menu

吐き気や手足の冷え等に呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「呉茱萸湯はお腹を温めて、はきけを止めます」

処方のポイント

消化器を温める呉茱萸を中心に、消化墨機能を向上させる人参・生姜・大棗の組合せで構成。吐き気や手足の冷え等に適応する。呉茱萸には止痛効果もあり、腹痛、偏頭痛等にも応用される。独特の甘辛味で、温服が効果的。

呉茱萸湯が適用となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

手足の冷えやすい中等度以下の体力のものの次の諸症:習慣性偏頭痛、習慣性頭痛、嘔吐、脚気、衝心。

漢方的適応病態

1)胃虚寒の嘔吐、吃逆(胃気上逆)。すなわち、平素から疲れやすく、食欲不振、腹や手足の冷えなどの胃虚寒の症状があり、食べると吐き気がする、嘔吐、吃逆、よだれや唾が多い、上腹部の痞や膨満感あるいは疼痛と圧痛抵抗などがみられるもの。

2)寒飲上逆の頭痛。すなわち、発作性に生じる頭痛(片頭痛或は頭頂部の痛みのことが多い)、悪心、乾嘔、あるいは嘔吐、首筋からこめかみの凝り、めまいが感が中心。寒飲(冷える性質の強い水滞)が身体の上下に動いて吐下煩躁する(今にも死にそうだと苦しがりときに手足をバタバタさせる)。

呉茱萸湯の組成や効能について

組成

呉茱萸3生姜6人参3大棗3

効能

温肝暖胃・降逆止嘔

主治

肝胃虚寒・胃気上逆

 〇温肝暖胃:胃と肝を温めて虚寒症状を解除する治法である、肝の経脈は胃の両側を挾んで上行するので、肝と胃の病証は同時に発症することが多い。

 〇降逆止嘔:胃気上逆による嘔吐に用いる治法である。

解説

呉茱萸湯は主に胃、肝部に停滞した寒気が、厥陰肝経に沿って上逆するためにおこる諸症状に用いる処方である。

適応症状

◇悪心・嘔吐

「胃気は下降をもって順となす」とされるが胃が虚して寒邪が停滞すると、降濁、機能が低下し、胃の濁気カ仩逆して悪心、嘔吐が現れる。胃の食物を受け入れる受納機能が失調すると、食後にすぐ吐きたくなることもある。

 〇降濁:濁っている気を下降させること(食物を腸に送る機能)。

◇呑酸

酸っぱい物がこみ上げる症状である。肝気の影響により胃気上逆して生じる。肝与するので呑「酸」となる。

◇胃痛

胃部に寒か幣滞し、寒は痛を主るため疼痛が生じる。

◇頭痛

主に頭頂部に痛みが生じる。頭頂部は厥陰肝経に属し、寒気が肝経に沿って上衝することによっておこる。

◇下痢

中焦の脾陽が寒邪によって損傷し、清陽は上昇できず下降するため下痢がおこる。

◇四肢不温

中焦の陽気が不足すると、手足を温められない。

◇舌淡・苔白

淡舌は虚を白苔は寒を意味する。中焦の虚寒を示す舌象である。

◇脈遅弦

寒邪の存在を示す遲脈と、肝の病を示す弦脈がみられる。

主薬の呉茱萸と生姜は辛熱の薬性をもち、「寒なる者はこれを熱す」の治則に基づき、中焦に停滞する寒邪を除去する。さらに両薬は嘔吐を止める作用が優れ胃处逆による嘔吐を治療する。呉茱萸は肝に帰経し、肝経に停滞した寒邪を除去し、寒気上衝による頭頂部の頭痛を治す。人参と大棗は「虚なる者はこれを補す」の治則に基づく使用で補気健脾し、食べ物を受け入れられない胃気虚弱の症状に効果がある。

臨床応用

◇胃痛

肝薬が配合されているので、肝胃不和による吞酸、悪心などの症状をともなう胃痛に用いる。温補剤のため、喜温(温めると痛みが減軽する)、喜按(按ずると楽になる)の胃痛に効果を発揮する。

 痛みが強いとき+「安中散」(散寒止痛)

