善する効果があります。眠くなる成分が入っていないので、風邪薬で眠くなりたくない人にも適しています。

 

風邪の初期に漢方薬を使って回復を促そう

風邪の初期に適した漢方薬を紹介してきましたが、自分に合ったタイプの処方は見つかりましたか?風邪をひいたときの漢方薬は「葛根湯」というイメージがありますが、誰にでも葛根湯が良いというわけではなく、体質や症状によって漢方薬を使い分けると効果的です。風邪の進行を抑え、こじらせないためにも漢方薬を上手に活用してみましょう。また、合わせて体を温めて、栄養を取るなどの養生も大切です。風邪の悪化を防ぐため、漢方をうまく取り入れて早めに対処していきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  2. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

  3. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

ページ上部へ戻る