menu

疲れやすい、食欲不振、浅い呼吸に補中盃気湯(ほちゅうえっきとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「補中盃気湯は消化器と呼吸器を同時に力づけます。胃下垂にも有効です」

処方のポイント

消化器、呼吸器機能を亢進する黄耆、人参、白朮(あるいは蒼朮)・甘草(参考:四君子湯、血液を補う当帰、内臓下垂症に対応する柴胡、升麻、消化器活性の陳皮、生姜、大棗。甘草で構成。疲れやすい、食欲不振、浅い呼吸、内臓下垂等に。甘辛味で、温服が効果的。

補中盃気湯が適応となる病名·病態

保険適応病名・病態

効能または効果

消化機能が衰え、四肢倦怠感著しい虚弱体質者の次の諸症:夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症。

漢方的適応病態:脾胃気虚の次の症候

1)中気下陥.清陽不升。すなわち、元気がない、疲れやすい、四肢がだるい、動作がおっくうである、立ちくらみ、頭の鈍痛、眠くなる(特に食後)、頭がボーッとする、汗をかきやすい、息ぎれ、便秘あるいは泥状~水様便などの症候、あるいは胃アトニー、遊走腎、脱肛、子宮脱、ヘルニアなど。

2)脾不統血(気不摂血)。すなわち、脾胃気虚の症候とともに生じる少量かつ間欠的に持続する出血で、下半身や皮下の出血が多い。婦人では月経周期の短縮や過多月経が生じ、経血はうすいことが多い。

3)気虚の発熱。すなわち、慢性に繰り返す微熱で精神的、肉体的疲労に伴って発生する。頭痛、悪寒、自汗などがみられることもある。

補中盃気湯の組成や効能について

組成

黄耆15炙甘草5人参10白朮10陳皮6升麻3柴胡3当帰10生姜3大棗3

効能

補中益気・昇陽

主治

脾胃気虚・中気下陥

〇補中益気・昇陽:中焦脾胃の陽気を補益しながら、下陥した陽気を上昇させる治法である。

〇中気下陥:中焦脾の陽気は上昇するのが通常であるが、これが下方へ落ち込む病証をいう。

解説

補中盃気湯の出典は李東垣の『脾胃論』で、中焦脾胃の虚弱と中気不足による下陥の諸症状を治療する処方である。

適応症状

◇疲労倦怠感

脾は四肢・筋肉を主る。飲食の不節制あるいは過度の疲労により、脾気が損傷し、脾の運化機能が低下すると、栄養のある水穀精微の生成が少なくなり、知血も減少してしまう。その結果、脾姓っている四肢、筋肉に疲労倦怠感が現れる。

◇息ぎれ・声が小さい

五行学説からみた場合、脾(土)の気が虚すと子臓である肺(金)の気も虚してくる。肺の「気を主副機能が低下すると、息ぎれが現れる。肺の発声を主る機能が低下すると、声は低く、ボソボソと小声で喋るようになる。

◇食欲不振

脾の運化機能が減退した、脾気虚の主症状である。

◇自汗

昼間、動かなくても汗がジワジワ出る症状を示す。気が虚して、固摂機能が減退したため、津液は固渋されず体外へ洩れ出る症状である。

◇眩暈・頭痛

脾の清陽が上昇できず、脳の栄養が不足する症状である、強い眩暈、頭痛ではなく、疲労時に出やすいのが特徴である。

◇発熱

①脾の運化機能が低下して水湿が停滞し鬱すると、熱化する。あるいは水温の邪気が体内の陽気を塞ぎ、陽気が鬱して発熱する場合もある。陽気の不足に起因する代償機能の現れであるとの考え方もある。

②「気は血を生む」とされるが、脾気虚のため心の血も不足し、心火が上昇して発熱の症状が生じる。

◇内臓下垂(胃下垂・子宮下垂・脱肛など)

