menu

むくみによく使われる五苓散(ごれいさん)の説明ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「五苓散はむくみによく使われます」

処方のポイント

利尿作用の沢瀉、利水作用の茯苓・猪苓、水分流通を改善する桂皮、消化噐の動きを活発にする白朮(あるいは蒼朮)で構成。口渇のあるむくみ、水分摂取量の割に少ない尿量等に適応二日酔、頭痛、下痢、嘔吐等の水分流通悪化による症状にも。甘辛味で、温服が効果的。

五苓散が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

口渇、尿量減少するものの次の諸症:浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病。

漢方的適応病態

1)水湿の表証(太陽病蓄水証)。すなわち、悪風、微熱、尿量減少、口渇するが飲むとすぐに嘔吐するなどの症候。

2)水湿による水様物の嘔吐あるいは浮腫あるいは水様の下痢などで、尿量減少、口渇を伴い、めまい感、腹部の動悸、身体が重いなどの症状がみられることがある。

  • より深い理解のために

本方は主として消化管や組織の余剰の水分を血中に引き込むことによって利尿し、同時に口渇、下痢、浮腫、留飲などを寛解するものである。したがって、脱水には用いるべきでない。

甘草や人参剤を用いて浮腫が出現する場合があるが、本方で速かに消褪する。

五苓散の組成や効能について

組成

沢瀉15茯苓9猪苓9白朮9桂枝6

効能

利水滲湿・通陽化気

主治

水湿内停・気化不行

利水滲湿

利水作用により、水湿の邪気を下から除去する治法である。「滲」の作用は「利」よりおだやかであるが、ゆっくりと取り除きにくい湿邪を除去することができる。

通陽化気

陽気を通じさせ、陽気不通による気化機能(水液を輸送し、行きわたらせる機能)の失調を治療する治法である。

気化不行

特に膀胱の気化機能の失調を指している。不用となった水液を尿などに変化できなくなったり、水液の流通が悪くなると、水湿の停滞を招く。

解説

五苓散は外邪が太陽膀胱経に侵入し、膀胱の気化機能が伓調となった水湿停滞の病証に用いる処方である。

処方名には5つの薬により組成され、水の運行を命令(苓)するという意味がある。

適応症状

◇浮腫

水湿停滞の代表的な症状である。外邪の侵入により陽気が通じなくなり、膀胱の気化機能が失調すると、水液の分布が悪くなる。このほか、脾の水液運化の機能が弱まった場合も水湿が筋肉・皮膚に停滞する。

◇小便不利

膀胱は水液の集まる所である。気化機能が低下すると、膀胱の開閉(開くと尿が出て、閉じると尿が溜まる)機能が障害され、排尿障害をひきおこす。

◇眩暈

水湿が頭部の清陽(脳)を塞ぐと眩暈が現れる。

◇下痢

水湿が中焦脾胃の陽気を損傷し、脾胃の昇降機能が失調すると、下痢、吐き気が生じる。

◇苔白滑

水湿の停滞を示す舌象である。湿が熱に変わっていないので白苔である。

◇脈濡

水湿内停と脾虛を示す脈象である。

沢瀉、茯苓、猪苓は利水滲湿薬である。沢瀉は本方剤の主薬で、水の臓である腎に入り、膀胱に作用する。茯苓は利水滲湿のほかに、健脾作用もある。白朮とともに脾の運化機能を促進し、水滞を防ぐ。猪苓は単純な利水薬であるが、3薬中で利水作用が最も強い。白朮は燥湿作用も備えた健脾薬で、脾湿を除去する有力な薬である。桂枝は薬性が温で、陽気の不通を通じさせ、膀胱の気化機能を増強し、水をめぐらせる。解表作用もあるので、悪寒、発熱などの太陽表証に用いることも多い。

臨床応用

◇浮腫

利水作用が強く、各種の浮腫をともなう疾患に使用できる。症状に応じて、ほかの方剤と併用する。

腎炎、ネフローゼなど腎疾患のとき+「六味地黄丸」(補腎・利水)

       または+「牛車腎気丸」(補腎・利水・活血)

動悸、息ぎれなど心疾患のとき+「木防已湯」(補虚・行水)

腹水、脇痛など肝臓疾患のとき+「加味逍遥散」(活血・疏肝・健脾)

      または+「桂枝茯苓丸」(活血化瘀)

      または+「柴苓湯」(疏肝・利水)

原因不明の浮腫にも五苓散を用いることができるが陽気が通じない、熱症状がないことを使用の基準とする。浮腫が反復して発症するときは、根本から治療する方法を用いるべきである。

