menu

健忘症の改善に帰脾湯(きひとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「帰脾湯は健忘症の改善によく使われます」

処方のポイント

消化器・呼吸墨を補強する人参、黄耆、白朮・甘草・生姜、大棗・木香(参考:四君子湯)の組合せを中心に、血液を補う当帰、精神を落ち着かせる酸棗仁・竜眼肉・茯苓・遠志で構成。健忘、不眠動悸等に適応。女性の不正出血にも応用。甘味で、温服が効果的。

帰脾湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:貧血、不眠症。

漢方的適応病態

心脾両虚。すなわち疲れやすい、倦怠無力感、元気がない、息切れ、食欲不振、腹が張る、軟便や水様便などの脾気虚の症候と、健忘、頭がふらつく、ボーッとする、めまい感、動悸、眠りが浅い、多夢などの心血虚の症候が見られるもの。皮下出血、不正性器出血などの慢性反復性の出血傾向(脾不統血、気不摂血)を伴うことが多い。(『中医処方解説』より)

帰脾湯の組成や効能について

組成

黄耆12人参12白朮9茯苓10炙甘草5当帰10竜眼肉10酸棗仁10遠志10木香5大棗3個生姜6

効能

益氣健脾・養心補血

主治

心脾両虚

〇益気健脾:脾気を補って、運化・統血の機能を増強する治法である。

〇養心補血:心血を補って、心の「血脈を主る」「神志を主る」機能を調節する治法である。

解説

帰脾湯は気血を同時に補い、脾気虚と心血虚を治療する処方である。気血の病変に対する治療法には「益気」「補血」「統血」などがあるが、いずれも気血生化の源である脾に帰って治療することから「帰脾湯」と名付けられた。

適応症状

◇心悸・怔忡

心悸は動悸が高ぶり不安感のある症状で、発作は一時的である。怔忡は心臓が激しく不規則に拍働する症状で、心悸よりも重く持続性がある。どちらも心血が不足して「心主血脈」および「心主神明」の機能が低下することによって現れる症状である。

◇不眠・多夢

心血虚によって心神への栄養が不足し、神が本来宿るべき所をはなれて外へ動き出す(神不守舎)症状である。

◇発熱

陰血不足のため、剰余の陽気が外に浮き出して生じる微熱である。いつも現れるとは限らない。

◇疲労倦怠感

脾の気血不足による症状である。脾の主る四肢に陽気を分布することができなくなると、元気がなくなる。

◇食欲不振

脾気の運化機能が減退して出現する症状である。

◇顔面萎黄

気血カが不足して、顔面に栄養が行き届かなくなると、顔色につやがなくなる。

◇月経不順・月経淋瀝

月経の源である血が不足すると、月経不順がおこる。また、脾気が虚して統血機能が低下すると、経血量が多くなり、月経前期(月経の周期が短くなる)、月経淋瀝(長期にわたって少量ずつ出血する)などの病証が現れる。

◇舌淡

気血の不足を現わす舌象である。

◇脈細弱

細脈は血虚を、そして弱脈は気虚を示す。

帰脾湯は主に補気薬と養血薬によって組成されている。補気の基本方剤である「四君子湯」に、黄耆を加えると、補気作用を増強できる。気血生化の源である脾気を補うことによって、心血も充満される。当帰、竜眼肉、酸棗仁、遠志は養心安神作開によって、動悸、不眠などの症状を治療する。特に当帰、竜眼肉、酸棗仁の3薬は心血を補い、「心主血脈」「心主神明」の機能を安定できる。安神作用を増強するためには茯苓のかわりに茯神を使用することが多い。木香、生姜、大棗は調和脾胃の薬である。特に木香は理気作用に優れ、中焦脾胃の気を調えて食欲を増進させ、益気補血の効能を充分に発揮させる。

臨床応用

◇心脾両虚

気血両虚の症状(貧血症、眩暈動悸、疲労など)に用いる鬱症などの疾患で気血が過度に消耗されている場合は、逍遥制などを併用するとよい。

◇不眠症

安神作用をもつ酸棗仁遠志、竜眼肉などが配合されているので、不眠症、寝つきが悪い、睡眠が浅い、夢をよくみるなどの症状に用いることができる。気血不足の症状をともなう場合により適している。

◇月経不順

脾気の統血機能が低下して出血する、慢性の月経不順(月経の量が多い、周期が長い、出血期間が長い)などに適している。

〇月経痛が強いとき+「四逆散」(疏肝理気)

