menu

冷え性解消には漢方薬がおすすめ!4つのタイプ別漢方薬の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷え性は西洋医学では病気としては捉えられませんが、東洋医学では「未病」のひとつとして治療する対象になります。その冷え性の治療において用いられるのが漢方薬です。冷え性はその原因や体質によっていくつかのタイプがあり、それぞれ適した漢方薬が違います。そこで、今回は冷え性のタイプ別に適した漢方薬の選び方を紹介します。自分の体質にあった漢方薬を見つけてください。

冷えの4つのタイプと漢方薬の選び方

冷え性といっても末端だけが冷えている場合や、全身が冷えている場合、下半身だけが冷えているという場合などさまざまなタイプがあります。冷えの原因や状態によって適した漢方薬を使い分けると効果を得られやすくなります。

では、あなたの冷えのタイプは次のどれに当てはまるでしょうか?早速チェックしていきましょう。

タイプ1:陽虚タイプ

・疲れやすい、体力がない

・寒がり、夏場でも冷えを感じる

・かぜをひきやすい

・食後眠くなる

・胃下垂ぎみ

・横になると身体が楽になる

このタイプは身体の構成要素である「気血水」の中でも「気」、特に「陽気」が不足しています。気は血を巡らせて、熱を全身に巡らせる働きもあるため気が不足すると全身の冷えを感じやすくなります。なお、気を作るには十分に食事から栄養を取り入れることが大事で、胃腸が弱っていても陽虚を引き起こすことがあります。

 ・おすすめの漢方薬

胃腸の働きが弱っているために栄養がうまく吸収できていないことでエネルギー不足担っている場合には胃腸を元気にする漢方から選びましょう。例えば、人参湯、人参養栄湯などで胃腸を強化します。冷えが特に強く体力が落ちている人には真武湯を用いることもあります。

 

タイプ2:気鬱タイプ

・ため息をよくつく

・手足が冷えて、頭はのぼせやすい

・乾燥した便が出る

・緊張しやすい

・物忘れが多い、睡眠が浅い

このタイプでは「気」は十分に作られていても巡りが悪いため、陽気が末端まで届かなくなっています。そのため手足の冷えを感じますが、上半身はのぼせて顔がほてるような症状が出ることが多いです。気鬱はストレスや緊張などに対する耐性が弱く、現代社会の主に女性には増加傾向にあります。PMSや更年期障害などの婦人病となって症状が出ることも少なくありません。

・おすすめの漢方薬

気鬱タイプの場合は気のめぐりを促す作用のある漢方が対応します。気鬱では紫蘇葉・厚朴などの香りの高い生薬が使われます。加味逍遙散や半夏厚朴湯などの漢方は気の巡りを促します。また、日頃から香りの高い薬味やアロマテラピーなどを活用すると良いでしょう。

 

タイプ3:血瘀タイプ

・顔色が悪い、クマができる

・シミ・あざができやすい

・下腹部の痛みを感じることがある

・肩こりや腰痛がある

・月経血でレバーのような塊が出る

・足は冷えるが頭はほてる(冷えのぼせ)

 

このタイプは「血」の流れが悪いタイプです。部分的に血が滞ってしまうため、全身にうまく血が回っていない状態です。特に上半身に熱が上がりやすく、下半身は冷えるので冷えのぼせを感じることが多いのがこのタイプです。血の流れが悪くなる原因としては、ホルモンバランスの乱れやストレス、冷えが関係します。

・おすすめの漢方薬

血行が悪くなっている場合には瘀血の状態を改善する「駆お血剤」を用います。冷えを改善するだけでなく、月経困難や肩こり、頭痛、めまい、便秘などにも対応することができる処方です。例えば、体力が比較的ある人で冷えのぼせがあるならば桂枝茯苓丸、皮膚の乾燥感がある人には温経湯などが適しています。

 

タイプ4:痰湿タイプ

・体が重くてだるい

・下半身がむくみやすい

・お腹がぽちゃぽちゃという

・吐き気やめまいを感じる

・鼻水が多い

 

このタイプは「水」の流れが悪いタイプです。部分的に水はけが悪くなっていたり、全体の水の巡りが悪いことで水が滞っていることで様々な不調が現れます。脂肪も「水」の一種として漢方では捉えますが、脂肪が多いと熱を生み出しにくく全身に熱が伝わらないため冷えやすくなります。水は下半身に溜まりやすいため、足の冷えとなって現れます。水の流れが悪くなる原因としては、水分の摂りすぎ、冷える食品の摂りすぎ、運動不足などが関係していることが多いです。

 

・おすすめの漢方薬

水の流れが悪くなっている場合には、水の流れを良くする漢方薬を用います。また、発汗作用がある漢方で余分な水たまりを排泄させると体が温まります。例えば、苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)、桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)などが痰湿タイプの冷えに対応します。

 

自分にあった漢方をかしこく活用して冷え性を改善しよう!

冷え性改善に効果のある漢方薬を紹介してきましたが、自分にあった漢方薬は見つかったでしょうか?

紹介した漢方薬以外にも、冷えを改善する漢方薬は多くの種類があります。体質の分類も必ずしも明確に分けられるものではなく、いくつかの体質が混合している人も少なくありません。自分にあった漢方薬を見つけることが難しい場合には、漢方薬局などの専門家に相談してみるのも手です。冷え性から病気に発展する前に早めに対処していきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【簡易版】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る