menu

生理痛、下肢の冷感等の症状に桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうかん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「桂枝茯苓丸は血行阻害物質を取り除き、血のめぐりをよくします」

処方のポイント

 血行を活発にする桂皮。茯苓の組合せを中心に、血行阻害物質除去に働く桃仁・牡丹皮・芍薬を配合。男女問わず全般的な血行改善に用いられる。下腹部の圧痛、細絡(下腿に出現するくもの巣状の青い血管)がある、生理痛、下肢の冷感等の症状に適応。甘苦味。

桂枝茯苓丸が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗の

あるものの次の諸症:子宮並びにその付属器の炎症、子宮内膜炎、月経不順、月経困難、帯下、更年期障害(頭痛、めまい、のぼせ、肩こり等)、冷え症、腹膜炎、打撲傷、痔疾患、睾丸炎。

漢方的適応病態

下焦の血瘀。すなわち、下腹部の痛みや圧痛抵抗、あるいは腫瘤、月経不順、月経困難、不正性器出血などに、下肢の冷えや静脈のうつ滞あるいはのぼせ、頭痛、肩こりなどの症状を伴うもので、舌質は紫あるいは瘀斑がみられることが多い。脈は渋、あるいは細、あるいは弦。一般的な血瘀に用いてもよい。

桂枝茯苓丸の組成や効能について

組成

桂枝3茯苓3芍薬3牡丹皮3桃仁3

効能

活血化瘀・緩消癥塊

主治

瘀血内停・癥塊

  • 活血化瘀:血の流通を改善し、停滞している瘀血を取り除く治法である。本方は活血より化瘀の作用が強い。
  • 緩消癥塊:瘀血によるしこりをゆっくりと小さくし、取り除く治法である。
  • 癥塊:瘀血の停滞により、腹部にできた腫塊をいう。

解説

桂枝茯苓丸は婦人科の瘀血停滞による各種病証を治療する主処方である。本方剤の主薬である桂枝、茯苓にちなんで命名されている。

適応症状

癥塊

腹部にできた腫塊で癥瘕(癥は有形で、瘀血の停滞が結したもの、疼痛症状が強い。瘕は無形で、気滞によって生じ脹る症状が強い)ともいう。子宮筋腫に相当する病証である。

月経不順

月経血中に塊がある・月経痛:血脈中の流通が停滞して生じた瘀血によって、月経不順、黒い血塊などが現れる。瘀血が多い場合は生理痛も起こる。瘀血発生の主な原因は寒邪の侵入や肝気の鬱結などである。

出血

血脈の外へ流れ出た血は瘀血になる。本項が対象とするのは子宮の不正出血や妊娠中の出血である。

活暗あるいは瘀点

瘀血を示す暗舌や瘀点がみられる。

脈渋あるいは脈緊

渋脈は瘀血が強いことを示し、緊派は疼痛が強いことを示す。

桂枝は薬性が温である。温は「通」を主り血中の寒を除去し、血寒によっておこる月経不順、月経痛などを治療する。茯苓は利水薬に属し、瘀血による浮腫みを治療する。下に作用する性質によって、薬効を子宮部に集中させ、さらに、健脾益気の作用によって、妊娠中の胃腸症状を緩和させる。芍薬は養血作用に優れ、妊娠中の諸症状を治療する要薬である。やや寒性をもち桂枝の温性を矯正する。白芍薬を赤芍薬に変えて活血作用の増強をはかることもある。牡丹皮と桃仁は優れた活血化瘀薬で、桂枝とともに瘀血を取り除く。牡丹皮の薬性は寒で、血脈中の鬱熱を取り除く。桃仁は化瘀作用が強く、婦人科疾患によく使用される「桃紅四」にも配合されている。

臨床応用

婦人科疾患

月経不順、生理痛、子宮筋腫、内性器炎、切迫流産、産後の腹痛、不妊症などの疾患で、疼痛、顔色が黒ずんでいる、舌暗など瘀血症状がみられる場合に用いる。

〇イライラ、胸脇満悶、腹脹(肝鬱気滞)のあるとき+「加味逍遥散」(疏肝健脾、活血清熱)

〇浮腫、顔色が白い、動悸、眩暈(血虚)のとき+「当帰芍薬散」(養血活血、利水)

〇疲労倦怠感、食欲不振(脾知虚)のとき+「補中益気湯」(補気益気)

〇不妊症のとき+「八味地黄丸」(温補腎陽)

  または+「海馬補腎丸」(補腎益精)

  または+「温経湯」(温経活血)

内科疾病

活血作用が優れているので、瘀血をともなう内科疾患(鬱病、頭痛、胸痛、腹症、冷え症など)に併用する。

〇鬱病のとき+「加味逍遥散」(疏肝健脾、活血清熱)

〇頭痛のとき+「川芎茶調散」(散風止痛)

○胸痛のとき+「四逆散」(疏肝理気・止痛)

  または+「冠元顆粗(活血止痛)

〇肝胆病による脇痛のとき+「加味逍遥散」(疏肝清熱、健脾養nl)

〇腹痛のとき+「安中散」(散寒止痛)

  または+「芍薬甘草湯(緩急止痛)

〇冷え症のとき+「温経湯」(散寒温経)

  または+「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」(養血散寒)

打撲損傷

外傷(瘀血)による局部の腫れ、疼痛などの症状に用いられる。本方を外用としても使用できる。

〇脳震盪後遺症のとき+「釣藤散」(淸肝、化痰、熄風)

  または+「半夏白朮天麻湯」(化痰、止眩)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る