menu

黄連(おうれん)の生薬解説ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:川連(せんれん)/おうれん(黄連)

日本の本州以南に自生するキンポウゲ科の常緑多年草、オウレンCoptisjaponicaの根茎を用いる。オウレンには葉の形の違いによりキクバオウレン、セリバオウレン、コセリバオウレンなどがあるがいずれも薬用とする。中国では四川・湖北・陜西省などで栽培されている黄連C.chinensisをはじめ三角葉黄連C.deltoidea.峨眉野連C.omeiensis、雲南黄連C.teetaが基原植物とされている。根は珠を連ねたように短く節くれ、折ると断面が濃黄色のため黄連の名がある。江戸時代に日本の野生種の黄連が中国などに輸出されたとの記録があり、良質として知られていた。幕末のころより丹波黄連などの栽培が始まったといわれるが、現在、兵庫県ではほとんど栽培されておらず、福井県(越前黄連)、鳥取県(因州黄連)などでわずかに栽培されているだけである。中国産では四川省に産する黄連が有名で、とくに川連といわれている。なお代用にされる胡黄連(こおうれん)はゴマノハグサ科の植物の根茎である。黄連にはアルカロイドのベルベリン、パルマチン、コプチシンのほか、酸性物質のフェルラ酸などが含まれる。ベルベリンは苦味が強く、抗菌作用や整腸作用が知られている。このベルベリンは黄柏の主成分でもある。黄連エキスには鎮静、抗潰瘍、抗炎症、抗菌作用などが認められている。漢方では黄連の性質は大苦・大寒で瀉火・燥湿・解毒の効能があり、チフスなどの流行性熱性疾患、細菌性腸炎、肺結核、嘔吐、鼻血、下血、咽喉炎、口内炎、湿疹などに用いる。古くから「心火を瀉し、胃腸の湿熱を清し、湿と熱の欝結を治療する要薬」といわれている。たとえば心火による高熱煩躁や意識障害、不眠、胃腸の湿熱による嘔吐や腹痛、下痢、肝火による目の充血や痛み、血熱による吐血、鼻血などに応用する。黄連・黄芩・黄柏はいずれも苦寒薬で効能もよく似ているが、古来より「黄芩は上焦を治し、黄連は中焦を治し、黄柏は下焦を治す」と説明されている。中焦というのはおもに胃腸のことで黄連はとくに嘔吐や下痢、腹痛などの胃腸症状に好んで用いられる。→胡黄連

①整腸作用

下痢・嘔吐などの胃腸炎に用いる。細菌性の下痢に単独あるいは木香と配合する(香連丸)。発熱を伴う場合には葛根・黄芩などと配合する(葛根芩連湯)。急性胃炎の嘔吐や悪心に呉茱萸と配合する(左金丸)。急性胃腸炎で下痢、嘔吐、心窩部の痞塞感などの症状があれば乾姜・人参などと配合する(半夏瀉心湯・黄連湯)。

 

②抗炎症作用

皮膚化膿症や結膜炎、炎症性疾患に用いる。顔面部の湿疹・痤瘡に連翹・防風・桔梗などと配合する(清上防風湯)。結膜炎や流涙症に荊芥・菊花などと配合する(洗肝明目湯・収涙飲)。胸膜炎や気管支炎で粘稠痰や胸痛がみられるときには半夏・栝楼仁と配合する(小陥胸湯)。

③清熱作用

不眠、不安、興奮、煩躁、出血などの熱症状に用いる。のぼせ、精神不安、不眠、鼻血などの症状に黄芩・大黄・山梔子などと配合する(三黄瀉心湯・黄連解毒湯)。虚熱のために心中が煩躁して眠れない場合は芍薬・阿膠・卵黄などと配合する(黄連阿膠湯)。

処方用名

黄連・川連・雅連・川黄連・川雅連・小川連・炒黄連・姜連・姜川連・酒連・酒炒川連・萸連・萸黄連・オウレン

 

基原

キンポウゲ科RanunculaceaeのオウレンCoptisjaponicaMak.、およびその他同属植物の根をほとんど除いた根茎。以上は日本産である。中国産は同属のC.chinensisF.(川連・味連)、C.deltoideaC.Y.ChengetHsiao(雅連・峨眉連)、C.omeiensisC.Y.Cheng(野黄連・鳳眉連)、C.teetoidesC.Y.Cheng(雲連)などに由来する。