脾の昇清機能が減退したため、内臓を正常な位置に紺守することができない症状である。

◇下痢

脾の陽気が下陥すると、長期的な下痢がおこる。

◇舌淡・苔白

気虚を示す淡い舌質と、病証が寒に偏っていることを示す白苔がみられる。水湿が体内に停滞したときには白苔がやや厚くなる。

◇脈弱無力

気虚のため鼓動の機能が低下し、無力の弱い脈が現れる。

補中盃気湯は補気薬と昇提薬によって組成されている。黄耆、人参、炙甘草白朮は補気薬である、黄耆は陽気を昇させる作用を有し、補中盃気湯の主薬であり、使用量も多い。脾胃の陽気を補いながら、体表の肺気衛気を増強し、自汗に対して効果がある。人参は脾胃の気を補う効能が強く、黄耆の補気作用を増強する。甘草は炙したものにより、薬性を温に変え、補益作用を果している。白朮は益気燥湿の作用がある。「脾は湿を嫌う」ので、燥湿作用がある白朮を用いることにより、脾気の運化機能を増強し、水湿を除去することができる。陳皮は理気薬である。その芳香性により、停滞している中焦の脾気を通じさせ、脾胃の運化機能を増強させる。大量の補益薬に若干の理気薬を配合すると補益の効能が高められる。血分薬の当帰は、気虚によっておこりやすい血虚に対するものであり、これによって、気血の調和をはかることができる。升麻と柴胡は、下陥した陽気をひき上げる昇提薬といわれている。生姜、大棗の配合によって、胃気を調和する。

臨床応用

◇脾胃気虛

慢性虚労症病後の回復期、術後の回復期、慢性胃腸炎などで脾胃の気虛が著しい症状に適している。

〇顔色が白い、動悸、不眠(陰血不足)のとき+「四物湯」(養血和血)

                        または+「人参養栄湯」(益気養血)

〇慢性の下痢で、利湿作用を増強したいとき+「胃苓湯」(燥湿利水)

〇慢性胃腸炎で疼痛があるとき+「四逆散」(疏肝理気・止痛)

◇内臓下垂

中国では、内臓下垂(胃下垂、子宮下垂、腎下垂、脱肛など)に、補中盃気湯と枳殼(15~30g)、あるいは枳実を併用することが多い。特に脾胃虚弱の症状がみられる場合に適する。出産直後に補中盃気湯を服用すると子宮下垂を予防できる。

◇神経衰弱

陽気の不足による神経衰弱(眩暈、頭痛、自汗、脱力感)に用いる。

〇痰が多く、苔が厚い(痰濁)とき+「竹茹温胆湯」(清熱化痰)

                または+「半夏白朮天麻湯」(化痰健脾)

〇汗が多いとき+「柴胡加竜骨牡蛎湯」(淸肝収斂、安神)

〇不眠不安などをともなうとき+「酸棗仁湯丨(清熱安神)

◇慢性気管支炎

「脾は生痰の源」といわれ脾気が虚すと、痰湿が多くなって脾の子臓である肺の症状が悪化することが多い。本方は疲労倦怠感自汗、息ぎれなど、牌肺気虚の症状をともなう気管支炎に適している。

〇咳嗽、痰の症状が強いとき+「二陳湯(燥湿化痰)

              または+「清肺湯」(清肺、止咳化痰)

◇気虚発熱

内傷による発熱の一種で、特に慢性発熱、病後の発熱に用いることが多い。脾胃の虚弱症状をともなう発熱に補中盃気湯を試す価値がある。これはいわゆる「甘温除熱法(甘温薬で気虚に起因する発熱を除く方法)」である。

口渇、便秘、尿黄、舌紅、苔黄などがみられる熱性の発熱に用いてはならない。

◇習慣性流産

中気不足による習慣性の流産に用いる。「八味地黄丸|などで先天の腎気を補い、「補中益気湯」で後天の脾気を増強すれば、胎児の安定した生長がえられる。

〇子宮出血のとき+「芎帰膠艾湯」(養血止血)

