menu

穏やかに便通を通し、便秘に効く潤腸湯(じゅんちょうとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「潤腸湯は腸管を潤しながら、やさしく便通を通します」

処方のポイント

血液を補い腸管を潤す地黄・当帰、瀉下作用の大黄、油分で腸管を潤す杏仁。桃仁、麻子仁、排便力を高める枳実、厚朴、解熱作用の黄芩、消化器を保護する甘草で構成。腸管を潤しながら穏やかに便通を通し、体力のない人の便秘等に適応する。甘苦味で、温服が効果的。

潤腸湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

便秘

漢方的適応病態

血虚・陰虛の便秘。すなわち、口が渇く、咽の乾燥、午後の熱感、手の平や足の裏のほてり、盗汗、痩せるなどの陰虚の症候に、兎糞状の便や便秘を伴うもの。皮膚の枯燥を認めることが多い。

潤腸湯の組成や効能について

組成

地黄6当帰3黄芩2枳実2杏仁2厚朴2大黄2桃仁2甘草1.5麻子仁2

効能

養血・潤腸・清熱通便

主治

血虚・腸燥便秘

解説

潤腸湯は養血・淸熱・瀉下の作用があり、血虚により潤いを失った腸燥便秘に適している。

適応症状

◇便秘

全身の血虚によって、腸の潤いが失われて現れる症状である。一般的な便秘ではなく慢性的なもので、便が乾燥して排便しにくいことが特徴である。

◇顔色が黄色くつやがない

体内の陰血力不足して、顔面に栄養を提供できないために生じる症状である。

◇眩暈

血虚のため脳への栄養供給が不足しておこる症状を指す虚性の眩暈である。

◇舌淡

血虚を示す舌象である。

◇脈細

血が脈を充満できずに細脈がみられる。

潤腸湯は「麻子仁丸」から芍薬を除いて、生地黄・当帰・桃仁・黄芩を加味した処方である。生地黄と当帰は滋陰養血の代表的な生薬である。当帰には潤腸通便の作用もあり、便秘に効能がある。本方には養血の麻子仁、活血の桃仁降気の杏仁など種子の薬物が多く配合されている。これらは直接腸を潤し、乾燥している便を降下させる。枳実・厚朴・大黄は「小承気湯」の組成で、潤腸薬との配合によって瀉下作用はさらに増強される。陰血の不足は口渇、ほてりなどの熱症状を生じることがある。また、燥便の停滞によって腸管が熟化することも多い。これらの症状に対しては大黄の泄熱作用と黄芩の清熱作開が効奏する。

臨床応用

◇便秘

潤腸湯中には養血薬が多く配合されているので、顔につやがない、眩暈、動悸など血虚の症状をともなう便秘に適している。特に女性の月経期間中の便秘、あるいは産後の血虛便秘に用いることが多い顕著な血虚症状がなくても、長期にわたる便秘、体力のない習慣性便秘に用いることができる。日本では、高血圧症の便秘に用いることが多い。肝血を養う生地黄・当帰、および肝熱を清する黄芩・大黄の配合があるためであろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る