menu

PMSって漢方薬で治せるの?おすすめの漢方薬と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理(月経)の1週間から2週間くらい前から現れる身体的または精神的な症状のことを「PMS(月経前症候群)」といいます。

月経のある女性は、少なからず生理前になるとイライラしたり、胸が張ったり、便秘や頭痛などの不快な症状に悩まされることがあるでしょう。

しかし、その症状が重いと日常生活にも支障をきたしてしまいます。PMSの治療はいくつかの手段がありますが、漢方薬を使うのも方法の一つです。

そこで今回は、PMSを和らげるのに漢方薬が適している理由と、その選び方について紹介していきます。

 

PMSになぜ漢方薬がいいの?

PMSにはさまざまな症状があり、その症状の種類や強さには個人差があります。主には次のような症状がPMSに特徴的です。

・イライラ
・気分の落ち込み
・食欲増進
・下腹部痛
・むくみ
・胸の張り
・便秘  など

 

これらの症状はホルモンバランスの変化により起きると考えられていますが、誰しも同じように症状が出るわけではなく個人差が大きいことが問題です。西洋医学においては原因がまだはっきりと解明されていないため治療が難しいこともあります。

頭痛が起きたら頭痛薬、便秘には便秘薬のようにそれぞれの症状を抑えることはできますが、効果が切れれば元の状態に戻ってしまうので根本的な解決とはなりません。

また、低容量ピルを使った治療も行われていて一定の効果は認められていますが副作用が気になる人もいるかもしれません。

 

漢方薬は全身のバランスを整えて不快な症状を軽減する

一方で、漢方薬はホルモンバランスの乱れと共に、その人のもともとの体質や状態が症状の現れ方に関係すると考えます。

 

特に生理前には子宮内膜が増殖することで血液の循環に変化があり、「血瘀」と呼ばれる血の滞りが起こりやすい状態です。また、女性ホルモンの中でも生理前に増加する黄体ホルモンには水分を溜め込む作用があります。漢方ではこの状態を「水」の滞りと捉えます。

「血」や「水」の巡りが悪くなることで「気」の巡りも悪くなると、イライラしたり、疲れやすくなったりすることもあります。

 

漢方薬は西洋薬とは異なり、部分的な症状を取り除くだけではなく、全身のバランスを整えながら不快な症状を和らげることができます。そのため、一つの漢方薬を飲むだけで、例えばイライラと便秘の両方の治療ができるというメリットがあります。

体質を根本的に整えることができるため、続けることにより次第にPMSの症状自体が落ち着くことも多いようです。

 

PMSに使われる漢方薬とその選び方

PMSを改善するには、自分にあった漢方薬を見つけることが大切です。同じ症状であっても誰しも同じ漢方薬が合うとは限らないからです。PMSに使われる漢方薬にはいくつかの種類があります。

気になっている症状や体質に合わせて、自分に適した処方を見つけることが大事です。次にPMSに使われることが多い漢方薬を紹介しますので参考にしてください。

 

めまい、冷え性、生理不順などがある場合

もともと体力があまりない方
冷えを感じやすい
貧血気味
疲れやすい
生理不順
頭痛

 

などの症状があるという場合には、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が適しています。「血」が不足している状態に対応し、「血」を増やして、「血」や「気」の巡りを良くする作用があります。水分代謝を促す作用もあるため、生理前になるとむくんで冷える方にも適しています。

 

イライラが強く、便秘になりやすい場合

比較的体力がある方
生理前になるとイライラしがち
頭がほてる
便秘がち
肩こり

 

などの症状がある場合には、「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」が適しています。血の巡りが悪い「血瘀」の人で、「気」の巡りが悪くなり「気逆」の状態になっている方に使われる漢方薬です。イライラを落ち着かせて、便通を促す作用もあります。

 

イライラや気分の落ち込みなどが激しい場合

イライラしやすい
気分が落ち込んだり、悲しくなる
肩こり
疲れやすい

 

以上のような症状がある人には「加味逍遙散(かみしょうようさん)」が適応になります。この漢方薬は、気の巡りが悪い「気逆」からくるイライラ、「気」の巡りが停滞している「気うつ」の状態にも効果があります。「血」の不足を補いながら、「気血」の巡りを良くして、更には胃腸の働きを高める効果もあります。

 

むくみや頭痛、めまいなどが気になる場合

のどが乾く
下半身がむくみやすい
体が重たく感じる
頭痛
めまい
吐き気

 

以上のような症状が辛い時には「五苓散(ごれいさん)」が適しています。水分代謝の悪い症状や病態に良く使われる漢方薬で、水はけを良くしてくれる効果があります。生理前のむくみやすい時期にだけ使っても効果が期待できます。

辛いPMSは漢方薬の力を借りて乗り越えよう

PMSは仕方ないことと思って諦めている女性も多いかもしれませんが、上手に漢方薬を取り入れることで症状を和らげることができます。毎月の生理が来る度に辛い気持ちになったり、不快な症状に苦しんでいるのであれば、漢方薬を取り入れてみてはいかがでしょうか。苦しんでいたのが嘘のように体調が良くなることも少なくありません。どの漢方薬を選べばいいかわからない場合には漢方薬局や漢方医などに相談すると良いでしょう。一人で抱え込まないで、まずは相談してみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る