menu

各種臓器の機能低下症状に十全大補湯(じゅうぜんたいぼとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「十全大補湯は消化器、呼吸器、血液を総合的に補強します」

処方のポイント

消化器、呼吸器を補強する四君子湯と血液を補強する四物湯を合わせた処方に、からだを温める桂皮、消化器機能を亢進する黄耆を加えたもの。からだ全体をまんべんなく補強し、各種臓器の機能低下症状に適応する。甘味で、温服が効果的。

十全大補湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血。

漢方的適応病態

気血両虚。すなわち、元気がない、気力がない、疲れやすい、倦怠無力感、食欲不振、軟便~泥状便などの気虚の症候と、顔色が悪い、皮膚につやがない、頭がふらつく、目がかすむ、四肢のしびれ感、筋肉のひきつりなどの血虚の症候がみられるもの。

十全大補湯の組成や効能について

組成

人参6白朮6黄耆9炙甘草3茯苓6熟地黄9当㷌6芍薬6川芎3肉桂3

効能

温補気血

主治

気血両虚

〇温補気血:温の薬性によって、気血を温め補う治法である

解説

十全大補湯は補気補血の代表処方であり、男女を問わず種々の虚証に用いられる。

適応症状

◇疲労倦怠感

気虛のため推動機能が低下すると、陽気が四肢に分布できないために現れる症状である。

◇食欲不振

脾の気虚により、運化機能が低下した症状である。

◇面色萎黄

気血の不足(特に血虚)のため顔に栄養、滋潤を与えることができない症状である。

◇微熱

気血の不足による微熱で、疲れたときに発症することが多い。微熱のない場合もある。

◇眩暈

気血が頭部に上昇できず、栄養分が不足した症状である。虚性の眩暈である。

◇動悸

心気虚により血脈を主る機能が減退したり、心血虚により神明を蔵する機能が減退すると、ドキドキする症状と不安感が出現する。できなくなって腰痛が現れる。

◇舌淡・苔薄白

淡舌は気血両虛を示し、薄白苔は熱邪が存在しないこと、病気の性質が寒であることを示す。

◇脈細弱無力

血虛を示す細脈と、気虚を示す弱脈がみられる、気が脈管中の物質を推動できなくなると、無力の脈になる。

十全大補湯は「四君子湯」と「四物湯」を合方し、さらに黄耆と肉桂を配合した処方である。「四君子湯」と黄耆は不足している陽気を補う。特に人参と黄耆は補気作用に優れ効果の現れ方も早い。白朮と茯苓は利湿作用によって水湿の生成を防ぎながら、脾気の運化機能を改善できる。「四物湯」は補血調血の基本方剤で血虚による諸症状に用いられる。中でも熟地黄は滋陰補血作用に優れており、特に基礎となる腎陰を補うことができるので、養血活血の当帰、芍薬、川芎とともに腰痛などの症状を改善することができる。「四物湯」は陰血を補いながら、血の停滞を防ぐ調血(軽い活血作用)作用を兼備しているので、瘀血の発生を防止する働きも担っている。肉桂は腎陽を温補して、陽気不足によって生じる寒の症状を除去する。また急いで気血を補う必要のあるときは、肉桂の配合によって方剤の温性を増強できる0肉桂は他の薬と一緒に長く煎じると、薬効成分が夫われるので、湯液を煎じ終わる5~10分前に入れる(後煎)ようにする。

臨床応用

◇気血両虚証

気血の虚証(貧血・眩暈・病後・術後の回復期など)に用いられ、「人参養栄湯」と同様、気血を補う効能がある。「十全大補湯」は気血を温補し薬性が温なので、冷え、腰痛などの寒症状をともなうときに多く用いる。「人参養栄湯」は気血の補養と養心安神の効能があるので、不安感などの精神症状をともなうときに用いるとよい。

◇月経不順・不正出血

「四物湯」の配合により、気血不足による月経不順と出血に用いる。出血による貧血傾向がある場合も使用できる。肉桂によって子宮を温めて血脈を温通することもできる。

〇月経痛がひどいとき+「桂枝茯苓丸」(活血化)