◇下痢

水湿停滞に起因する下痢に用いる。急性の下痢は利水によって便を固める(利小便、実大便)と速やかに止痢効果が得られる。

  • 腹痛、腹脹をともなうとき+「四逆散」(疏肝理気)

     または+「芍薬甘草湯」(緩急止痛)

湿熱性の下痢の場合は「茵陳五苓散」(利水清熱)に変方する。

  • 腹部の冷痛、熱い物が欲しい、疲労倦怠感など虚寒性下痢のとき+「人参湯」(温中・健脾・散寒)

  悪寒、発熱、頭痛など表証があるとき+「香蘇散」(理気・散寒・和胃)

      または+「藿香正気散」(解表散寒・化湿和胃)

      または+「葛根湯」(解表・散寒)

◇排尿困難

水湿停滞による小便不利に用いることができる。例えば、産後の圧迫による一過性の尿量減少、前立腺肥大による排尿困難(根本治療に補腎・活血剤を併用する)、膀胱炎の尿量減少(清熱利湿の「猪苓湯」に変方してもよい)に用いることが考えられる。

  • 注意事項

①本方は渗利性が強く、正気を消耗する可能性があるため、脾虚・腎虚をともなうときは補益脾腎剤を併用しなければならない。

②津液不足、高熱による小便不利には禁忌である。

③浮腫、排尿障害、下痢など、水湿停滞の症状が改善されたならば、本方の使用は止めるべきである。

どんな人に効きますか?

過剰な水分の停滞や偏在を改善

消化器疾患や頭痛、飲み過ぎなどに使用

現代医学で治りにくい病気や、検査をしても異常がなく治療の対象とはならないつらい症状に対して、漢方が効果を発揮することは少なくない。それは漢方のほうが優れているからではなく、西洋医学と漢方では人体の捉え方や病気の見方、治療の考え方などが違うからである。

 特に慢性的な病気では、対症療法を主とする現代医学に対して、原因療法で体質改善を進める漢方が有効な場合が多い。なかでも該当するケースが多いのは、水分のいたずらによる病気である。水分が体内に過剰に存在または不足したり、流れが悪かったり偏在していたりすることが、治りにくい病気の根本的な原因となっていることがある。

漢方薬でそのあたりを調整すれば、氷が溶けていくように病気や症状が次第に緩解していく。

 漢方には「怪病(かいびょう)は水の変」という言葉がある。怪病とは原因不明の病気のこと。治りにくい病気があれば、水分の量や流れの異常を疑えという戒めである。

そんな水分の異常があるときに役立つ処方の一つが五苓散である。

 五苓散は「水湿」証を改善する代表的な処方である。水湿とは、水分の吸収や排泄、代謝が滞り、過剰な水分が体内に滞っている状態である。人体の構成成分の6割程度が水分である以上、水は生きる上で必要不可欠であるが、ちょっとした水分代謝などの変調が体調を大きく左右する。

 胃における水分の通過障害などがあると胃の中に水分がたまり、みぞおちのあたりでちゃぷちゃぷと水の音がする。さらに胃内圧が高まると、悪心とともに嘔吐が起こる。水を飲んでもすぐに吐き出す。このような状態を「水逆」という。腸管内で水分の吸収障害が起これば、水様の下痢が生じる。感染症や食中ぢ毒による下痢と違い、さし込むような腹痛や裏急後重(りきゅうこうじゅう)を伴うことは少ない。

 また腎臓で水分の排泄障害が起こると、むくみや尿量減少が生じる。神経系に作用し、血管やリンパ管の水分透過性に異常が生じた場合も、むくみが生じる。めまいや動悸を伴うことも多い。

 五苓散が有効な水湿証の特徴は、口渇があることである。尿量減少もみられる。この2つは脱水症状のように思われるが、そうではない。ちゃぷちゃぷという胃の音や水様の下痢、むくみがあるので胃や腸、皮下には水分がたっぷりある。脱水ではなく、水分が偏在しているのである。消化管や組織内には余るほど水があるのに、それが血液中に取り込まれておらず、血管内は水分不足となっている。従って口の渇きや尿量の減少が症状として表れる。

本方を応用できる疾患は、胃腸炎、消化不良、胃拡張、胃下垂、胃アトニー、浮腫、腎炎、ネフローゼ、膀胱炎、蕁麻疹、片頭痛、三叉神経痛、メニエール病、糖尿病、感冒、夜尿症など幅広い。舌には白い舌苔が付いており、べっとりと厚く付着していることが多い。二日酔いにもよく効く飲み過ぎたときは寝る前に五苓散を一服飲んでおくと翌朝が楽である。

どんな処方ですか?

