menu

麻黄(まおう)についての生薬詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:エフェドラ(Ephedra)/まおう(麻黄)

中国東北部、モンゴルなど乾燥地帯を中心に自生しているマオウ科の常緑小低木、マオウ(㊥草麻黄Ephedrasinica)や木賊麻黄E.equisetinaなどの地上茎を用いる。マオウはスギナに似た植物で地上部の茎は草質であるが、茎の下部は木質化している。根は麻黄根(まおうこん)という。舐めるとわずかに舌にしびれ感(麻性)があり、黄色いために麻黄と名付けられたとされる。マオウの主成分であるエフェドリンは1887年に東大の長井長義博士らにより単離され、構造式が決定された漢方生薬初のアルカロイドである。その後、1924年に中国において陳、シュミット両博士によりエフェドリンの鎮咳作用が発表され、喘息の特効薬として世界中に広まった。ちなみにエフェドリンから合成されるメタンフェタミン(ヒロボン)は覚醒剤としても有名である。マオウの成分としてアルカロイドが1~2%含まれ、その40~90%がエフェドリンで、そのほかプソイドエフェドリンや微量のメチルエフェドリンが含まれている。現在、マオウに関する薬理作用として中枢神経興奮、鎮咳、発汗、交感神経興奮、抗炎症、抗アレルギー作用などが報告されている。一方、エフェドリンの構造式はアンフェタミンおよびアドレナリンに類似しており、そのおもな薬理作用も基本的にはアンフェタミンに似た中枢神経興奮作用とアドレナリンに似た交感神経興奮作用である。ただしアドレナリンが経口では分解されて効果がないのに対し、エフェドリンは経口でも分解されずに吸収され、またアドレナリンに比べて持続的かつ緩和な作用がある。エフェドリンの血圧上昇作用は短時間の反復投与で作用が減弱するタキシー現象がみられる。鎮咳作用に関して、エフェドリンは気管支の細胞膜にあるβ受容体を直接的あるいは間接的に刺激し、気管筋を弛緩させて気管を拡張させる。肥満細胞のβ受容体にも作用してヒスタミンやSRSA(アナフィラキシー遅延反応物質)の放出を抑制し、抗アレルギー作用を発現する。また末梢血管を収縮させることにより鼻づまりの症状を改善する。一方、抗炎症作用は主にプソイドエフェドノリンによることが証明されている。マオウの副作用として不眠、動悸、頻脈、発汗過多、排尿困難(尿閉)、胃腸障害などがある。中国では古くから麻黄は重要な治療薬として利用され、『神農本草経』にも発汗、鎖咳、平喘作用などが明記されている。漢方では発汗・止咳平喘・利水消腫の効能があり、発熱、頭痛、鼻閉、骨関節痛、咳嗽、喘息、浮腫、麻痺、しびれ感、皮膚疾患などに用いる。麻黄の発汗作用は生薬の中で最も強いため、汗をかきやすい状態(表虚証)には用いないのが原則である。これに対し麻黄の節や根(麻黄根)には止汗作用があり、『傷寒論』では麻黄を用いるときには「節を去る」という細かい指示がある。なお、麻黄の配合された処方は虚弱体質者、不眠症、高血圧症、狭心症の人に対して注意が必要である。米国では、エフェドラがダイエットや運動能力増強などの目的で広く使用された結果、心臓発作、脳卒中、死亡などの健康被害がみられたとして、2004年2月、FDAはエフェドラを含む栄養補助食品の販売を禁止した。現在、中国は天然資源の保護の観点から麻黄の輸出を制限している。ちなみにエフェドリンはドーピングの規制対象であるため、葛根湯をはじめ麻黄の配合されている漢方薬はすべて問題となる。(エフェドラ)

①発汗作用

悪寒、発熱、筋肉痛などの急性熱性疾患の初期(表寒証)に用いる。悪寒、発熱があり、発汗のみられないときには桂枝などと配合する(麻黄湯)。麻黄の発汗作用は桂枝を配合することで増強される。後頸部や背中の痛む場合は、さらに葛根を配合する(葛根湯)。とくに悪寒症状の強い場合には附子・細辛と配合する(麻黄附子細辛湯)。感冒や胃腸炎、冷房病などで冷えて腰が痛むときには白朮・香附子などと配合する(五積散)。

