menu

蕁麻疹が出る場合に選ぶ漢方薬4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アレルギー反応のひとつ

はげしいかゆみとともに、皮膚に赤いみみずばれのような発疹(ほっしん)が急に広がり、数分から数時間、ときには数日間もつづき、その後はあともなく消

えてしまうのが、蕁麻疹である。全身のどこにでもでき、発疹の大きさや形はさまざまだが、できるとすると同じ場所に出現する。

蕁麻疹の原因

アレルギー反応のひとつである。食物ではサバ・マグロ・カニ・エビ・貝類・牛乳など、特定のものを食べるとできる人が多い。また、薬品や合成繊維、冷たい空気や水、蚊やのみに刺された場合などの刺激で起こることもある。神経性の蕁麻疹もある。

家庭治療

原因がわかっている場合は、これを遠ざける。もし誤ってアレルギーを起こす食品を食べてしまったら、応急処置として下剤を服む。

漢方では一般的に桂麻各半湯を

「湿疹が出る」で紹介した薬方のうち、葛根湯・十味敗毒湯・八味丸などを、それぞれの目標にあわせて使用してもかまわない。

蕁麻疹に効く漢方薬

桂麻各半湯

発疹が出て、かゆみが強く、熱も多少あるようなときに、 一般的に用いる。

香蘇散

魚を食べたあとに出るものに効く。

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)

蕁麻疹を起こしそうな食品を誤って食べてしまった場合の、下剤として用いる。

小柴胡湯

体力は中程度くらい、胃部がかたく張って苦しいが、便秘していないものによい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る