配合生薬は、沢瀉(たくしゃ)、猪苓(ちょれい)、茯苓、白朮(びゃくじゅつ)、桂枝の五味である。

 沢瀉、猪苓、茯苓、白朮には、いずれも利水作用がある。君薬の沢瀉は腎に働いて、利水滲湿(りすいしんしつ)する。寒性なので、発熱や膀胱炎などの炎症にも効く。臣薬の茯苓と猪苓にも強い利水滲湿作用があり、君薬の作用を強める。茯苓は健脾に加えて、胃内の停水をさばき、気の流れをよくする。

 佐薬の白朮は胃腸の機能を調えて水分の流れをよくする。同じく佐薬の桂枝は、体表から侵入し始めた病邪を追い払い、同時に体内では水分の流れを助ける。桂枝には使薬として血液循環を促して君臣佐薬の利水効果を高める作用もある。これを通陽作用という。

 猪苓と茯苓は水を下降させて口渇を癒し排尿を促す。茯苓と白朮は消化器から水分を吸収、運搬し、胃腸に偏在する水分を排除する。

四君子湯や六君子湯にもみられる組み合わせである。組織内の水分

も減らす。この二味に桂枝が加わると気をおろす力も生まれ、めまいや嘔吐に有効となる。苓桂朮甘湯の配合である。桂枝と茯苓の組み合わせは桂枝茯苓丸にもあり、血液と体液の流れや動悸を改善する。以上、五苓散の効能を「利水滲湿・通陽」という。

水湿による下痢が強く、むくみ、胃のつかえ、口渇を伴うときは、平胃散を併せ飲む。食欲不振や倦怠感がある場合は補中益気湯を併用する。顔面の赤みや目の充血、口臭が残るほど飲み過ぎたときは黄連解毒湯と一緒に飲むとよい。尿路系の炎症など熱証がみられるときは猪苓湯がよい。肝炎、胆嚢炎、胆石など熱邪が水邪と絡んで「湿熱」となった場合は、五苓散に茵蔯蒿(いんちんこう)を加えた茵蔯五苓散を使う。

 出典は『傷寒論(しょうかんろん)』である。傷寒論が記された当時の時代背景もあり、もともとは急性熱性疾患に対し、微熱や悪寒、尿量減少、口渇などがあるものに使われた処方であるが、今は上述のような水湿の証に用いられることが多い。

こんな患者さんに効きます

下半身がむくむ

ひどいときは朝、まぶたや手の指もむくんでいます。

 トイレに行く回数が少なく、1日に3回くらいしか行かない日もある。

体が重だるく、汗をあまりかかない。べっとりした白い舌苔が付いている。

 典型的な水湿証である。五苓散を服用してもらうと、2週間で排尿回数が増え、3カ月後には下半身のむくみが解消し、体もすっきり軽くなった。

 足のむくみに冷えもあるようならハ味地黄丸、疲れやすく汗をかきやすいなら防已黄耆湯がいい。

片頭痛に悩まされています。月に数回、ひどく痛む

嘔吐をすることも少なくありません。

 頭痛には突然襲われる。めまいを伴うことも多い。舌をみると、白い舌苔が付着している。

 これも水湿証である。1カ月ほど五苓散を飲み続けてからは片頭痛に襲われることがなくなった。半年ほど飲んで漢方薬をやめたが、その後も頭痛は起きていない。

 刺されるような痛みなら桂枝茯苓丸が、寝不足や疲れのために頭が痛むなら補中益気湯が、ふらつきがあるなら四物湯などが効く。

用語解説

1)水湿を、水滞、水邪、水毒ともいう。

2)裏急後重はテネスムス、しぶり腹を指し、便意があるのに排便しないか、少量しか排便しない残便感が残る。

3)渗湿とは、体内にたまっている過剰な湿気をさばくこと。

4)桂枝を加えることにより、利水剤の利水効果を高める。このような効果を「気を行(めぐ)らせて水を化す」という。

5)五苓散と平胃散を合わせると胃苓湯となる。

6)このような証を太陽病の「蓄水証」という。太陽病は傷寒論にある病期の一つで、感冒や感染症がからだに侵入し始める初期を意味する。慯寒という言葉に急性熱性疾患の意味がある。感染症による微熱や悪寒に加え、尿量減少、口渇などの症状がある。体内に水液が停滞し、上へも下へも浸透しないのである。水を飲んでもすぐに吐いてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る