menu

山査子(さんざし·さんさし)の生薬解説はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:山査肉(さんざにく)、山楂子(さんざし)、山査(さんさ)、山楂(さんさ)

中国原産のバラ科の落葉低木のサンザシ(㊥野山楂Crataeguscuneata)、あるいは高木のミサンザシ(㊥山楂C.pinnatifida)の成熟果実を乾燥したものを用いる。日本には江戸時代に伝わり、多く植栽されている。ミサンザシは大型の果実で、核を除いたものは山査肉(さんざにく)という。サンザシの果実は中国では一般に紅果(こうか)と呼ばれ、甘酸っぱいため干菓子の山査片(さんざへん)や羊羹の山査羮(さんざかん)、ジュースなどに用いられている。料理では魚を煮るときに山査子を入れると骨も柔らかくなるとか、肉料理の後で食べると消化を促進するともいわれている。果実の成分にはクラテゴール酸やケルセチン、クロロゲン酸、タンニン、サポニン、ビタミンC、タンパク質などが含まれ、抗菌、血管拡張、強心、降圧作用などが報告されている。またクラテゴール酸には胃液分泌を促進し、消化を助ける作用が知られている。漢方では消食の効能があり、おもに消化不良や下痢の治療に用いる。とくに油っこいものや肉類などの消化不良に適している。また産後の腹痛など瘀血による疼痛や血便などにも用いる。弱火で淡黄色に炒めたものを炒山査(しゃさんざ)、強火で焦がしたものを焦山査(しょうさんざ)、黒く炭にしたものは山査炭(さんざたん)という。いずれも消化不良に用いるが、瘀血には生山査を、止血や下痢には山査炭を用いる。焦山査に焦神麴と焦麦芽を合わせたものを「焦三仙」といい、消化不良の基本薬となっている。さらに焦檳榔を加えたものは「焦四仙」という。なおヨーロッパでは同属植物のホーソン(セイヨウサンザシC.oxyacantha)の葉を強心薬、果実は降圧・強心薬として用いている。(→ホーソン)

健胃消化作用

消化不良や胃腸機能の低下に用いる。小児の消化不良には人参・白朮などと配合する(浄府湯)。慢性の胃腸虚弱には山薬・茯苓などと配合する(啓脾湯)。食べ過ぎや食積が停滞して胸やけなどのみられるときには神麴・莱菔子などと配合する(保和丸)。

ただし胃酸過多や胃潰瘍に山査子は用いないほうがよい。

処方用名

山楂子・山楂・山楂肉・生山楂・生楂肉・炒山楂・焦山楂・山楂炭・サンザシ

基原

バラ科RosaceaeのミサンザCrataeguspinnatifidaBge.var.majorN.E.Br.やサンザシC.cuneataSieb.etZucc.の成熟果実。

性味

酸・甘、微温

帰経

脾・胃・肝

効能と応用

①消食化積

食積とくに油膩肉積による腹満・腹痛・下痢・あるいは小児の傷乳による下痢に、単味であるいは麦芽・神麴・萊菔子などと用いる。

  • 方剤例:保和丸

②止痢

細菌性下痢に、炒炭して単味の粉末を冲服する。

③破気化瘀

産後瘀阻による腹痛・悪露の停滞あるいは血瘀の月経痛などに、当帰・川芎・益母草などと用いる。

④消脹散結

疝気(ヘルニアなど)の下腹部の脹った痛み・陰囊腫大などに、橘核・小茴香などと使用する。

⑤その他

活血疏肌・透疹に働くので、麻疹の初期や透発が不十分なときに使用する。

臨床使用の要点

山楂子は酸甘・微温で、健脾開胃に働いて消化を増強し、とくに油賦肉積・小児乳積に有効であり、血分に入って破気散瘀し、炒炭すると止瀉痢に働く。

宿食停滞・油膩肉積あるいは傷食の腹痛瀉痢、産後瘀阻腹痛・悪露不尽、疝気墜脹疼痛などに適する。

参考

炒用(炒山楂・焦山楂)すると消食に、炒炭(山楂炭)すると止痢・化瘀に、生用(生山楂)すると透疹に、それぞれ働く。

用量

9~15g、煎服。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る