menu

腫れや痛みに排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)は膿のある腫れや痛みによく使われます」

処方のポイント

排膿作用の桔梗・甘草を中心に、消化器を保護し賦活する生姜・大棗·甘草の構造と、止痛効果の芍薬甘草湯の構成を合わせもつ。

膿のある腫れや痛み等に適応する。甘苦味。

排膿散及湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

患部が発赤、腫脹して疼痛を伴った化膿症、瘍、癤、面疔、その他癤腫症。

漢方的適応病態

化膿性疾患。

排膿散及湯の組成や効能について

組成

桔梗5枳実3芍薬3生甘草3大棗3生姜1

効能

理気和血・排膿

主治

化膿不通

◎化膿不通:化膿物が充分に排出されない状態を示す。

解説

排膿散及湯は吉益東洞が險匱要略』の「排膿故」と「排膿湯」を合方した処方である。排膿作用によって、排出不充分な膿を外に破出することができる。

適応症状

◇皮膚腫痛

熱毒の邪気が侵入して局部の気血の流れを阻滞すると、肉が腐り壅滞して膿が形成される。局部が腫れて「不通則痛」となり痛みがおこる。

◇苔薄

全身症状は進行していないので、苔質に変化はみられない。

◇脈滑

膿が存在するときは滑脈が現れることがある。脈の変化がないときもある。

排膿散及湯はすべて穏やかな生薬によって組成されている。

桔梗は「排膿散」にも「排膿湯」にも配合されている排膿薬で、本方の主薬である。薬性は平で排膿作用が優れ、内癰(臓腑の癰証)と外癰(皮膚の癰証)の双方に用いることができる。枳実の作用は理気よりむしろ破気(気滞を強く破る)に近く、局部の腫れた症状を治療する。また化痰作用によって桔梗を補佐し、膿をすみやかに外へ排除する。芍薬は性質の穏やかな養血和血薬で、緩急止痛作用によって局部の疼痛をしずめる。皮膚腫脹(気滞・血瘀)の症状に対しては理気薬(枳実)と、血分薬(芍薬)の配合が効を奏する。生甘草は清熱解毒し、胃気を保護する作用がある。大棗は陰薬であり、生姜は陽薬で2薬の配合によって陰陽・気血を調和し、正気を助けることができる。

臨味応用

◇皮膚の化膿疾患

各種の皮膚の化膿疾患に用いられる、例えば癱、癤、にきび、淋巴腺炎、蜂窩織炎、扁桃腺炎、歯槽膿漏、麦粒腫などの初期に用いられる。全身症状が軽く、皮膚がやや赤く腫れる、疼痛をともなう場合に適している。本処方の主作用は排膿にあり、清熱解毒作用は弱い。

◎局部の熱感や腫れがひどいなど、熱毒が強いとき+「黄連解毒湯」(清熱解毒)

◇臟腑癰証

肺癰(肺膿瘍)、腸癰(虫垂炎など)、乳癰(乳腺炎)などの補助治療に用いる。作用が軽いので初期症状に用いる。

◎発熱舌紅、苔黄のとき+「黄連解毒湯」(清熱解毒)

◎腹痛発熱、便秘のとき+「大黄牡丹皮湯」(清熱涼血・排膿通便)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る