◇嘔吐

止嘔作用が優れつわり、胃炎、慢性肝炎などにともなう嘔吐に用いる。ただし寒性の嘔吐、虚性の嘔吐に限られる。胃気上逆の症状(ゲップ、シャックリ、胸やけなど)に用いることもできる。

 嘔吐がひどいとき十「小半夏加茯苓湯」(化痰止嘔)

◇下痢

寒性の下痢、特に腹痛、悪心症状をともなうものに適している。

◇顧痛・眩暈

肝気および肝寒の上衝による頭頂部の頭痛、偏頭痛に用いることが多い。悪心、嘔吐をともなうメニエール症候群で、肝胃虚寒に属する場合は本処方を用いることができる。

注意事項

呉茱萸湯は温性に偏っているため、熱性の嘔吐、肝鬱胃熱の胃痛、肝火上衝の頭痛には禁忌である。

〇胃の冷えを除去しつつ胃の機能を改善

 嘔吐や頭痛など濁陰の上逆に有効

 構成する生薬が処方名となっている漢方処方には、呉茱萸湯(ごしゅゆとう)の他に人参湯(にんじんとう)や甘草湯(かんぞうとう)などがある。甘草湯は甘草単味の処方であるが、呉茱萸湯は呉茱萸に三味の生薬が配合された処方である。

 呉茱萸が配合されているのは呉茱萸湯以外に、温経湯(うんけいとう)や当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしようきょうとう)がある。温経湯は、冷えと血行不良と血虚があるときに使う。当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、冷えと血虚がある場合に用いる。そして呉茱萸湯は、胃部の冷えを伴う諸症状に使う。

 呉茱萸はミカン科の低木ゴシュユの果実であり、独特の強い香りがあり、体を温める強い作用がある。呉茱萸が配合されている処方を使うかどうかの決め手は、冷えを伴う症状(寒証)が患者にあることである。呉茱萸湯は、熱証のある人には絶対に使ってはいけない。

どんな人に効きますか

呉茱萸湯は、「胃中虚寒(いちゆうきよかん)、濁陰上逆(だくいんじょうぎゃく)」証を改善する処方である。

胃は六腑の一つであり、飲食物を受け入れ(受納)、消化し(腐熟)、食べた物を人体に有用な形に変化させる。さらに飲食物の有用な部分(清陽)を脾に渡した後、残りのかす(濁陰)を小腸・大腸に下ろす(降濁)。この胃の機能が衰えているところに、寒邪の刺激が加わった証が「胃中虚寒」である。この状態になると、胃の降濁機能が弱まり、濁陰を下降させることができなくなる。そして濁陰が胃から上部に上がってくる。これが「濁陰上逆」証である。胃の機能が低下し、冷やされることにより、蠕動運動が弱まり、胃の中の物が押し上げられる状態であろう。

この証の患者は、胃が虚弱で冷えているので、食欲不振、胃痛、上腹部のつかえ感や膨満感、胃酸過多、胃の振水音が生じる。さらに胃に寒邪が居座っているため胃部が冷え、寒さや冷たい飲食物を嫌い、暖かい環境や熱い飲食物を好む(畏寒喜暖[いかんきだん])。おなかの冷えから、唾液や涎(よだれ)が多くなり、下痢しやすい。

胃の中の濁陰が上逆すると、胃がムカムカし、食事をすると吐き気、呑酸、嘔吐が起こる空えずき、吃逆(しゃっくり)も生じやすい。

胃の中の寒邪が頭部にまで上逆すると、頭痛が起こる。頭痛は片頭痛、あるいは頭頂部の激しい痛みである場合が多い。めまいや首筋の凝りもみられる。疲れたときや生理前に生じやすい。

寒邪が心(しん)に上逆すると、心の機能が乱され、いらいらし、もやもやと落ち着かない不安感・不快感(煩躁[はんそう])が生じる。時にじっと安静にしていられなくなる。

胃が濁陰を下げられないと、脾は清陽を上げられなくなる。この場合、脾気が体の隅々にまで行き届かず、手足が冷え、疲れやすくなる。舌は赤みが薄くて白っぽく、舌苔は湿っぽい。

