menu

湿疹が出る場合に効果的な9つの漢方薬とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

湿疹にはいろいろな種類がある

以前は、外因性の強い、俗にいうかぶれを皮膚炎、内因性の強いものを湿疹とよんでいた。戦後、アメリカ医学ふうにこれらを総括して、湿疹とよんでいる。急性症状と慢性症状がある。

症状について

急性湿疹は、皮膚に赤いぶつぶつ(丘疹(きゅうしん))や、小さな水ぶくれ(水疱(すいほう))ができ、うす皮がむけたり(落屑(らくせつ))、ただれたり(糜爛(びらん))、かさぶた(痂皮(かひ))を作ったりするが、かゆみが強く、じめじめしている(湿潤(しつじゅん))のが特徴である。

一方の慢性湿疹は、かゆみはやはり強くあるが、赤みや湿潤は少なく、皮膚が厚ぼったく、ザラザラして荒れてくるものをいう。

原因はいろいろだが、それぞれの対応のしかたがちがうので、湿疹の正確な病名は原因による。

接触性皮膚炎が、俗にいうかぶれである。昔ならウルシなどが多かったが、現在では、化粧品や薬品、あるいは合成繊維の下着などによることもある。アトピー性皮膚炎は、アレルギーなどの遺伝体質によることが多く、ほとんどが慢性化する。

脂漏性(しろうせい)皮膚炎も、皮脂分泌異常という体質がからんでおり、いわゆるフケ性の人がかかりやすい。あるいは貨幣状(かへいじょう)皮膚炎・自家感作性(じかかんさせい)皮膚炎・日光皮膚炎・ビダール苔癬(たいせん)などがあるが、くわしいことは省略する。

主婦湿疹の症状

成年女子のみに発生し、しかも水仕事などで悪化する傾向があるので、この名があるが、正式には進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)といい、最近ひじょうに増えている病気である。

まず、利き手の親指から人差し指、中指の手のひら側の先がやや赤くなり、かたくザラザラして、小さいヒビができる。さらに進行すると、指の根元や手のひらの皮膚もかたく厚くなり、指紋がなくなり、しかも指が自由に動かせなくなってくる。このころになると、反対側の手にも同じような病変が起きてくる。原因は不明で、現代医学でも治療法は確立していない。

漢方なら適応症

漢方では、湿疹を原因からわけることはしない。皮膚の状態や全身症状を考えながら、証をきめ、薬方を決定する。アトピー性のもの、脂漏性のものでは、体質改善をはかり、現代医学ではお手上げの主婦湿疹に著効をみた例も少なくない。

湿疹が出る場合に効果的な漢方薬

葛根湯

急性初期の、発赤・かゆみ・熱感に。

越婢加朮湯

水ぞれがあって、湿疹しているもので、むくみをともない、のどが渇く人に。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

もっとも一般的に用いられる。

桃核承気湯合大黄牡丹皮湯

局所のうっ血がはげしく、濃い分泌物が出て、かさぶたができやすく、かゆみもひどく、便秘する女性によい。

加味逍遙散合四物湯

虚証の女性で、貧血ぎみで、湿疹は乾いていて、かゆみのあるものに。

真武湯

虚証で、冷え症、患部はあまり赤くなく、分泌物はうすく、かゆみのある人に。

八味丸

幼児、あるいは老人の虚弱者で、冷え症があり、尿の出方に異常があるのを目標にし、患部は乾いているか、やや湿潤しているものに。

温経湯(うんけいとう)

生理が不順がちで、足が冷えるのに手がほてる、ときには腰も痛む人の主婦湿疹に。

越婢加朮附湯

やや体力があり、のどが渇き、小便の出が少ない人の主婦湿疹に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る