menu

気・血・水の観点から体質チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気・血・水は健康のための重要な3つの柱です。互いに影響をし合い支え合う関係でもありますので、いずれかが不足したり巡りが滞るだけで心身の不調をきたします。漢方では具体的に病気の症状を起こす前で本人には自覚症状がある状態を「未病(みびょう)」といいますが、病気としての症状がはっきり出ていないことは健康とイコールではありません。

この記事では、気・血・水の不足や滞りが体に及ぼす影響とそれによる体質チェックの仕方、また体質別の養生方法についてご紹介します。

気・血・水の不足や滞りが体に及ぼす影響

体の健康を示すバロメーターである気・血・水について、不足や滞りが起こるとどのような影響が出るのかを具体的にみていきましょう。

気・血・水の不足

まずは気・血・水それぞれが不足したときの状態について触れていきます。

気不足

気は一言で表すと「エネルギーそのもの」です。心身を働かせるために重要であり、血・水も気の巡りに乗って体中に運ばれています。
気には「先天の気(せんてんのき)」と「後天の気(こうてんのき)」とがあり、先天の気は両親から受け継いだもので、後天の気は主に食事から体に取り込む気を指します。

先天の気は加齢とともに減少をしてしまうので出来る限り養生することで減るスピードを緩めるとともに、食養生を中心とした養生によって後天の気を常に取り入れることが大切です。

気は体を温める働きがあるので、気が不足すると体が冷えてしまいます。また、重力や季節の移り変わり、ストレスなどから心身を守る働きが弱まりますので、心身に不調をきたしやすくなります。

血不足

血の働きは一言で表すと「体を潤し養う」ことです。血は気と水から出来ていますので、気や水が不足すれば血も不足します。
血は体を潤す働きがあるので不足すると、皮膚や髪が乾燥してハリやツヤがなくなります。また、養う働きもあるので不足すると、臓腑の働きが低下します。

水不足

血以外の体液をさして水と呼びますが、その働きは「体を潤し冷やす」ことです。水は気の流れに乗って全身をめぐり様々な形に変化をして存在しています。水は体を潤す働きがあるので不足すると体が乾燥し、冷やす働きが足りないので体に熱をもちやすくなります。

気・血・水の停滞

つぎにめぐりが悪い、停滞することで起こる影響について触れます。

気停滞

気が不足すると冷えることは先に触れましたが、逆に体が冷えることによって気の巡りも停滞してしまいます。気の停滞を感じる体の症状としては主に「痛み」です。肩こりや腰痛、その他の体に感じる痛みという不調は冷えそのものによって起こるのではなく、冷えることと気の関係性によって痛みという症状で私たちに気の巡りが悪いことを知らせてくれます。また、気の停滞は精神症状に現れやすいことも特徴で、イライラしたり憂鬱な気分にします。

血停滞

血は体を温める気と体を冷やす水から出来ているため、流れが滞ると気と同様に痛みを感じます。また、気や水が流れる場所が決まっていないこととは反対に血は「血脈(けつみゃく)」という決まった場所を流れるため、停滞しても急に上に上がったり下に下がったりはしませんしできません。それによって、血が滞っている場所は過度に温まり「発熱」となって感じます。

水停滞

綺麗な水は体中をめぐる中で老廃物と混ざり合い「汚い水」となって、腎できれいな水と汚い水に分けられます。汚い水は外に出ていきますが、水の流れが滞ると汚い水が臓腑や体の一か所にとどまり続けることになるので不調の原因となります。また水は冷やす働きにより下へ下がる傾向がありますが、巡りが滞ると体の下部で留まるのでむくみや尿量の減少に繋がります。

気・血・水を抑えて自分の体質をチェック!

前項では気・血・水の不足や滞りによって体に現れる症状について触れました。ここからは、7つの体質別に特徴や症状をご紹介します。体質は加齢やそのほかの要因によって常に変化をしていくので一定ではありません。
今のあなたの体質がどれにあてはまるかを是非見てください。

気虚質(ききょしつ)

「虚」とは「不足している」ことを意味しますので、気虚質は「気が不足している体質」になります。先天の気が不足しているタイプと後天の気が不足しているタイプで違いがあります。先天の気は遺伝で受け継ぐ気なので、家族(特に親)が虚弱だったり、加齢に伴って虚弱体質を呈します。後天の気は不摂生や生活習慣の乱れ、病気による消耗が主な原因です。

特徴

・呼吸が弱くて浅いため息切れをしやすい。
・話す声が小さい。
・少し体を動かすだけで汗をかきやすい。
・人が疲れないようなちょっとした動作でも疲労を感じやすい。
・抵抗力が低いため風邪を引きやすく、病気になると長引きやすい。
・食欲がなく、下痢気味である。
・運動が苦手である。
・特に寒さ、暑さの影響を受けやすい。
・性格は内向的で、人との交流が苦手である。
・物忘れが多い

陽虚質(ようきょしつ)

陽虚は「陽が不足している体質」です。陽もエネルギーを表しますので、先天の気が気虚よりも不足している場合や、好んで寒い環境に身を置いたり養生の不足によって慢性的に陽が不足している体質になります。気虚が慢性化するなど、進行したものというイメージを持つと分かりやすいと思います。体を温める陽が不足していますので、極度の寒がりや免疫力が低く風邪などの病気にかかりやすいのを特徴としています。

