menu

頭痛、四肢の冷え、悪心嘔吐に半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「半夏白朮天麻湯は消化機能を亢進し、めまいや悪心嘔吐にも効果的です」

処方のポイント

痰を除き嘔吐を抑える半夏、めまいやふらつきに効能がある天麻、消化墨機能を亢進する六君子湯成分や黄耆、消化器を温める乾姜生姜、利水作用の沢瀉・黄柏等で構成。頭痛、四肢の冷え、悪心嘔吐、ふらつき等の症状に適応。胸部閉塞感や頭重感にも。甘辛味。

半夏白朮天麻湯が適用となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛などがある者。

漢方的適応病態

脾気虚の痰濁上擾。すなわち、頭がふらつく、頭が重くはる、目がくらむ、甚だしければ回転性のめまい発作で立っていられない、悪心、嘔吐などの痰濁上擾の症状に、食欲不振、元気がない、疲れやすい、胸腹部が脹って苦しい、泥状~水様便などの脾気虚の症状を伴う。舌質は淡泊、舌苔は白賦。脈は滑。

〇より深い理解のために

上擾とは、ノボリ乱すこと。また、痰飲のうちで身体上部の失調症状を呈するものを、特に痰濁というようである。

組成や効能について

組成

半夏6陳皮6茯苓3白朮3人参3黄耆3天麻3沢瀉3乾荬1生姜3麦芽6黄柏1

効能

化痰健脾

主治

痰飲頭痛

〇化痰健脾:痰湿を除去すると同時に、脾の水湿運化の機能を回復させ、痰湿が生まれないようにする治法である。

痰飲=痰水=痰湿=痰濁:厳密に分けると、痰水より濃いものを痰湿といい、痰湿より濃いものを痰濁という。逆にうすいものを水飲、水湿というが、総称して痰飲という。

〇痰飲頭痛:痰飲の邪が上昇して頭(清陽の集まる竅)を乱すと頭痛が出現する。痰が多い、苔が厚い、脈滑などの痰飲症状をともなうことが多い。

解説

半夏白朮天麻湯の出典は李東垣の『脾胃論』で痰飲による頭痛を主に治療する処方である。中国では痰飲による眩暈には『医学心悟』の「半夏白朮天麻湯」(半夏、白朮天麻茯苓、甘草)を使用することが多い。

適応症状

◇顧痛・眩暈

脾が虚して運化機能が低下すると、水湿が停滞して痰が生まれる。この痰飲が上逆し、「清陽の竅」である頭部を乱すと頭痛や眩暈が現れる。眩暈は「無痰不作眩」(痰がなければ眩暈は出ない)とあるように、痰飲に起因することが多い。

◇胸胃痞悶

痰飲が胸部と胃に停滞している症状である。痰飲が気の流れを留め、気が滞ると痞悶症状が出現する。痞悶とは塞がれた不快感をいう。

◇悪心・嘔吐

胃に滞った痰湿が胃気と一緒に上逆する症状である。

◇食欲不振

「脾は湿を悪む」臓腑である。痰湿が脾を覆うと運化機能がさらに低下し、食欲がなくなる。

◇舌苔白膩

痰湿は陰邪であり、これが熱化していなければ苔は白を呈する。舌苔は痰濁(痰湿)の量に比例して厚くなる。

◇脈弦滑

滑脈は痰湿を示す。郖痛が強いときには弦脈がみられることもある。

半夏白朮天麻湯は「二陳湯」と「四君子湯」を基本方剤としている。「二陳湯」は半夏と陳皮が主となって痰湿を除去し、「四君子湯」は「痰湿を生む源」である脾胃の運化機能を増強する。黄耆は利水できる健脾益気薬で、「四君子湯」の補益作用を増強する。甘味の強い甘草は痰湿には不適なので「四君子湯1から除いてある。天麻は別名「定風草」といい、眩暈の専門薬で、熄風して眩暈を止め、頭痛を治療する。風は動を主り、眩暈を増悪させる要因なので、強い眩暈には熄風薬を配合することが多い。沢瀉は優れた利水作用によって、﨓と一緒に上部の痰飲を下(尿)から除去する。沢瀉と白尤は「沢瀉湯1の組成であり、痰飲に起因する眩暈の軽症に使われる。生姜と乾姜は半夏の化痰作用を増強する。さらに生姜は止嘔作用を有し、乾姜の温性は痰湿を取り除くことができる。炒った麦芽は健脾作用をもち、香ばしい香りで食欲不振を改善する消食薬(消化薬)である。黄柏は清熱薬で方船体の薬性(温性)と反しているが、痰湿が鬱して熱に変わることを防ぐ。また降、燥の性質によって、上部の邪気を下降し、湿邪を乾燥させ頭部の諸症状を改善できる。

臨床応用

◇頨痛・眩暈

痰が多い、胸胃痞悶、苔白膩、脈滑など、痰濁の上逆によって生じた頭痛と眩暈を治療する主方である。臨床ではメニエール症候群、各種の頭痛に用いる。

頭痛がひどいとき+「川芎茶調散」(去風止痛)

血虚をともなうとき+「四物湯」(補血)

全体の薬性が温性であり、肝陽を上昇させる心配があるため、肝陽上亢による頭痛、眩暈(例えば高血圧の一部)に用いてはならない。

◇脾胃虚弱

健脾薬が配合されているので疲労、眩暈、食欲不振、悪心、下痢しやすいなど、湿がからんだ脾胃虚弱の症状に使用できる。例えば痰飲が多い慢性胃腸炎、胃下垂などの疾患に適している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る