menu

カテゴリー:食べる漢方

  • カブの食材としての効果や効能とは

    ▼胃弱、去痰、消炎 『日本書紀』にも登場するくらいのカブは、古名をナズナと云った。つまり春の七草の1つに数えられるもの。中国には諸葛孔明が戦の合間をみて食糧の補給にカブをつくらせたという伝説があり、諸葛菜と…
  • オクラを食して得られる効果、効能

    ▼便秘、整腸、降血糖 毎朝のように納豆を食べる人が、更にオクラとネギを細かく刻んで加える。そうする事で粘りが倍加して重厚な味になるし、強壮効果は確かなものになるのでは無いだろうか。 オクラとは オクラは…
  • ウドの持つ、食材としての効果や効能

    ▼強壮、鎮痛、解熱 「うど到来燗の熱すぎたしなめる」という句がある。よほどウドの好きな人に違いない。吉野塗りのお椀をとると、ぷーんとウドの香りが鼻をくすぐる。燗酒がすぎては、せっかのその香りが台なしになると…
  • アスパラガスの効果や効能とは

    ▼秘訣、消炎、利尿 北海道で摘みたてのアスパラガスを食べてから、すっかりその味に魅せられてしまった。あれはグリーンだったが、クリーミィな風味のホワイトも捨てがたい。アスパラガスには穂の部分が緑のと白いのがあ…
  • アシタバ(明日葉)の効果や効能について

    ▼成人病予防、利尿、整腸 繁殖力の強いものには強壮作用があるという。その説を裏づける格好の植物がアシタバ(明日葉)だ。朝餉のおかずに葉を摘んだのに、翌朝には同じ場所から葉が伸びている。したたかな生命力にちな…
  • アケビを食して得られる効果、効能について

    ▼利尿、消炎、通経 以前はちょっと山道を歩いても、木の枝からぶら下がっているアケビに出会うことができたものである。「母追うて走る子供の手に通草」(鶏二)という風景など、珍しくはなかった。春にはアケビの若芽の…
  • アカザの持つ食材としての効果、効能とは

    ▼鎮痛、消炎 戦時中などお腹を空かせていた時代に良く食されていたものとしてアカザがある。戦記物によると、日本兵が大陸の戦闘で野菜の補充にアカザの葉を利用したらしい。食べすぎて中毒を起こし、皮膚に紅疹ができて…
  • 麦が持つ食べた時の効果、効能について

    ▼滋養、利尿、美肌 江戸の川柳に「勘当を麦で直して内へ入れ」とか、「麦飯で鍛え直して嫁を取り」とあった。道楽息子は他人の飯で鍛えろというが、これはその親心。さらに加えれば、麦の効用をずばりと言い切った句でも…
  • ハトムギの持つ力。効果、効能とは

    ▼美肌、消炎、排膿 子どものころ、掌の甲に小さなイボができたことがある。田舎ではイシイボと呼んでいたが、そのとき煎じて飲まされたのがハトムギだった。気がつかないうちに取れてしまい、いまはかすかな痕跡だけである。…
  • トウモロコシが持つ効果、効能など

    ▼整腸、利尿、美肌 秋祭りが近づくにつれて、トウキビが旨くなる。田舎では鎮守の森から流れてくる笛や太鼓の風といっしょに、トウキビの香ばしい匂いも漂ってきたものだ。「玉蜀黍に風あり祭りの太鼓鳴る」(水咲)とい…

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る