menu

阿膠(あきょう)についての生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:驢皮膠(ろひきょう)・ゼラチン/にかわ(膠)

ウマ科のロバ(㊥驢Equusasinus)の皮を、毛を取り除いてから煮て膠にしたものをいう。にかわとは煮皮のことで、粗製のゼラチンのことである。現在はロバ以外にも牛、馬、羊などの皮も用いる。主産地は中国の山東・浙江省で、古くから山東省の東阿に産するものが優れていたため阿膠の名がある。ロバの皮を用いたものを驢皮膠といい、ウシの皮を用いたものは黄明膠(おうめいきょう)という。驢皮膠が漆黒の色をしているのに対し、黄明膠は黄褐色である。日本では主としてウシの皮や骨からとる局方のゼラチンが用いられている。このほか鹿角膠(ろっかくきょう)や鹿茸膠(ろくじょうきょう)などもあるが、効能は異なる。膠は接着剤などに用いるほか、現在でもカプセルや坐薬、ゼラチンスポンジなどの医薬品の原料として応用されている。阿膠の成分は硬質タンパク質のコラーゲンとゼラチンで、ゼラチンとはコラーゲンを熱処理により精製した変性タンパク質のことである。これらのタンパク質のアミノ酸の組成としてグリシン、プロリン、オキシプロリンなどが多い特徴がある。ただし阿膠の代用にゼラチンが適するかは議論の余地がある。漢方では止血・補血・補陰の効能があり、種々の出血や虚労、慢性的な咳嗽などに用いる。阿膠は加熱すれば溶けるが、低温ではゼリー状に凝固するため、煎剤に用いるときは滓をこした後に溶かしながら服用する。またタンニン酸によって沈殿するので配合に注意する。→鹿角膠・鹿茸膠

①止血作用

喀血、吐血、血尿、血便、不正性器出血などさまざまな出血症状に用いる。

吐血や鼻血には蒲黄・生地黄を配合し、不正性器出血には艾葉・白芍などと配合する(芎帰膠艾湯)。血尿には猪苓・滑石などと配合する(猪苓湯)。

②補血作用

顔色が冴えない(萎黄)、眩暈、動悸などの貧血様症状に用いる。貧血や病後、虚弱体質にみられる動悸に炙甘草・人参などと配合する(炙甘草湯)、また月経異常、不妊症などの婦人科疾患に当帰・牡丹皮などと配合する(温経湯)。

③補陰作用

熱病や慢性病による水分低下、慢性的な乾咳に用いる。病後などで体が消耗し、熱感があり、煩躁して眠れないないときには黄連・黄芩などと配合する(黄連阿膠湯)。痰の少ない乾燥性の咳嗽に杏仁・馬兜鈴などと配合する(補肺阿膠湯)。

処方用名

阿膠・陳阿膠・驢(ろ)皮膠・生阿膠・阿膠珠・蛤粉炒阿膠・蒲黄炒阿膠・アキョウ

基原

ウマ科EquidaeのロバEquusasinusL.やウシ科BovidaeのウシBostaurusL.var.domesticusGmelinなどの除毛した皮を水で煮て製したニカワ塊。

効能と応用

方剤例

補血

血虚による顔色につやがない・頭のふらつき・めまい・動悸などの症候に、当帰・熟地黄・白芍・黄耆などと用いる。

滋陰

①黄連阿膠湯

陰虚火旺による焦躁・不眠・熱感などの症候に、白芍・鶏子黄・黄連などと用いる。

②加減復脈湯・大定風珠・阿膠鶏子黄湯

熱病による傷陰(真陰損傷)あるいは慢性病の肝腎陰虚で、身体の熱感・手足のほてり・盗汗・筋肉のひきつり・めまい・ふらつきなどを呈するときに、生地黄・熟地黄・白芍・麦門冬・鼈甲・亀板などと使用する。

止血

芎帰膠艾湯・両地湯・寿胎丸

鼻出血・喀血・吐血・血尿・血便・不正性器出血・月経過多など多種の出血に、単味であるいは蒲黄・生地黄・当帰・白芍などと使用する。

清肺潤燥

①補肺阿膠湯

肺陰虚の乾咳・少痰・痰に血が混じるなどの症候に、馬兜鈴・牛蒡子・杏仁などと使用する。

②清燥救肺湯

燥熱傷肺の乾咳・呼吸促迫・無痰・口渇・鼻咽の乾燥などの症候にも、石膏・桑葉・麦門冬などと用いる。

臨床使用の要点

阿膠は甘平で粘であり、「血肉有情の品」で真陰を補い、滋陰補血・止血の要薬である。補肝血・滋腎陰かつ潤肺燥に働き、滋補粘膩の性質により血絡を凝固して止血の効能をあらわす。血虛の眩暈心悸・陰虛の心煩失眠・虛労の喘咳あるいは陰虚の燥咳、さらに喀血・吐血・衄血・便血・尿血・崩漏・胎漏下血などすべての出血に適する。

参考

①生用(阿膠・陳阿膠・驢皮膠・生阿膠)すると補血・滋陰潤燥に、海蛤殼の粉末と炒す(阿膠珠・蛤粉炒阿膠)と清肺潤燥・止咳化痰に、蒲黄と炒す(蒲黄炒阿膠)と止血に、それぞれ強く働く。

②阿膠・熟地黄は補血滋陰に働き、阿膠は補真陰・補血に長じ潤肺・止血の効能ももっており、熟地黄は補腎滋陰にすぐれている。また、阿膠のほうが粘賦の性質が強い。

用量

6~15g、冲服。

使用上の注意

①湯か黄酒で溶かして服用。湯剤に入れるときも、薬液に溶かして服用する。

②粘膩の性質が強く消化を妨げるので、脾胃虚弱には禁忌。

③止血に使用する場合は、慢性化した虚証に適し、実熱や瘀滞に早期に用いると留瘀の弊害がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る