menu

蝉退(せんたい・ぜんたい)の生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:蝉蛻(せんぜい)・蝉殻(せんかく)・蝉衣(せんい)/せみの抜け殻

中国ではセミ科のクマゼミによく似た黒蚱Cryptotympanaatrataの羽化後の抜け殻、日本ではアブラゼミやクマゼミの抜け殻を用いる。ただし市場品の種類は多く、黄金色で透明なものを金蝉衣、灰褐色の半透明で光沢のないものを土蝉衣(どせんい)という。成分は明らかではないが、抗痙攣・鎮静作用、神経節遮断作用が報告されている。漢方では散風熱・透疹・止痒・退翳・解痙の効能があり、熱性疾患、咽喉腫脹、嗄声、発疹、瘙痒症、目の翳障、ひきつけ腫れ物などに用いる。とくに小児科領域で用いることが多い。麻疹の透疹を促進するために葛根・牛蒡子・薄荷などと併用する。炎症性の目の充血や角膜混濁などには菊花などと配合する。湿疹や皮膚瘙痒症には荊芥・防風などと配合する(消風散)。破傷風の痙攣に天麻・全蝎・白僵蚕などと配合する(五虎追風散)。夜泣きや小児のひきつけには釣藤・薄荷などと併用する。化膿症や中耳炎には粉末にして塗布する治療方法もある。近年、中国では破傷風、慢性蕁麻疹、化膿性中耳炎などに対する臨床研究が報告されている。

処方用名

蟬退・蟬蛻・蟬衣・浄蟬衣・蟬殼・センタイ

基原

セミ科Cicadidaeのクマゼミの仲間であるCryptotympanaatrataFabr.をはじめとする大型セミ類の羽化後の抜け殻。

性味

甘、寒

帰経

肺・肝

効能と応用

方剤例

疏散風熱・利咽開音

①清解湯

外感風熱の発熱・咽痛・咳嗽などに、薄荷・連翹などと用いる。

②海蟬散

風熱鬱肺・肺気失宣による嗄声・失声に、桔梗・胖大海などと使用する。

透疹止痒

①竹葉柳蒡湯

麻疹の初期や透発が不十分なときに、薄荷・牛蒡子・葛根などと用いる。

②蟬蛻散・消風散

蕁麻疹・湿疹など風熱や風湿熱による皮膚の瘙痒に、荊芥・防風・白蒺藜などと使用する。

退翳(たいえい)明目

蟬花散

風熱による目の充血・角膜混濁(翳障)などに、菊花・白蒺藜などと用いる。

祛風解痙

①五虎追風散

 

破傷風の痙攣に、白僵蚕・全蝎などと用いる。

②清熱熄風湯

熱極生風のひきつり・痙攣には、金銀花・釣藤鈎などと使用する。

小児の夜泣きにも、釣藤鈎・薄荷などと用いる。

臨床使用の要点

蟬退は甘寒で清熱し、軽浮で宣散し、肺・肝に入って風熱を清疏する。肺経の風熱を凉散し肺竅を開宣し、解熱・透疹・止痒・利咽開音に働くので、外感風熱の発熱声啞・麻疹不透・風疹瘙痒などに有効であり、肝経風熱を除き祛風解痙・明目退翳の効能をもつため、小児驚癇夜啼・破傷風・目赤翳障などに効果がある。

用量

3~9g、祛風解痙には15~30g、煎服あるいは冲服。

使用上の注意

妊婦には慎重に用いる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る