注意事項

補中盃気湯は使いやすい方剤であるが温性なので陰虛火旺証に用いてはならない。

消化吸収機能のバックアップで気を補いシャキッとさせる

いまはモノが豊かになり、何でも簡単に手に入る。食べ物にしても街角のコンビニに行けば深夜や早朝でもお弁当やおにぎり、菓子パンなどが容易に入手できる。一見便利な食の環境だが、この環境が胃腸機能を弱めている。食習慣の崩壊や暴飲暴食に輪をかけて、ストレスや不安、さらに過労や睡眠不足が重なって、現代人の胃腸は相当疲れ果てているのが現状である。

体が食べた物からできている以上、胃腸機能を健全に保つことは健康の基礎である。実際、様々な病気の根本に消化器系の不調があることが多い。そんなときに出番となるのが補中益気湯である。

どんな人に効きますか

補中益気湯の「中」は中焦(ちゅうしょう)、つまり体の中央部分、脾胃(ひい)の機能を指す。脾胃は消化吸収機能をつかさどる臓腑である。補中益気湯は、この中焦の働きをバックアップして気を補う処方である。補中益気湯が適応する証は主に3つある。1つ目は「脾胃気虚(ひいききょ)」証。消化吸収機能が低く、食べた物が体のエネルギーにならない体質である。食が細く、体、とりわけ四肢がだるい。疲労倦怠感が強く、声に力がない。息切れをしやすい。食後に眠くなる。便は軟らかいか、あるいは腸管の弛緩により便秘になる場合もある。

2つ目は「気虚下陥(ききょげかん)」証。気虚であるために内臓を引き締めて定位置に保つ力が弱く、また必要なものが漏れ出やすい。胃下垂、脱肛、ヘルニア、子宮下垂や子宮脱、月経過多、不正出血、立ちくらみ、発汗、慢性的な下痢などの症状がみられる。

3つ目は「気虚発熟」証。体力が低下して熱の発散がうまく機能せず熱が体内にこもって浮いてくる、微熱、ほてり、発汗などの症状が現れる。喉は渇くが、冷たいものより温かい飲み物を好むことが多い。疲れたときに症状が悪化しやすい。

補中益気湯は、胃腸がくたびれて体の力が抜け、手足や内臓が下に垂れ下がっているような人に効く。従って低血圧や起立性調節障害、自律神経失調症、頭痛、慢性胃炎、慢性肝炎、遊走腎、不妊症、性機能障害などにも有効である。かぜを引きやすい、めまい、眼精疲労、口内炎、手足のしびれがある人にもよい。病中病後や手術前後、妊娠中や産後の体力保持、あるいは老化防止にも適している。

どんな処方ですか

補中益気湯は、黄耆(おうぎ)、人参、甘草、白朮(びゃくじゅつ)、陳皮、当帰、升麻(しょうま)、柴胡、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)の十味からなる。君薬は黄耆であり、中焦を補い、体表を固めて補気升陽(ほきしょうよう)する。補気升陽は気虚下陥証を改善する働きをいい、まさに黄耆はこの処方の中心的な存在として君臨する。臣薬は、人参、甘草、白朮の三薬で、気を補い、脾の機能を高める。さらに黄耆との組み合わせで補中益気の効能を強める。佐薬は、当帰と陳皮。当帰は気とともに失われる血を補って、また陳皮は気の流れを滑らかにして諸生薬の働きを助ける。胃の働きを高める作用もある。升麻と柴胡は少量だと升陽作用があり、中焦で君薬を助ける佐使薬となる。そして甘草、大棗、生姜は使薬として健脾しつつ諸生薬の調和を図る気虚発熱に対しては、この処方の甘温(かんおん)の性味(せいみ)を持つ生薬に熱を冷ましてくれる働きがある。