特徴

・日頃から極端な寒がりで手足が中々温まらない。
・顔色が蒼白である。
・話す声が小さい。
・女性の場合は月経が不順であったり、量が少ない、月経痛などがある。
・温かい飲食を好む。
・軟便や下痢を繰り返す。
・食後にすぐに眠くなったりするなど、睡眠時間が人よりも多い。
・性格は内向的、感傷的で落ち込みやすく、涙もろい。
・冬は寒いため苦手で、夏は得意である。

陰虚質(いんきょしつ)

体を冷やす「陰が不足している体質」です。陰には水が含まれますので、体の熱をとり冷やす働きが弱まっていますので、熱がこもりやすいのも特徴になります。気は温かく上にのぼる特徴があるので、口やのどが渇きやすく精神的にはイライラしやすいです。

特徴

・体型は細身で背の高い人が多い。
・口やのどが渇きやすく乾燥しているため、空咳(からぜき)がでる。
・手のひらや足の裏などの熱を調節する場所が火照りやすい。
・顔が火照りやすい。
・水の不足から尿量が少ない。
・便が乾燥して硬いので便秘になりやすい。
・性格は外交的で活発であるが、気が短い。
・寒い冬は強いが、暑い夏は調節しにくいため苦手である。

気鬱質(きうつしつ)

「気が停滞する」ことにより、気分が沈みがちになるタイプです。先天的な要素の他、後天的に精神的な大きなショックを受ける出来事や元来考えすぎる傾向にある人が内に溜めて思い悩むことが主な要因です。

特徴

・うつむきがちなので、胸や脇が張って溜息を良くつく。
・内向的な性格で疑り深い。
・周囲の出来事に過敏で神経質である。
・物事を思い悩む傾向がある。
・あがり症で緊張しやすい。
・思い通りにいかないとイライラしやすい。
・睡眠の質が悪く熟睡できない。
・便が乾燥して便秘になりやすい。
・環境の変化やストレスへの適応能力が低い。

血瘀質(けつおしつ)

「血が停滞する」ことによって特徴的なしこりやあざが出来やすい体質です。血は気の流れに影響を受けるため気の流れも滞っている場合が多く、血行不良による様々な不調が出るのが特徴になります。

特徴

・皮膚の色が暗く、シミが出来やすい。
・血からの栄養が行き届かない為、肌が乾燥し、髪が抜けやすい。
・血行不良を起こしている場所によって、肩こりなどのしこりや痛みがある。
・女性の場合は月経不順を起こしやすく、月経量が多い、月経痛が重いなどの特徴がある。
・熟睡できない。
・性格はイライラしやすくせっかちである。
・物忘れがある。

痰湿質(たんしつしつ)

「水が停滞する」ことにより汚い水が排出されにくく老廃物を溜めやすい体質です。後天的に食習慣を始めとする養生の不足により、体内をめぐるきれいな水が老廃物を取り込んだ「汚い水=痰湿」が体に滞ることで不調をきたしやすいのが特徴になります。

特徴

・額に脂汗が浮いている。
・肥満体型が多く、お腹がふっくらと出ていて柔らかい。
・脂っこいものや味の濃いものを好む。
・上まぶたがむくんで腫れぼったい。
・胃腸を酷使する食生活をしているため負担がかかり、胸やけや胸のつかえを感じる。
・舌が厚く広がっている。
・汗をかきやすく、老廃物による体臭が強い場合がある。
・体が重く疲れやすい。
・便は柔らかく下痢をしやすい。

湿熱質(しつねつしつ)

「水(湿)と熱が停滞する」体質で、痰湿質との大きな違いは「熱」にあります。体に熱を発生させやすい脂っこいもの、辛い物、喫煙、栄養ドリンクなどの摂取をし過ぎることによって、慢性的に老廃物を含んだ汚い水(湿)と熱がこもって排出しづらいのが特徴になります。夜型の生活なども影響しますので、食習慣、生活習慣、運動、睡眠など全般にわたって改善する必要があります。

特徴

・にきびや吹き出物が顔に出やすい。
・顔(特に鼻)が脂ぎっている。
・口が乾いて苦味を感じやすく、老廃物と熱による口臭がある。
・体が重くだるい
・やや太り気味の体型が多いが、色白で痩せた人もいる。
・尿量が少なく老廃物が多いため色が濃い。
・水が停滞しているため、便秘気味である。
・性格が短気で怒りっぽい。
・高温多湿の環境が苦手である。

気・血・水を補い巡りをスムーズにすることでいつでも健康

今回は気・血・水と体質との関係を紹介しました。先にも触れましたが、体質というのは外的な要因や加齢によって変化していきます。自身の体質を常にチェックして、今の自分が弱い部分を補う養生をすることで、気・血・水のバランスが整い健康でいられることができます。食事を始めとして生活習慣の改善や運動、ツボの刺激などの養生は大切ですが、忙しい現代。自分では対応しきれない部分もあると思います。そんな時には、あなたの体質に合わせた漢方で健康になろうとする体の力を高めることもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  2. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

  3. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

ページ上部へ戻る