性味

苦、寒

帰経

心・脾・胃・肝・胆・大腸

効能と応用

方剤例

清熱燥湿

①香連丸・芍薬湯・葛根黄芩黄連湯

大腸湿熱の下痢・裏急後重に、単味であるいは木香・黄芩・葛根などと用いる。

②半夏瀉心湯・枳実消痞丸・木香檳榔丸

腸胃湿熱による上腹部の痞え・腹満・嘔吐・悪心・下痢などの症候に、黄芩・半夏・木香・厚朴などと用いる。

⑤杏仁滑石湯

湿熱彌漫三焦の潮熱・胸苦しい・口渇・悪心・嘔吐・下痢・尿量が少ない・舌苔が灰垢などの症候に、杏仁・滑石・半夏・厚朴などと使用する。

清熱瀉火

①牛黄清心丸・安宮牛黄丸・清営湯

熱入心包の高熱・意識障害・うわごと・煩躁などの症候に、牛黄・犀角・鬱金などと使用する。

②三黄瀉心湯

火盛迫血妄行による吐血・鼻出血などには、大黄・黄芩・赤芍・生地黄などと使用する。

③朱砂安神丸

心火上炎の焦躁感・不眠・口内炎などの症候には、山梔子・黄芩・大黄・朱砂・生地黄などと使用する。

④黄速阿膠湯

陰血不足をともなうときは、阿膠・白芍・鶏子黄などを配合する。

⑤清胃散

胃火熾盛の消穀善飢(食べても飢餓感がある)・歯齦出血・歯痛などがみられるときは、知母・天花粉・升麻などと用いる。

⑥左金丸

肝火胃犯による胃痛・嘔吐・呑酸には、呉茱萸・蘇葉などと用いる。

⑦当帰竜薈丸

肝火上炎による目の充血・腫脹・疼痛・羞明・流涙などの症候には、黄芩・竜胆草・山梔子・菊花・連翹などと使用する。

⑧黄連湯

胸中積熱・腸中有寒の寒熱不調による腹痛・嘔吐にほ、乾姜・桂枝・半夏などと使用する。

清熱解毒

黄連解毒湯・普済消毒飲・清瘟敗毒飲

熱毒による高熱・煩躁・目の充血・腫痛・咽喉腫痛・皮下出血・嘔吐などの症候や癰腫瘡毒(皮膚化膿症)に、黄芩・山梔子・金銀花・連翹・板藍根・升麻などと用いる。

火毒による目の充血・腫脹・疼痛に、単味の煎汁を点眼する。また、耳内の癤や中耳炎に、明礬と外用する。

臨床使用の要点

黄連は大苦大寒で、寒で清熱し苦で燥湿し、心・胃・肝・胆の実火を清瀉し、胃腸積滞の湿熱を除き、清心除煩・消痞・止痢に働き、湿火鬱結に対する主薬である。それゆえ、心火熾盛の煩熱神昏・心煩不眠、肝胆火昇の目赤腫痛・羞明流淚、胃熱の清穀善飢、腸胃湿熱の痞満嘔吐・腹痛泄瀉などの要薬である。

また、清熱泄火・解毒にも働くので、疔毒癰腫・口舌潰瘍・湿瘡瘙痒および迫血妄行の吐血衄血(じくけつ)にも有効である。

参考

清心火・清大腸熱には生用する。炒して用いる(炒黄連)と寒性が弱まる。

清肝胆火には呉茱萸の煎汁で炒し(萸黄連)、上焦の清熱には酒で炒し(酒炒黄連)、胃火の嘔悪に対しては姜汁で炒す(姜黄連)と、それぞれ効果が強まる。

用量

1.5~6g、煎服。粉末を呑服するときは、1回1~1.5g。

使用上の注意

苦寒であるから、多量を用いると胃を損傷する。炒製すると苦寒の性質は弱まるが、やはり敗胃の性質があるので、湿熱・実火でないものや脾胃虚寒には用いてはならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る