menu

漢方とは?基本の説明と起源の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

漢方とは、ということについてですが、漢方は自然哲学に基づいた医学として、長く利用されてきました。漢方が重要としているのは、自然と調和して心身のバランスを整え、生命力を高めること。現代では予防医学としての漢方に注目が高まっています。

予防医学としての漢方

現在の日本は、男性の平均寿命は80歳、女性の平均寿命は86歳を超え、世界に誇る長寿大国になりました。しかし、「長生き」できるようにはなったものの、はたしてどれほどの人が囃康な状態」で暮らしているのでしょうか。多くの人が、さまざまな病気や心の不調を抱えながら生きています。このような今、できるだけ病気にならないように、自分で自分の体を管理して未然に病気を防ぐ「予防医学」について考える人が増えてきました。食事や睡眠、運動、働き方など、毎日の生活習慣に留意して、自分の心と体に向き合うこと。この考え方こそが「漢方」の根底にあるものなのです。
漢方というと、漢方薬だけをあらわすと思っている人もいますが、「漢方」=「漢方薬」ではありません。漢方の本質は、自然哲学に基づく「医学」「薬学」「養生学」にあります。なかでも、最も重要としていることは「生命力=自然治癒力」を高めていくこと。このことこそ現代を生きる私たちが必要としている「予防医学」なのです。
最近よく使われるようになった「未病」という言葉。未病とは、肩こりやニキビ、便秘、不眠、冷えなど、体が何らかのサインを出している状態のことで、病気が芽生える初期の段階のことです。
漢方の起源である中国医学の古典には、「上工治未病」(名医は未病を治す) という有名な言葉があります。病気になる前に体が出したサインを感じとり、病を未然に防ぐことができる人こそが、最高の名医であるという意味です。
漢方を学ぶということは、自分で自分の心と体を管理し、病気にすらならない生活を送るための知恵を学ぶことなのです。

漢方の起源と歴史

漢方の起源は自然哲学に基づいた古代中国医学です。人間は、あくまでも自然の一部であり、自然を知ることが自らを知ることにつながっています。中国医学に関していえば、中国最古の王朝とされる殷(紀元前15世紀~紀元前11世紀)にはすでに疾病に関する記録があり、占い目的と同時に、経験的医療も行われていたと考えられています。さらに、周(紀元前11世紀~紀元前8世紀)の書物には、医療制度として食医(食事療法)、疾医(内科医)、瘍医(外科医)、獣医の4つの区分があったことが記されています。

中国医学は、漢の時代(紀元前220年~206年)にその基盤が確立しました。
この時代までに成立し、現代に伝わる書として『黄帝内経』『神農本草経』『傷寒雑病論』の三書があり、現代においても非常に重視されています。

中国医学は、文化や宗教とともに、朝鮮半島、海を隔てた日本へと伝わってきました。日本には、7世紀初めの遣隋使派遣以降、仏教伝来と時を同じくして伝わったとされています。

最初は中国医学の模倣でしかなかったものが、次第に日本の風土や気候、民族に適した形に整理されるようになりました。これにより漢方という日本独自の医学が成立したのです。現存する日本最古の医薬学書である『医心方』が、984年に平安時代の医師、丹波康頼の手によって完成されました。ここには日本の風土や日本人の思考が広く反映されています。

漢方とは

日本独自のもの。自然哲学に基づいた古代中国医学が日本に渡り、日本の風土や気候に合わせて発展した。漢方薬、鍼灸、あんま、気功、薬膳など、「医学」「薬学」「養生学」のすべてが含まれている。

未病とは

病気未満の状態をあらわす。たとえば、なんとなくだるい、疲れやすい、手足が冷える、食欲がないなど。病院に行って検査をしても、これといった異常がみつからない場合が多い。

中国医学の古典

黄帝内経

中国古代の伝説上の聖人のひとり「黄帝」がその臣下で名医の岐伯(ぎはく)らと問答する形式で書かれている漢方の理論書。『素問(そもん)』『霊枢(れいすう)』の二書がある。

神農本草和

医薬の祖と称される「神農」の名前にちなんで著述されたもので、生薬365種(植物薬252種、動物薬67種、鉱物薬46種)が上品、中品、下品の3ランクに分類されている。上品は生命を補う薬で、生命力を強化し、老化を予防するもの。中品は心身のバランスをとり、健康を保つ薬。体質や症状に合わせて服用するもので、使い方を間違えると害になる。下品は病気の治療に用いられる薬で、強い作用があるので副作用も激しく、使い方には注意が必要とされている。

傷寒雜病論

急性疾患の治療『傷寒論』と慢性疾患の治療について書かれた『金匱要略』の二書がある。後に高く評価され、薬物療法のベースになる。かぜの初期に用いる処方として有名な葛根湯も掲載されている。

漢方の特徴

漢方では、人間をひとつの連動したシステムとみなしています。心と体は別々に切り離せないもので、つながりや全体のバランスが重要であると考えます。また、このシステムは自然の法則ともつながっているとみなします。
そのため、病気や心身の不調を改善するときも、不調の一部だけを切り取ってみるのではなく、心と体の全体をみます。そして、自然薬を用いる、生活リズムを整えるなどして、その人の「生命力=自然治癒力」の強化に努めます。
つまり、同じ症状であっても原因は人それぞれ異なるので、「病気」そのものよりも「病人」の全体を重要視します。治し方も人それぞれ異なります。ですから、健康になりたいという本人が自ら行動することが何より大切で、漢方薬を飲むだけで健康になれるわけではありません。

人の健康を木にたとえて考えてみましょう。健康な状態とは、大地にしっかりと根を張り、しっかりとした太い幹から枝が伸び広がり、青々とした葉が茂っている状態です。
何らかの理由で枝が枯れ、葉も枯れたとしましょう。みなさんは枯れた葉だけをむしり取りますか?枯れた枝は剪定するにしても、根元に水をやり、幹が太くなるように気を配るはずです。漢方も同様に、根元を養うことが大切だと考えます。

最後に

漢方では病名より症状の特徴を診ます。漢方では「病名を重視しない」というと驚かれるかもしれません。たとえば、アトピー性皮膚炎と診断された二人。Aさんは水疱が出て痒みがひどく、かきこわしてしまうという症状、Bさんは全身が乾燥し痒くなるという症状。病名は同じでも症状が異なるので、漢方薬も違うものが選ばれます。漢方は、興味を持てば持つほど奥が深く、探求してもしきれないほどの歴史があります。ぜひこれを機に興味を持っていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る