menu

膨満感のある腹痛に桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「桂枝加芍薬湯は膨満感のある腹痛によく使われます」

処方のポイント

寒気の感冒に用いられる桂枝湯と構成は同じだが、桂枝湯よりも芍薬が増量され、芍薬と甘草の関係(芍薬甘草湯)によって、より強い止痛効果がある。腹部に張りのある痛み、下痢等に適応。

過敏性腸症候群にも応用。甘辛味で、温服が効果的。

桂枝加芍薬湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

腹部膨満感のある次の諸症:しぶり腹、腹痛。

漢方的適応病態

1)脾虚あるいは気血不足のものの腹痛。すなわち、顔色がさえない、不活発、やや疲れやすい、食が細い、腹満感ありなどの体質で、時に腹痛が有り、温めたり、押さえたりすると軽減するもの。舌質は正常か淡紅、薄白苔。脈は軟やや弦。

2)虚弱者や小児の感冒。

桂枝加芍薬湯の組成や効能について

組成

白芍薬18桂枝9甘草6生姜9大棗6

効能

温陽和絡

主治

脾虚絡瘀

〇温陽和絡:塞がれている脾の陽気を温めて通じさせ、瘀血によって阻害されている血絡(血脈の細い分支)を調和して痛みを止める治法である。

〇脾虚絡瘀:脾気の不足による寒滞血瘀の病証である。

解説

桂枝加芍薬湯は脾虚あるいは気血不足による腹痛に用いる処方である。体表の風寒邪を発汗せずに、誤って下法を用いたため、邪が内に入りこんで生じた腹痛を治療する。

適応症状

◇腹痛

本来、解表法を用いるべき太陽病に、誤って下法を使用してしまうと、邪気が裏の脾陽を損傷し、脾気の運化機能が減退して、体内に寒が生じる。寒邪の凝滞する性質によって気血の流れが滞ると、「不通則痛」となって腹痛が現れる。

◇舌苔白

陽気不通による寒の存在を示す。

◇脈やや緊

疼痛を示す脈象である。

桂枝加芍薬湯の組成は「桂枝湯」と同じであるが、主薬の白芍薬を桂枝の2倍量にして血脈を調和する作用を強め、解表剤ではなく和裏剤となっている。白芍薬と桂枝は陰薬と陽薬の配合であり、陽気を通じさせ陰血を調和して、腹痛を治療できる。甘草、生姜、大棗は脾胃に作用する薬で、中気の運化機能を助ける。

臨床応用

◇腹痛

各種の腹痛に用いられる。本方は大補、大瀉の作用ではなく、穏やかな作用で、陰陽失羹こよる腹痛や虚実が明確でない腹痛に適している。

腹痛をひきおこす原因によって下記の治療法を併用する。

〇脾虚が強いとき+「人参湯」(温中補脾)

〇痰湿があるとき+「二陳湯」(燥湿化痰)

〇気滞があるとき+「半夏厚朴湯」(理気化痰)

〇便秘するとき+「調胃承気湯」(瀉熱、通便、和胃)

     または+大黄(活血通絡。通下)

◇慢性の下痢

腹痛をともなう下痢に用いられる。しかし桂枝加芍薬湯は温性があるので熱をともなう急性の下痢には不適である。

◇险虚による便秘

中国では陰虚による便秘に桂枝加芍薬湯を用いることがある。桂枝加芍薬湯中には養玲作用のある白芍薬が多量に配合されているので、腸が滋潤を失った便秘に効果がある。日本漢方では過敏性結腸症(裏急後重をともない、残便感のある下痢、あるいは便秘)に使われている。

注意事項

比較的穏やかな方剤であるが、桂枝加芍薬湯全体の薬性は温に偏るので、舌紅、苔黄、口渇などの熱痛には用いないほうがよい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る