〇または+「四逆散」(疏肝理気・止痛)

◇虚性の咳嗽・喘息

十全大補湯には直接咳、喘息を治療する働きはないが慢性虚労性の咳、喘息を補助的に治療することができる。肺気が不足すると、肺の宣発・粛降機能が低下して、咳、喘息がおこる。十全大補湯は肺気を補い、正気を助けることによって、慢性あるいは回椥切の咳に効果が姘寺できる。

〇慢性化した咳を治療するとき+「麦門冬湯」(潤肺益気・止咳)

◇瘡瘍

瘡瘍(皮膚の化膿性疾患)が治りにくく、膿は薄いがスッキリと出きらず、傷口がふさがりにくい場合、十全大補湯の黄耆は排膿、生肌の作用を発揮し、肉桂は陽気を通じさせることができ、疾病の治癒を促進できる。

注意事項

十全大補湯は温補剤なので熱症状がみられる場合は不適当である。

〇気虚と血虚を同時に改善

貧血や慢性疾患、病後の体力回復に

体内を流れる気と血(けつ)とは深い関係にあり、互いに助け合いながら、良好な気血の状態を維持している。従って、一方が不足すると他方も不足しやすく、あるいは片方の流れが悪くなると他方の流れも停滞しやすい。気と血の両方が不足している体質や状態を改善していくのが、本方である。

どんな人に効きますか

十全大補湯は、「気血向虚、虚寒」証を改善する処方である。

人体を構成する基本的な成分は、気・血・津液(しんえき)である。これらが適量、バランス良く体内をさらさらと流れているとき、人は健康体でいられる。逆にこれらの量が少な過ぎたり、流れが悪かったりすると、体調を崩し、病となる。気が不足した証を気虚、血の機能が低下した証を血虚という。そしてこの両方が同時に生じている証が「気血両虚」である。

気虚になると、代謝や免疫力の低下、神経の興奮性の減衰、造血機能の減弱など、体内で多くの機能低下が生じる。症状としては、元気がない、疲れやすい、手足がだるい、気力に欠ける、声に力がない、口数が少ない、顔色が白い、唇や爪の色が白っぽい、息切れをしやすいなどが見られる。食欲不振、腹部膨満感、消化不良、味覚の鈍化、むくみ、軟便などの症候も生じる。腸の蠕動運動が弱まって、便秘になることもある。この場合、便は当初硬めだが後半は軟らかくなることが多い。ウサギの糞のようになることもある。

また、血虚になると、人体の各部で血液や栄養が足りない状態となる。肌に必要な栄養が供給されなくなると、顔色が悪い、肌に艶がない、肌に潤いが無くかさかさする、唇が荒れるなどの症状が表れる。頭髪や爪に栄養が行き渡らなくなると、髪の毛が細く弱々しくなり、爪はもろくなり色も悪くなる。脳に供給する栄養が不足すれば頭の回転が悪くなり、頭がぼーっとし、めまいやふらつき、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛が生じる。目においては、目の疲れ、目のかすみ、ドライアイ、目の焦点が合わないといった症状が表れる神経系や筋肉の栄養が不足すれば、手足のしびれ、筋肉の痙攣、引きつり、こむら返り、関節痛などが生じる。

血虚が長引くと精神面にも影響が及び、動悸、不安感、焦燥感、忘れっぽい、寝付きが悪い、眠りが浅い、夢をよく見るなどの症状も見られるようになる。女性では卵巣などへの栄養供給が不足し、生理が遅れ、経血量が減る。

気と血は深い関係にあり、気は血による滋養を受けて機能し、血は気の推動作用により体内を流れることができる。この関係を「気は血の帥、血は気の母」という。どちらかの状態が悪化すると、それが他方に及び、両方の状態が悪くなる(気血同病。気虛は血虚を生じ、血虚は気虚を招きやすいのである。

気と血の両方が衰弱した気血両虚では、慢性的な体調不良が続き、機能面(気)と栄養面(血)の両方が衰弱した状態といえる。このため、手足の冷えや寒気といった寒証が生じやすくなる。これが「虚寒」である。

