menu

血尿や排尿(はいにょう)時に痛む場合に効果的な漢方薬4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いずれの場合もすぐ医師の診察を

尿が出るときに痛む、あるいは血尿が出るというのは、どんな場合でもまともではない。すぐ石の診察を受けるべきだろう。

考えられる病気

排尿時の痛みでは、まず膀胱炎が疑える。これは尿が近く、出終わるころとくに痛む。尿道のかゆみ・不快感からはじまり、痛みに移っていく場合は、細菌性の尿道炎が考えられる。そのほか、尿路結石・前立腺肥大症・前立腺ガン・淋病(りんびょう)でも、排尿時に痛みがある。

血尿が出る場合では、腎炎・腎盂炎(じんうえん)などの腎臓疾患があるが、ふつう痛みはない。膀胱炎では排尿痛をともなう。結石による血尿では、それぞれの部位に痛みを感じ、たとえば腎臓結石では、わき腹・下腹の痛みがある。泌尿器の腫瘍でも血尿をみるが、初期は痛みがなく、痛むようなことがあれば末期である。

漢方で排尿痛・血尿に用いる処方

猪苓湯

尿は近いが、出はわるく、排尿痛もともなうものに。血尿の場合は、倍量にする。

桂枝茯苓丸

下腹部から尿道にかけて痛みがあり、便秘がなく軽症のもの。血尿でも可。便秘があれば、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)と桃核承気湯の三方合方。

四物湯(しもつとう)

血尿がつづいて、貧血の傾向があるときに、猪苓湯と合方にして用いる。

芎帰膠艾湯

血尿がつづいて、やや衰弱ぎみの女性によいことがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る