               または+「加味逍遥散」(疏肝健脾)

◇出血証

脾の統血機能が低下しておこる慢性の便血、尿血、あるいは皮下出血(血小板減性紫斑病など)で、特に下半身の出血に用いることが多い。疲労倦怠感、食欲弧面色萎黄など、気血の不足を示す症状がみられるときに適している。帰脾湯には直接的な止血作用はないが膟気を補い、統血作用を強めることによって、間接的に出血を止めることができる。

◇手足・皮膚のしびれ

血が虚して、血脈を養い充満することができないと、皮膚および手足のしびれが現れる、さらに陽気も不足すると経脈の運行が阻害されしびれも悪化する。本方は気血を補うことができるので、慢性化した皮膚、手足のしびれに使用できる。

〇通絡作用を強めたいとき+「疎経活血湯」(活血通絡)

◇脳震蘯後遺症

脳震蘯後遺症として現れる眩暈、頭痛、健忘、不眠集中力の低下などは気血の不足に起因することが多いので、本方を用いることができる。

〇瘀血症状があるとき+「冠元顆粒」(活血化瘀)

  または+川芎、丹参、桃仁(活血化瘀)

注意事項

穏やかな処方であるが、温性に属するので、陰虛火旺および熟盛の場合には不適当である。

心脾の機能低下と気血の不足を同時に解消

虚症の不眠、貧血、出血、健忘などに

病気や体調不良の根本には、免疫力の不足や各種機能の低下る場合(虚証)と、体力的には弱っていないが病邪の勢いが強い場合(実証)とがある。慢性的な不調が続くようなら、虚証である場合が多い病気による症候とともに、体がだるい、疲れやすい、精神疲労が大きいなどの症状が見られる。

虚証の場合、まず立て直すべきは胃腸である。腹を元気にしないことには病気に勝てない。消化吸収能力を高め、栄養を体内に取り入れ、元気を回復していくのが基本である。

消化吸収機能は五臓の「脾」に含まれる。帰脾湯は、この脾の機能を高めて各種疾患を治療していく処方である。

どんな人に効きますか

帰脾湯は、「心脾(しんぴ)気血両虚、脾不統血」証を改善する処方である。

「心(しん)」は五臓の一つであり、心臓の拍動による血液循環をつかさどるだけでなく、人間の意識や思惟活動をもつかさどる臓腑である。また「脾」も五臓の一つで、単に飲食物の消化吸収機能だけを意味するのではなく、飲食物から気・血(けつ)、津液(しんえき)を生成し、血液が血脈外に漏れないようにコントロールし、さらに思考や判断をつかさどる働きもある。

従って、思い悩み過ぎ、考え込み過ぎると、心と脾がオーバーヒートして傷つき、心と脾の機能が低下する。脾の機能が低下すると、生成される気血の量が減り、心が十分養われなくなり、心の機能はさらに下がる。これが「心脾気血両虚」証である。

この証の人は脾気が弱いので、疲労倦怠感、食欲不振、元気がない、息切れ、軟便、体の熱感、寝汗などが生じる。また血の不足により、顔の色つやが悪く、時に黄色っぽくなる。心が養われないことにより、動悸、健忘、頭がふらつく、頭がぼーっとするなどの症候が発生する。不眠が見られることも多い。脾気の低下により昼間は眠いのだが、心血の不足によって夜は眠りが浅く、夢をよく見て目覚めやすい。舌は白っぽく、白い舌苔が薄く付着する。

脾気の低下により、血液が血脈外に漏れないようにコントロールする脾の機能が弱まると、少しの刺激で出血しやすくなる。あるいは出血が止まりにくい体質となる。これが「脾不統血」証である。血便、紫色の皮下出血、不正性器出血、過多月経、月経期間の延長、月経周期の短縮などの症候が表れる。

臨床応用範囲は、各種貧血、不眠症、健忘症、血小板減少性紫斑病、下血、吐血、自律神経失調症、神経衰弱、不安神経症、ヒステリー、不正性器出血、不妊症、更年期障害、慢性胃腸炎、神経性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、低蛋白血症、各種心疾患などで、心脾気血両臘脾不統血の症候を呈するものである。

どんな処方ですか

配合生薬は、黄耆(おうぎ)、人参、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、当帰、竜眼肉(りゅうがんにく)、酸棗仁(さんそうにん)、遠志、甘草、木香(もっこう)、大棗(たいそう)、生姜の十二味である。

