menu

銀杏(ギンナン)の効果、効能について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼咳止め、頻尿、降圧

菩提寺の境内にイチョウの老木があった。秋が深まると黄葉して陽に輝き、子ども心にも荘厳な感じを受けたものである。「銀杏散る兄が駆ければ妹も」大樹の下は子どもたちの遊び場だった。頭上からはらはらと落葉が始まると、みんな駆け出してきて拾う。狙いは実の方だが、葉を拾うのはその前哨戦であった。イチョウはまれに千年の寿命を保つという。美しく大らかな樹形である。

銀杏(ギンナン)とは?

イチョウは室町時代に中国から渡来し、神社や寺院の境内に植えられたというイチョウ科の落高木。枝に長枝と短枝があり、葉は扇を広げたような形で二股に分かれた葉脈のあるのが特徴であろう。種子は熟すると外種皮が黄色くなり、肉質の臭気のあるものに変わる。果皮を除くと白くて硬い核仁が出てくるが、これがギンナンだ。

採取方法

ギンナンを得るには、秋に落ちた実を集めて土中に埋めるか、水に漬けて果肉を腐らせ、白い内種皮に包まれた種子を日干しにする。必要に応じてこの内種皮を破り、中の核仁を用いるわけ。外種皮には接触性皮膚炎を起こす成分が含まれているので、採取するときはゴム手袋を用いるとよい。

銀杏(ギンナン)の効果、効能

漢方ではこの核仁を「銀杏」という。銀杏には蛋白質が多く、脂質の中にはレシチン、エルゴステリンなどが含まれている。その効能として『本草綱目』には「熟食すれば肺を温め、気を益し、喘漱を定め、小便を縮む」とあった。つまり咳止めと抗利尿の作用を説いている。薬効を期待するには焼いたギンナンを五~一〇個食べればよいだろう。

漢方の咳止め定喘湯にも銀杏が配合されているから、咳や痰に効くのは頷けることだ。また中国では結婚式の前に、花嫁に銀杏を食べさせるというが、尿意を催さないように抗利尿の働きを応用したと考えられる。冷え症の女性に多い頻尿や子どもの夜尿症に、銀杏が効くのも確からしい。それは膀胱の括約筋を強くする成分が含まれているからだ。

酒場などでよく、ギンナンの強精効果が話題になっているのを耳にする。だが期待するほど顕著だとは思えないし、むしろ食べ過ぎには注意したい。青酸性の成分が含まれているからで、量がすぎると消化不良をおこし嘔吐や痙攣をみることもある。とくに子どもは五個くらいで止めること。

銀杏(ギンナン)の不思議

実よりも話題にしたいのは葉だ。イチョウの葉からフラボノイドを抽出して血管調整剤を開発したという報告もあるから、やがて降圧剤の新薬が登場するかもしれない。イチョウの葉を本のしおりにすると紙魚がつきにくいし、葉の煎じ液で温湿布するとしもやけに効くことなども、意外に知られていないのではないか。さらに動く精子を生じたり、幹や枝から乳柱が垂れ下る例もあり、イチョウの生態はナゾが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る