このように、胃の機能低下と冷えという虚証(胃中虚寒)が根本にあり、そのために本来下降すべき濁陰が上昇しているという実証陰上逆)が生じている証(本虛標実)に、呉茱萸湯を使う。

臨床応用範囲は、慢性・急性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃下垂、胃拡張、胃酸過多、逆流性食道炎、肝炎、片頭痛、神経性頭痛、メニエール病、自律神経失調症などで、胃中虚寒、濁陰上逆の症候を呈するものである。

どんな処方ですか

配合生薬は、呉茱萸、人参、生姜、大棗(たいそう)の四味である。

君薬の呉茱萸は熱性が強く、肝・腎・脾・胃に帰経(きけい)する。まず胃を温めて嘔気や嘔吐を止める。次に肝を温めて上逆を下ろし(降逆)、正常化する。そして腎を温めて嘔吐と下痢を止める。このように、呉茱萸は一つで幅広い薬効がある。また生姜は臣薬として胃を温め、寒気を散らし(温胃散寒[おんいさんかん])、降逆して嘔吐を止め、君薬の呉茱萸の働きを助ける。

胃気が上逆して下降できないため、脾気も正常な上昇ができなくなっている。そこで人参が佐薬として脾気を補い(補脾益気[ほひえつき])、虚している脾胃の機能の回復を助ける。大棗は使薬として補脾益気しつつ、諸薬の薬性を調和する。さらに人参の作用を助け、生姜との配合により脾胃の機能を調和させる。

以上、呉茱萸湯の効能を「温中補虚(おんちゅうほきょ)、降逆止嘔(こうぎゃくしおう)」という。四味の生薬の相互作用により、胃を温めて胃の機能を補い、濁陰の上逆を解消する。

嘔吐が激しい場合は小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)を合わせ飲む。胃の冷痛が強ければ安中散(あんちゅうさん)を合方する。寒証がみられない場合は茯苓飲(ぷくりょういん)を検討する。

熱性が強いので、熱証を伴う胃痛や呑酸、頭痛などには使わない。

寒熱の弁証が大事である。

こんな患者さんに

〇食欲がなく、少し食べても胃がはります。

無理して食べると吐いてしまいます

寒がりで、おなかと足が冷える。唾液が多く、舌苔が湿っぽい。疲れやすく、元気がない。典型的な胃中虚寒、濁陰上逆証とみて呉茱萸湯を使用。半年ほどですっかり改善した。

嘔吐が激しく、漢方薬一回分の服用が困難な場合は、様子を見ながら少量ずつ服用させる。

 〇月に3~4回片頭痛の発作が起こります。

疲れたときや生理前にひどくなります

発作時は目がくらむような痛みで、ひどいときは手足が冷え、嘔吐し、じっとしていられない。胃に何も入っていないときでも、空えずきし、唾液が出てくる。濁陰上逆証とみて呉茱萸湯を使用。2カ月後には片頭痛発作が月に1回に減り、3カ月後には発作がなくなった。

用語解説

1)脾は五臓の一つで、胃から受け取った清陽を吸収して気・血(けつ)・津液(しんえき)を生成し、それを五臓の肺に持ち上げ(昇清)、全身に輸送する(運化)、脾と胃は密接に連携しており、これを「表裏をなす」関係という。気は人体のあらゆる生理機能を推し進める生命エネルギー、生命力。血は生命活動に必要な栄養である。津液は人体に必要な正常な水液。

2)心は五臓の一つで、心臓を含めた血液循環をつかさどるほかに、精神・意識・思惟など、人の高次の精神活動(神志[しんし])もつかさどる。

3)「本」は根本的な病気の原因、そして「標」は実際に外に現れる症状。

4)五臓の肝には、全身の生理機能が円滑に行われるように調節する機能がある(疏泄[そせつ])。

5)五臓の腎には、水分代謝の調節をする働きがある。嘔吐や下痢は、水分代謝の異常である。

6)帰経とは、それぞれの生薬がどの臓腑や経絡に作用するかを表すものである。これにより、治療の適応範囲が分かる。経絡とは、気・血・津液が体内を運行する通路。

7)この場合の「中」は、中焦つまり体の中心部にある脾胃の機能のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る