menu

赤みの強い湿疹に治頭瘡一方(ちづそういっぽう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「治頭瘡一方は赤みの強い湿疹によく使われます。便が少しゆるくなるので注意」

処方のポイント

皮膚の熱を下げ解毒する荊芥・連翹・忍冬・防風、熱を体外排出する大黄、血行阻害物質の排除に働く川芎、紅花、消化器を保護する甘草、水分の滞りを除く蒼朮で構成。過剰な熱と血行阻害物質を便通により体外排出するため、便がゆるくなる。赤みのある湿疹に適応。甘辛味。

治頭瘡一方が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

湿疹、くさ、乳幼児の湿疹。

漢方的適応病態

風湿熱の皮疹。すなわち、かゆみ、発赤、熱感、化膿傾向、水疱や滲出物などがみられ、舌質は紅、舌苔は黄脈数。

治頭瘡一方の組成や効能について

組成

連翹3.5忍冬藤2荊芥1防風2蒼朮3紅花0.5川芎3大黄0.5~1生甘草0.5

効能

去風燥湿・和血解毒

主治

風温の侵入・熱毒内蘊

解説

治頭瘡一方は日本の経験方で、胎毒によって生じる小児頭瘡などに用いる処方である、川芎も大黄も大きいものを用いた方が効果が高いことから「大芎黄湯」の別名がある。

適応症状

◇頭瘡

頭部に発生する湿熱瘡蜥瘡などで、化膿傾向をもつ皮疹、湿疹などに相当する。風熱相搏(風邪と熱邪が一体となって侵入する)、湿熱相蒸(湿邪と熱邪が上に燻蒸する)、熱毒内蘊(体内に毒が潜伏する)によって邪気が経絡を塞ぎ、局部の気血が凝滞して発症する。小児ばかりでなく大人にも頭瘡が生じることがある。

◇皮膚紅潮・滲出物・瘙痒

体内に熱毒や湿毒カ洊在するため、熱盛の皮膚紅潮、湿盛の滲出物がみられる。湿熱が皮膚、筋肉に潜伏することによって瘙痒感がおこる。風邪が存在する場合はさらに瘙痒感が強くなる。

◇舌紅・苔薄膩

紅舌は熱を示し、膩苔は湿を示す舌象である。

◇脈数

病症の性質が熱であることを示している。

治頭瘡一方は去風薬を多く配合し、上部に侵入した風熱の邪気を発散し、皮膚掻痒感を治療する。連翹と忍冬藤はともに清熱作用があり、連翹は瘡治療の主薬である。忍冬藤は金銀花の茎で優れた通利作用をもち、邪気に塞がれた経絡を通じさせる。蒼朮は強い燥湿欄をもっており、体内の湿邪を乾燥させる。防風と荊芥は使用範囲の広い去風薬で、風邪による搔痒感に用いる。川芎と紅花は活血薬である。川芎は上部に向かう性質をもっており、紅花とともに凝滞している気血を動かす。大黄は瀉下薬に属し、川芎、紅花の活血化瘀作用を補佐しながら、通便瀉火の作用によって体内の熱毒を下から排出する。本方を長期にわたって服用する場合は、大黄を除くこともある。

臨床応用

◇皮膚疾患

風熱。湿毒による頭瘡、湿疹に用いる。清熱解毒の作用より去風操湿の作用が強いので、皮膚がやや紅潮、滲出物が多い、水疱、搔痒感が強いなどの湿邪、風・風邪がい症状に適している。大黄が配合されているため、便秘をともなうときに用いやすい。

 脂漏性皮膚炎に+「柴胡清肝湯」(清肝解毒)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る