以上、この補中益気湯の効能を「補中益気、升陽挙陥(しょうようきよかん)、甘温除熱」という。

黄耆と人参は補気の最強コンビである半夏白朮天麻湯や清心蓮子飲にも配合されている。このコンビに当帰を加えると、ますます強力な補気補血作用を発揮する。帰脾湯、十全大補湯、人参養栄湯、当帰湯、清暑益気湯などの補剤に含まれる。気と血は「気は血の帥(すい)、血は気の母」という関係にあり、気が弱まれば血が失われ、血が不足すれば気が衰える。従って気血ともに補うことにより薬効が高まる。また升麻と柴胡の組み合わせは升陽の力を持ち、脱肛や痔に使われる乙字湯にも見られる。

気を補うというと、中身の減った鍋に上からドボドボとスープを注ぎ足すようなイメージもあるが、この処方は力なく垂れ下がった元気を下から持ち上げてシャキッとさせるものである。

補中益気湯は、12~14世紀の中国、金、元の時代に活躍した金元四大家の一人、李東垣(りとうえん)が編み出した処方である。『脾胃論(ひいろん)』の中にあり、もっぱら脾胃を補って元気をつけることが治療の根本であるという考えを形にしたものである。

この補中益気の考え方こそ医の王道であるとされたことから、補中益気湯は医王湯(いおうとう)とも呼ばれる。約800年も昔の話であるが、今でも、誠に使う機会が多い処方である。

こんな患者さんに

昔から血圧が低く、朝が苦手で日中もよくめまいやふらつきが起こります。頭重感も日常的です。

この前は通勤電車でめまいがして血の気が引き、しゃがみ込んでしまいました。

25歳の痩せ形の女性。疲れやすく、胃弱で食欲はあまりない。冷え症で手足が冷たい。階段を急に上ると動悸や息切れもする。

この女性は気虚下陥証である。血液を頭部まで持ち上げる力が弱っている。補中益気湯を服用し、2カ月ほどでめまいや頭重感から解放された。血圧も改善されつつあり、さらに元気になって体重を増やしたいとのことで、引き続き補中益気湯を服用している。

このところ微熱が下がらず困っています。

体温を測ると37℃前後です。

体がだるくてすぐに疲れてしまいます

首筋から後頭部にかけて熱っぽく感じる。目のかすみや乾燥、口や喉、鼻の奥の渇きを感じる。胃が重く、食欲があまりない。舌は淡紅こういう状態が1年以上続いている。

この人は気虚発熱証である。脾胃気虚で熱が体内にこもって上昇し、微熱、喉の渇きなどの症状が生じている。補中益気湯を6カ月服用して諸症状が緩和した。

慢性的な微熱に悩む人は意外と多い。耳鳴りや鼻炎を伴う場合もある。いずれも頭部の熱証の症状である。熱証が強ければ、ほんの少量、黄連解毒湯や白虎湯を組み合わせてもいい。

なお、気虚発熱は陰虚発熱と間違えやすい。陰虚発熱は、熱を冷ます陰液が不足して浮いてくる熱なので、手足のほてりや寝汗などの症状が現れる。

用語解説

1)五臓六腑を臓腑という。臓は心、肺、脾、肝、腎の5つあり、気や血を生成したり貯蔵したりする。腑は小腸・大腸、胃、胆。膀胱、三焦の6つあり、飲食物を消化、吸収・排泄する器官である。このうち脾と胃は協調して飲食物の消化、吸収、代謝などをつかさどる。

2)気には推動、温煦(おん)・防御。固摂・気化作用という5つの機能があり、このうち固摂作用が弱ると体がゆるみ、必要なものが漏れ出し、臓器が重力に負けて垂れ下がることになる。アトニー体質と深い関係にある。

3)この証の場合、体力が衰えて熱が出ているので、かぜ薬や抗菌薬を用いると胃腸を弱らせて事態を悪化させることになりかねない。

4)金、元の時代は戦乱が多く、食生活は乱れ、人民は疲弊していたという。そういう時代にこそ脾胃の機能を高めてまず体調を立て直すことが大事であった。なお、この時代の中国医学は日本に伝えられ、後世派と呼ばれ日本漢方の大きな流派の一つの拠り所となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る