menu

東洋医学と西洋医学の違いについてのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

医療画像西洋と東洋の医学の違いについてご存じですか?歴史的には東洋の歴史の方が古く、日本でも何世紀も前から研究されてきました。

しかし、現代ではどちらかと言えば西洋の方が周りにあふれていて、病院に行っても多くは西洋医学的な治療が施されています。双方には大きな違いがありますが、治療をする目的としては目的は同じです。

そこで今回は、西洋と東洋の医学の違いについて説明させて頂ければと思います。

東洋と西洋、双方の比較と違いについてみていきましょう。

 

西洋医学と東洋医学の違いって何?

病気ではなく、「人を診る」ことが、東洋医学の基礎

西洋医学では、体を構成している細胞や臓器等に何らかの異常が起きた(分かった)時が病気になったと判断します。
様々な検査を行い、病気の原因となる状況を追求し、その結果から病名を決定します。

※しかし、検査の結果に異状が見つからない場合には病気とはみなされず、不定愁訴(自覚症状があるものの、検査値の異常がみられない状況。頭痛・動悸・めまい・むくみ・神経痛・肩こり・冷え・不眠・腰痛など)と判断され、経過措置など感じている体の不調はあきらめて、改善されない状況が続く事も多くあります。

東洋医学では「個の医学」とも言われ、体と心を一つの事として捉え、その人の「体質」「生活習慣」「環境」による「カラダのバランス」の乱れが病気の原因であると考えます。
病気になった根本の原因に着目し、身体、心、精神、環境など様々な身体の反応に着目し、人の持つ自然治癒力を高め、心身のバランス等を整える治療が最善であると考えます。

漢方医学って何?

東洋医学には中国で発展した中医学、インドを中心に発展したアーユルヴェーダ、イスラム圏を中心に発展したユナニ医学や韓医学、チベット医学などたくさんの伝統的な医学があります。
日本の東洋医学と言えば「漢方医学」で、日本に伝わった中医学と韓医学に日本古来の「和方」をベースとして発展を遂げたものです。
漢方医学には按摩、鍼灸、指圧などの手技療法や薬膳香草茶など日常に取り入れられるよう情報などがあります。
漢方医学の得意としている治療方法は「西洋医学では病気と判断されない」、「加齢による症状だと思い、本人も病気になっていると思っていない」などの病気と結果としては重篤な病気になる前の状況です。漢方医学では「未病」と呼んでいます。

健康を火事になる前、病気を燃え広がった火事にたとえた場合には、未病はボヤ的な状況と考えられます。より早い状況での対応が必要となります。

重篤な病気を人間ドックで分かる前に、余分な薬を使わず、漢方薬や鍼灸治療を行い、病気を進行させず、寝たきりなどの長期療養も必要ありません。

まとめ

病気になってしまった(病気と判断できた)場合には西洋の局所的な治療方法は素晴らしいが、病気にならない、病気と判断され無い、辛い症状に悩まないための治療方法としては東洋医学を含む漢方治療は有効な手段であると考えられます。

西洋の長所、東洋の違いと長所をうまく掛け合わせた治療も近年注目を集めています。

あなたも何か体調不良を抱えてしまった際には、体調と症状に合わせて西洋と東洋の双方の良いところを掛け合わせた統合治療を受けてみるのも良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る