舌は腫れぼったく(気虚の舌象)、赤みが少なく白っぽい色をしている(血虚虚寒の舌象)、臨床応用範囲は、気血両虚や虚寒の症候を呈する疾患で、貧血、冷え症、慢性胃炎、慢性肝炎、慢性腎炎、慢性腸炎、低蛋白血症、栄養失調、下痢、痔瘻、脱肛、腰痛、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、視力低下、生理不順、無月経、不正性器出血、不妊症、不育症、更年期障害などである。特に慢性疾患や、手術、出産.出血·病後の体力回復、女性の月経不調に効果がある。

どんな処方ですか

配合生薬は、人参、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、甘草地黄、当帰、芍薬、川芎(せんきゅう)、黄耆(おうぎ)、肉桂の十味である。四君子湯と四物湯を合わせて八珍湯(はっちんとう)とし、さらに黄耆と肉桂を加えた組成となっている。 

君薬の人参は、消化吸収機能を高め(健脾)、気を補う(補気)、同じく君薬の地黄は、血を中心に陰液を補う(滋陰補血)。この二味で気血を補う(益気養血)、

臣薬は白朮、茯苓、当帰、芍薬の四味。白朮は健脾と同時に湿邪を除去する(燥湿)。茯苓も健脾燥湿し、下痢を止め(止瀉)、気を流す。白朮と茯苓の組み合わせで人参の補気健脾作用を強める。当帰は血虚を補うとともに(補血)、血の流れを改善する(活血)、芍薬は補血と同時に気血の流れの調節をする(平肝)、筋肉の痙攣を鎮める作用もある(鎮痙)、当帰と芍薬の組み合わせで、地黄の滋陰補血作用を強める。

川芎は佐薬として、気血の流れをスムーズにする(活血行気)。ねっとりとして流れが滞りがちな補薬の薬効が、十分発揮できるようになる。当帰、芍薬、川芎は卵巣機能を改善し、月経調整に働く。甘草は使薬として脾胃の機能を調和しつつ(益気和中)、諸薬の薬性を調和する。

黄耆は、消化吸収機能を高めて気を補い(補気健脾)、体表を固める(固表)、肉桂は、血液循環を促して人体を温め、益気養血作用を強める(補陽祛寒[ほようきよかん])。

以上、十全大補湯の効能を「益気補血、温陽祛寒」という。気を補う生薬(補気薬)と血を補う生薬(補血薬)がバランス良く配合されている。ただし補気薬は血の運行を推進し、血の生成を促進するので、重点は補気薬にある。

出血傾向にある場合は、芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)を併用する。眠りにくいときは、酸棗仁湯(さんそうにんとう)を合わせる。

こんな患者さんに

糖尿病です。体重が減り、ひどい疲れがあります

通院と食事療法を続け、血糖値はコントロールできているが、元気がない。気血両虚とみて本方を使用、4カ月目から体重が増え始め、1年後には疲れにくくなり、仕事への意欲も高まった。慢性疾患に伴う倦怠感などの気血両虚に十全大補湯が有効なケースは多い。病名ではなく証に従い処方を判断するのが大切である。

不妊症です。婦人科で体外受精をしていますが、高齢なためか、元気な卵が育ちません

疲れやすく、冷え症。生理が遅れがちで、経血が少なくなってきている。気血両虚、虚寒とみて本方を使用。3カ月後に婦人科への通院による疲労とストレスから不妊治療を中止したが、その後、次第に生理が整い、11カ月後に自然妊娠できた。

用語解説

1)推動作用とは気の機能の一つ。成長、発育、臓腑の生理活動、代謝、血液循環など全ての生命活動を推進する作用。

2)寒証には実寒と虚寒がある。寒い環境や、冷たい飲食物、細菌やウイルスなどの寒邪による寒証が実寒で、人体の機能低下により相対的に生じる寒証が虚寒である。実寒には寒邪の除去、虚寒には体の機能を高めることで、体調を回復させる。

3)陰液とは、人体の構成成分のうち血、津液、精(せい)を指す精は腎に蓄えられる生命の源のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る