menu

カテゴリー:生薬辞典

  • 知母(ちも)の生薬説明ページはこちら

    中国東北部から北西部にかけて分布し、日本にも江戸時代に渡来し、栽培されているユリ科のハナスゲ(㊥知母Anemarrhenaasphodeloides)の根茎を用いる。葉がスゲに似て花がそれより美しいためその名があ…
  • 竹如(ちくじょ)の生薬解説ページ

    別名:竹茹/はちく(葉竹) イネ科のハチク(㊥淡竹Phyllostachysnigra)の茎の中間層を用いる。まず第一層の緑色の外皮を薄く削り取り、つぎに中間層を削って帯状にする。黄緑色ないし淡黄白色でざら…
  • 沢瀉(たくしゃ)の詳しい生薬解説

    中国東北部や朝鮮、日本の北部に分布し、沼沢地や浅い水中に生えるオモダカ科の多年草、サジオモダカ(㊥沢瀉Alismaplantago-aquatica)の塊茎を用いる。北海道や信州で栽培されているが、市場品のほとん…
  • 大黄(だいおう)の生薬解説ページ

    別名:将軍(しょうぐん)・川軍(せんぐん)/だいおう(大黄) 中国などに分布するタデ科の多年草、ダイオウ類の根茎を用いる。ダイオウはおもに中国西北部の海抜2、000~3、000mの高山に自生し、ギシギシとよ…
  • 桑白皮(そうはくひ)の生薬説明はこちら

    別名:桑根白皮(そうこんはくひ)・桑皮(そうひ) クワ科の落葉高木、 クワの根のコルク層を除去した根皮を桑白皮という。またクワの葉を桑葉(そうよう)、幼枝を桑枝(そうし)、果実を桑椹子(そうじんし)という。…
  • 蝉退(せんたい・ぜんたい)の生薬解説

    別名:蝉蛻(せんぜい)・蝉殻(せんかく)・蝉衣(せんい)/せみの抜け殻 中国ではセミ科のクマゼミによく似た黒蚱Cryptotympanaatrataの羽化後の抜け殻、日本ではアブラゼミやクマゼミの抜け殻を用…
  • 前胡(ぜんこ)の生薬説明ページ

    別名:全胡/のだけ(野竹) 本州の関東以西、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布するセリ科の多年草、ノダケ(㊥紫花前胡Angelicadecursiva)などの根を用いる。日本にみられるノダケは紫色の花をつける…
  • 石膏(せっこう)の詳しい生薬説明

    天然の硫酸塩類鉱物、セッコウの鉱石を用いる。日本でもわずかに産するが、専ら湖北・湖南・山東省を主産地とする中国から輸入している。石膏は白ないし灰白色の光沢のある結晶塊で、主として含水硫酸カルシウムCaSO4・2H…
  • 升麻(しょうま)の生薬解説ページ

    別名:黒升麻(くろしょうま)・真升麻(しんしょうま) 北海道から九州、中国、朝鮮半島、シベリアにかけて分布するキンポウゲ科の多年草、サフシナショウマ(㊥升麻Cimicifugasimplex)の根茎を用いる…
  • 小麦(しょうばく)の生薬説明ページ

    別名:浮小麦(ふしょうばく)・淮小麦(わいしょうばく)/こむぎ(小麦) カスピ海南岸を原産とするイネ科の越年草、コムギ(㊥小麦Triticumaestivum)の種子あるいは粉を用いる。コムギは紀元前700…

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る