menu

東洋医療検査師が教える東京都で良い漢方外来を探す7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分の体質、症状に合った漢方薬を探すとなると、自分で学ぶ必要があります。

そんなときに役に立つのが漢方外来です。

保険適用で安価で漢方薬を手に入れる事が出来ますし、自分で薬局で間違った漢方薬を買う無駄も省ける!というもの

そもそも漢方に保険が適用されるという事をご存じでしたか?まだまだ知らないという方が多いですが、今、西洋医学でも治せない症状や、体に優しい自然由来の成分で副作用が少ないと注目を集め始めています。一度試してみてはいかがでしょうか?

漢方外来とは

漢方外来とは、患者の症状や体質から、適した漢方薬を処方することで、その患者の抱える病気を治すための専門外来の事です。

伝統的な東洋医学の手法で診察を行い、通常多くの方が処方されている西洋薬の様な速攻性には劣るものの、体に優しく副作用も少ないと言われる漢方によって根本的な症状解決を目指すものです。

冷え性やストレス、疲れやすいといった、病名をつけにくいものにも漢方薬であれば対応が可能です。

薬に頼り切るのではなく、自身が本来持っている自然治癒力を高める、そして健康維持や病気の予防にも効果があります。そういった事を考えている方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

西洋医学との比較

西洋医学に基づいて、診療を行う医師でも病態によっては、有効な治療方法がないという時がございます。

漢方医学は病名にとらわれず、病気や体調不良は、身体全体のバランスの乱れからくるものと捉え、乱れを整えるという考えがございます。

体調不良や病気は身体からのSOSです。漢方医学独自の検査は、小さなSOSも見逃しません。

漢方医学は、日々の忙しさによる様々なストレスで、心と身体の不調を抱えているあなたの強い味方です。漢方医学の治療は、時に感動すべき効果を発揮いたします。

主体は、治ろうとする患者様です。その自ら治ろうとする力を、最大限引き出せるように、患者様の身体の状態を把握し、生活習慣も考慮した上で、行われる治療が漢方医学の最大の特徴と言えます。

西洋医学的な検査をしても異常が見つからない辛い症状や治療を続けていても良くならない病気、薬の副作用に悩まされている方にこそ、漢方薬は力を発揮いたします。「これくらいなら大丈夫」と我慢しないで、「最近、体の調子が悪いな」と感じたら漢方薬の治療を始めてみませんか。

どんな症状に効果があるの?

漢方薬は基本的にはどんな病気にも対応が可能ですが、漢方薬を選択する方がより有効な治療効果を発揮する場合をご紹介いたします。

PMSや月経困難症、不妊症 更年期などの婦人科疾患 肥満や糖尿病 高血圧などの生活習慣病 関節リウマチなどの膠原病 潰瘍性大腸炎 慢性肝炎 慢性的な頭痛

ストレスによる身体の不調 不眠症 冷え性 アトピー性皮膚炎 アレルギー性鼻炎

貧血 神経性胃炎 便秘 下痢 花粉症 気管支喘息 慢性的に風邪をひきやすい 

検査では異常が見つからないが不調が続く方 体質改善など

心と身体を一つの繋がりとして考える漢方医学では、乱れてしまったバランスを、それぞれの体質に合わせた処方によって、本来の良い状態を取り戻すことが出来ます。自分の体質にあった漢方を取り入れることで、身体の根本から丈夫にすることができるのです。

費用はどれぐらいかかる?

保険適用の漢方治療の場合、クリニックでの診察代と調剤薬局での漢方薬代がかかります。

以下の料金はあくまで目安とお考えくださいませ。

症状や、処方される漢方薬によって料金は変動いたします。

 

漢方保険診療費用

診察料 初診時 およそ¥1000(3割負担時)

再診時 およそ¥600~¥2000(3割負担時)

副作用管理の為の血液検査、尿検査等は含まれておりません。

 

診察後、漢方薬は最寄りの調剤薬局にてお受け取りいただきます。

医師から処方せんを渡されますので、お近くの薬局にてお薬をお受け取り下さい。

調剤薬局での漢方薬費用

漢方薬代は疾患や服用量、処方期間によって異なりますが、

2週間分でおよそ1500~2000円です。

東京都で良い漢方外来を選ぶ7つのコツ

良い漢方治療を受けるためにはあなたに合った病院を選ぶ必要があります。

病院選びの為のポイントをご紹介いたします。

①漢方医学の概念が分かっている上で西洋医学も取り入れ、両医学の優れた所を用いて、統合した医療を行っている。

②漢方薬の効果や副作用に関して、初診に限らず、再診時にも漢方医学の基本的な診察方法である「四診」をきちんと取り入れている。

③病名だけではなく、四診や病気原因、体質、生活習慣などの「証」から処方される漢方薬が決定されている。

④副作用が出ていないか3カ月に一度ほど血液検査や尿検査を実施している。

⑤体調の変化や外気温の変化に応じて、漢方薬の見直しが行われる。

⑥食生活や生活指導のアドバイスが行われる。

⑦日本には「漢方医」という決められた資格はありませんが、日本東方医学会の中医専門医や日本東洋医学会の漢方専門医の認定を受けていることも一つの目安となります。

探すのが面倒!そんなあなたの為の漢方外来ナビ

なかなか知識が無いと自分が行く漢方外来を決める事も大変ですよね?そこで、都内であれば信頼できる漢方外来を紹介してくれる

『漢方外来ナビ』さんがおすすめです!

連絡をして、自分の症状や住んでいる地域を伝えれば、おすすめのクリニックを紹介して、予約までとってくれます。

便利ですよね!

おすすめのクリニックを紹介してくれる漢方外来ナビはこちらから

↑URLをクリックでHPにいけます↑

もしご自身で探すのが難しい場合は是非ご利用下さいませ。

今まで一度も試した事がないという方は是非ご利用頂き体感して頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る