②平喘作用

咳嗽や喘息症状に用いる。鎮咳・平喘作用は一般に杏仁を配合することで増強される。感冒時の咳嗽や喀痰などには杏仁・甘草などと配合する(三拗湯)。上気道炎や気管支炎などによる炎症性の咳嗽には杏仁・石膏などと配合する(麻杏甘石湯)。麻杏甘石湯は喘息発作にも応用される。気管支喘息のように白色痰の多い場合には乾姜・細辛・五味子などと配合する(小青竜湯)。喘息や気管支炎で痰が絡んで息苦しいときには紫蘇子・桑白皮などと配合する(華蓋散)。

③利水作用

急性の浮腫や関節腫脹に用いる。急性腎炎やネフローゼなどによる浮腫症状に石膏などと配合する(越婢湯・大青竜湯)。

リウマチなどに伴う関節の腫脹や疼痛には石膏・白朮などと配合する(越婢加朮湯)。リウマチや熱性疾患にみられる関節痛や筋肉痛には杏仁・薏苡仁などと配合する(麻杏薏甘湯)。

処方用名

生麻黄・浄麻黄・炙麻黄・マオウ

基原

マオウ科EphedraceaeのシナマオウEphedrasinicaStapfをはじめとする同属植物の木質化していない地上茎。去節麻黄は節を除去したもの。また、麻黄は六陳の一種であり、採集後経年したものが良品とされる。外見上で青(緑)みがあるのは比較的新しいものであるが、日本では新鮮品がよいとする説もある。

性味

辛・微苦、温

帰経

肺・膀胱

効能と応用

方剤例

発汗解表

麻黄湯

外感風寒による悪寒・発熱・無汗・頭痛・身体痛・脈が浮緊などの表実証に、発汗を強める桂枝・杏仁などと用いる。

宣肺平喘・止咳

①三拗湯

外邪による肺気不宣で呼吸困難(喘)・咳嗽を呈するときに、平喘止咳を強める杏仁などと用いる。

②小青竜湯

寒飲による肺気不宣には、温肺化飲の乾姜・細辛・半夏などと使用する。

③麻杏甘石湯・五虎湯・定喘湯

壅熱による肺気不宣には、清熱の石膏・黄芩などと使用する。

利水消腫

①麻黄加朮湯・甘草麻黄湯

表証をともなう水腫に、白朮・生姜などと用いる。

②越婢湯・越婢加朮湯

内熱による自汗・口乾・発熱などをともなうときは、清熱の石膏と使用する。

③麻黄附子湯

裏寒による冷え、脈が沈などをともなうときは、温経散寒の附子と用いる。

その他

陽和湯

散風透疹の効能をもつので、風疹すなわち遊走性で痒みのある皮疹(蕁麻疹など)に荊芥・蝉退・薄荷などと用い、麻疹の透発が不十分なときには辛凉透疹薬の補助として使用する。

温経散寒の効能を利用し、風寒湿痺の疼痛に薏苡仁・白朮・附子などと、陰疽(慢性の化膿傾向に乏しい炎症)や流注膿瘍などに肉桂・鹿角膠などと用いる。

臨床使用の要点

麻黄は辛温・微苦で肺・膀胱に入り、辛散・苦降・温通し、肺気を開宣し腠理を開き毛竅を透して風寒を散じるので、風寒外束による表実無汗や肺気壅遏の喘咳の常用薬である。また、肺気を宣発して水道を通調するとともに、膀胱を温化して利水するので、水腫に表証を兼ねるときにも適する。辛散温通の効能により、散風透疹・温経散寒にも使用できる。

参考

①生用(生麻黄・浄麻黄)すると発汗の効能が強くなり、炙用(炙麻黄)すると発汗力が減じ止咳平喘に働く。

②桂枝を配合すると発汗解表に、杏仁を配合すると止咳平喘に、乾姜とともに用いると温肺化飲に、石膏と用いると清熱宣肺に、白朮を配合すると利水消腫に、附子と用いると温経散寒に、それぞれ強く働く。

用量

1.5~9g、煎服。

使用上の注意

①発散の力が強いので、過量に用いてはならない。

②衛虚の多汗・肺虚の喘咳には禁忌である。

③止咳平喘には、連用すると効果が減弱するので、間歇的に使用するほうがよい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る