menu

痛風でお悩みの方に効果的な5種類の漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ある夜突然、アタックにおそわれる

血液中に尿酸(にょうさん)の量が異常に増える病気である。関節をおかされることが多いので、関節炎の一種のように考えられるが、本態は高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)であり、代謝障害なのである。なお、尿酸は、プリンというタンパク質がからだの中で分解されていく過程で作られ、腎臓から排泄される。

痛風の症状とは

ある夜突然、おもに足の親指のつけねの関節が痛みにおそわれ、真っ赤にはれあがる。そばを人が歩くだけでも、焼け火箸をさしこまれたようなはげしい痛さで、三八~三九度の熱も出る。翌朝になると、痛みも治まり、汗が出て熱も下がっている。夜になると再び発作におそわれる。この状態が四、五日つづく。これが痛風の急性アタックである。ポダグラともいう。

ところが、数か月から一~二年ほどのち、再び同じようなアタックにおそわれる。これを何度かくりかえすうちに、間隔は短くなり、アタックの期間は長くなる。こうなると慢性状態だ。

ふつう足の親指の関節で発作がはじまるが、慢性になると、足の関節、肘・膝・手の関節など、ほかの関節や腱もおかされるようになる。そして、痛風結節といって、患部に特有のしこりができ、それはだんだん大きくなり、関節が変形した り、癒着して動かなくなることもある。

昔からこの病気を帝王病とよぶが、患者の九五パーセントは、四十歳すぎの男性である。美食家や酒飲みの男性は、要注意なのである。

漢方では芍薬甘草湯

最初のアタックがあったら、必ず医師に相談する。現代医学では、痛風発作にコルヒチンという特効薬を用いるが、副作用(はげしい下痢を起こす)も強いので、その使用は医師の指示によらなければならない。漢方では、腎機能を正常化させ、血液中の尿酸をじゅうぶんに排出させるか、体質改善をはかることが可能である。

痛風に効果的な漢方薬

大柴胡湯合桂枝茯苓丸料(だいさいことうごうけいしぶくりょうがんりょう)

かたぶとりの肥満体で、みぞおちから両わきにかけて抵抗と圧痛がある人の痛風に。便秘している場合に用いる。

防已黄耆湯

いわゆる水ぶとりの人に用いる。

鹿茸大補湯(ろくじょうたいほとう)

身体は衰弱し、やせて、皮膚が乾燥しているものに用いる。

芍薬甘草湯

アタックのさいの痛み止めに。体力の強い・弱いにはあまり関係なく用いてよい。

芍薬甘草附子湯

虚証の人の痛み止めに。

大切なのは食生活の管理

発作を起こしていなくても、患者は高尿酸血症の状態にある。できるだけ、尿酸量を下げなければならない。尿酸を作るプリン体は、動物性の食品に多く、とくにレバーに大量に含まれる。

したがって、レバーは厳禁である。動物性のタンパク質は、せいぜい卵・牛乳・チーズ程度にし、タンパク質は植物性の、たとえば大豆や大豆製品にたよるようにする。このさい、いっそのこと、玄米菜食を採用したらいかがだろう。

アルコール類にも、血液を酸性化し、尿酸の結晶を生じさせる作用があるから、これまた厳禁である。帝王病とよばれるのも、こうした食品と関係があるからだし、最近、日本でも痛風患者が増えているのは、食生活の湿疹・じんましん・皮膚炎・みずむし・いんきん・しらくもなどでは、皮膚のかゆさとともに、必ず皮膚になんらかの反応があらわれる。「湿疹」「じんましん」「みずむし」については、それぞれの項目を参照。

問題になるのは、皮膚にこれといった変化がない場合である。糖尿病・萎縮腎(いしゅくじん)・皮膚搔痒症(ひふそうようしょうを)・欧風化によるものだ。

なお、発作時には、局所温湿布したり、温浴すると、痛みはある程度やわらぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る