黄耆は君薬として脾胃の機能を高め、気を補う。同じく君薬の竜肉も脾気を養い、同時に心血を補う。臣薬の人参と白朮には補気作用があり、黄耆と配合することにより、補脾益気の力を強める。同じく臣薬の当帰は補薬であり、竜眼肉との相互作用により、補心養血作用を高める。

佐薬の茯苓、酸棗仁、遠志は心の機能を調整して精神を安定に導く。木香は佐薬として気の流れを良くし、補気薬や補血薬によって停滞しがちな脾胃の機能を回復させる。甘草は使薬として益気和中しつつ、諸薬の薬性を調和する。生姜と大棗も脾胃の機能を調え、気血生化を助ける。以上、帰脾湯の効能を「益気補血、健脾養心」という。

帰脾湯の一つ目の特徴は、心と脾を同時に治す点にある。ただし重点は健脾にあり、脾気を高めて気血生化の力を強めるのが主な働きであるため、帰脾湯の名がある。二つ目の特徴は、気と血の両方を補うことである。ただし重点は補気にあり、気の力で血の生成を促す。帰脾湯に黄耆と当帰が配合されているが、この二味で当帰補血湯という処方になる。当帰補血湯は補気生血の基本処方であり、気を補うことにより血の生化を自然に増やす組み合わせである。血が補われれば、心も養われることになる。

本方と同じように黄耆、人参、白朮、甘草、当帰、生姜、大棗を含む処方に補中益気湯がある。ともに益気補脾する処方であるが、本方は養心安神薬を配合して心と脾の両方を補い生血統血するのが特徴なのに対し、補中益気湯は升陽挙陥(しょうようきょかん)薬を配合して中気下陥(ちゅうきげかん)証を治すのが特徴である。

不正性器出血、過多月経で冷えがある場合は、芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)などを使う。いらいら、のぼせ、ほてりなどの熱証がある場合は、帰脾湯に柴胡、山梔子(さんしし)を加えた加味帰脾湯を用いる。

こんな患者さんに

〇不眠症です眠りが浅く、夜中によく目が覚めます

疲れやすく、日中は眠いのに、夜になると眠れない。寝ても夢をよく見て熟睡できない。心脾気血両虚証と判断し帰脾湯を使用。4カ月ほどで眠りが深くなり、食欲も増して元気になった。

〇生理不順です生理が遅れがちで、量も最近減りました

疲れやすく、冷え症がある。目の下にくまが目立つ気血両虚証と考え、帰脾湯を使用。次第に生理周期が安定し、元気になってきた。くまも薄くなった。1年後に自然妊娠した。

用語解説

1)五臓六腑は、解剖学的な内臓のみを指すのではなく、様々な生理機能や情緒意識活動をも含む概念である。例えば五臓の「心」は、心臓という臓器のみを意味するのではない。

2)この心の機能を「血脈をつかさどる」という。

3)この心の機能を「神志(しんし)をつかさどる」という。神志は精神、意識思惟など、高次の精神活動のこと。

4)この脾の機能を「運化をつかさどる」という、脾は飲食物を消化吸収して気血を生成するので「気血生化の源」と呼ばれる。気は生命エネルギー、血は栄養、津液は体液。

5)この脾の機能を「統血する」という。

6)これを「脾は思(し)をつかさどる」という。「思」は思考や判断のこと。

7)脾気と心血の不足で興奮性と抑制性の両方が低下し諸症状が生じる。

8)気の作用の一つに固摂(こせつ)作用がある。血液や汗、尿、精液が漏れ出ないようにする作用だが、脾の統血作用はこの一部といえる。

9)本来は茯神(ぶくしん)を使う。茯神は、松の根に寄生する茯苓の、松の根周囲の部分、精神安定作用が強い。

10)和中とは、中焦つまり人体の中心部である脾胃の機能の調和を取ること。

11)体力が衰えた気血両虚の状態では、胃腸の消化吸収機能も低下している。このような状況で補血薬を使っても、しつこい補血薬は吸収されにくく、胃腸の負担となり良くない。従って補気薬で脾気を高めることで血虚も治す。

12)帰脾湯では竜眼肉、酸棗仁遠志、茯苓など。心を養い精神を安定させる。

13)補中益気湯は、元気がなく、内臓下垂、手足が重だるいなど、だらりと垂れ下がった状態(中気下陥)をしゃきっと元気づける(升陽挙陥)処方である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る