menu

さまざまな冷え症状に五積散(ごしゃくさん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「五積散はさまざまな冷え症状によく使われます」

処方のポイント

発汗により冷えを除く麻黄・白芷・からだを温め冷えを除く生姜・桂皮を中心に、多くのからだを温める生薬で構成。冷えて膨満感のある腹痛、冷えて痛む関節痛や神経痛、冷え症等、冷えに関連した諸症状に適応。生理不順、生理痛にも応用。甘辛味で、温服が効果的。

五積散が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

慢性に経過し、症状の激しくない次の諸症:胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒。

漢方的適応病態

1)表寒、寒湿困脾。すなわち、生冷の飲食物の摂取や寒冷の環境によって、悪寒、発熱、頭痛、関節痛、鼻水などの表寒の症候と、悪心、嘔吐、下痢、腹部膨満、腹痛、腹や四肢の冷えなどの脾胃の寒湿の症候がみられるもの。

2)寒湿中経。すなわち、冷房など寒冷の環境によって生じる。身体の冷え、悪寒、頭痛、四肢の痺れ、筋肉痛(特に下半身や大腿内側)などの症候。

五積散の組成や効能について

組成

厚朴4蒼朮24陳皮6炙甘草3半夏3茯苓3当帰3芍薬3川芎3白芷3肉桂3麻黄6桔梗12

枳殺6生姜4

効能

調中順気・活血・散寒・化痰

主治

中焦失調・血瘀・寒積・痰滞

〇調中順気:中焦脾胃の機能を調節し、気の運行を順調にさせる治法を示す。

  順気=調気=理気:いずれも気滞に用いる治法である。

〇活血・散寒・化痰:瘀血、寒凝、痰滞に用いる治法である。食積は化痰作用によって除去することができる。

解説

五積散は気・血・痰・寒・食の五積滞を治療する処方である。気の停滞によって、血積、寒積、痰積・食積をひきおこすことが多く、気滞が主な原因となっている。

使用量は原文のものだが、蒼朮桔梗の量を減して用いることが多い。

適応症状

◇脇腹脹痛

気滞による症状である。肝気が鬱滞すると脇が脹り、脾気が停滞すると腹部が脹る。

◇胃脘冷痛

胃脘部に寒気が疑滞すると、その周辺が冷える。寒は痛を主るので、同時に胃痛が現れる。

◇悪心・嘔吐

痰積と食積によって、胃気が上昇すると、悪心嘔吐がみられる。

◇月経不順

気滞と血瘀により、気血の流れが乱れると、月経不順がおこる。

◇肩こり・背部痛

寒邪の凝滞と気血の停滞が原因となっておこる症状である。

◇舌暗・苔白

気血の凝滞がひどい場合、舌質は暗色となる。白苔は寒湿を示す。

◇脈弦緊

疼痛が強いときは弦脈が現れ、寒盛のときは緊脈が現れる。

 

五積散はいくつかの方剤を組み合わせたものである。五積に対して各側面から作用する穏やかな方剤であが、薬性は温に偏っている。「平胃散」は理気作用が優れ、湿をとる。「二陳湯」は化痰作用が強く、悪心、嘔吐を止める。桔梗は2方剤の化痰作用を増強する。蒼朮の量は原文では24となっているが燥性が強いため、臨床では減量するか、穏やかな健脾燥湿薬である白朮にかえる。「苓桂朮甘湯」は温性で寒邪の停滞を除去する。渗湿作用をもつ茯苓が入っているので、特に寒飲に用いることが多い。「四物湯」は地黄(粘りがあるため積滞には不適)を除くと、活血作用が強くなり、月経不順、月経痛、関節痛など痛みに対して効果を現わす「麻黄湯」は辛温解表、散寒の作用で、項背のこわばりを治療する。原文の桂は肉桂となっている。肉桂は性味が辛熱で温裏散寒、止痛の作用に優れ、裏寒の腹痛に用いることが多い。一方、桂枝は性味カ淬温で、解表散寒、通絡の作用に優れ寒邪の侵入による経絡不通の痺痛に用いることが多い。このため、温陽通絡の作用を強調したいときには肉桂を桂枝にかえることがある、五積散の作用は多方面にわたっているが、その強さを比較すると、①痰積・食積に対する燥湿化痰作用、②気積に対する理気作用③寒積に対する散寒作用、④血積に対する活血作用の順となる。

臨床応用

◇脾胃寒湿

五積散には脾胃に作用する温性薬が多く配合されている。中焦の寒邪を除去し、燥性によって中焦の痰湿を取り除く。寒性の胃痛、痰湿による悪心、嘔吐、脾湿による下痢などに用いられる。寒は「凝滞」を主り、湿は「粘滞」を主る。寒と湿が停滞すると気血の流れに影響を与えて、気滞血瘀をひきおこし、局部的に脹って痛む症状が現れる。五積散中の枳栽、陳皮、厚朴などは脾胃の気滞を解除し、脹る症状を治療でき、当帰、芍薬などの活血。緩急止痛作用は、疼痛を治療する。痰湿による悪ム嘔吐には半夏陳皮、乾姜、茯苓の化痰燥湿、止嘔作用が効果的である。

脾虚による下痢より、脾湿の下痢に適している。「平胃散」の寒湿を除去する作用と、乾姜の温中散寒、止痢の作用が治療効果を高めている。

◇痺証

散寒の作用をもつ麻黄、肉桂、蒼朮と活血、柔筋止痛の作用をもつ当帰、芍薬によって、関節、筋肉のこわばりと疼痛を緩和させる。脾胃の運化機能の失調による舌苔白膩、口渇がない、下痢しやすいなど、脾胃寒湿の症状をともなう場合に用いることが多い。

〇疲労感浮腫、手足のこわばり(気虚湿盛)のとき+「防已黄耆湯」(益気利水)

〇痛みが強い(血瘀)とき+「疎経活血湯」(活血通絡)

◇月経不順

血病の基本方剤である「四物湯」が配合されているので月経不順、月経痛、無月経に用いることができる。寒邪の侵入あるいは気滞血瘀がある場合に適している。

〇月経痛が強いとき+「当帰芍薬散」(養血活血・止痛)

  または+「桂枝茯苓丸(活血化瘀)

〇胸脇脹満、イライラ(肝鬱気滞)のとき+「加味逍遥散」(舒肝解鬱・健脾・養血)

◇外感風寒

「麻黄湯」と「桂枝湯丨の主要生薬が加わっていることから、表寒を発散することができる。外感風寒による肩こり、背部の疼痛にも侧用できる。

健脾燥湿薬が多く配合されているので、脾胃に寒湿が停滞した悪心、下痢、食欲不振をともなう場合に用いる。

注意事項

五積散は作用が穏やかであるが薬性は温に偏るので、熱性症状には禁忌である。脾胃の機能を調節することはできるが、脾胃を補益することはできないので顕著な脾胃虚弱には適しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る