menu

ニラの食材としての効果や効能について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ニラ▼抗菌、消炎、便秘

あの特有な臭いが苦手なのか、子どもにはニラを食べられない例が多い。わたしもそうだった。栄養があるのにと、よく親から小言を食ったものである。裏の畠に青々としたニラが植えてあり、お袋が摘んできてはすぐ茹でたり、卵をからめて汁にしていた。いまはニラレバだって平気だから、人の嗜好は変わるものらしい。

ニラとは

ニラは古くから野菜として栽培されてきたユリ科の多年草。中国が原産といわれ、1株から10回も収穫できる。いくら摘んでも伸びてくる生命力の強さから、強精効果の話題も投げるほどだ。全草から臭気を放つ。一般には畠に植えたまま年間を通じて刈り取り、その都度食べるが、種子を採る目的なら春1回だけにする。

ニラの効果、効能

栄養価はネギ類と似ているが、ビタミンAを多く含むのがニラの特徴であろう。Aは抗酸化力があり、免疫力を高めてくれる。夏バテしたり風邪を引きやすい人によい。体を温める作用も強いので、常食すれば冷え症や神経痛にも有効だ。さらに疲労回復に役立つB1を体内に持続させる硫化アリルを含んでいるのでスタミナがつく。ニラの臭気はこのせいで、ニンニクやラッキョウなどと共通だ。

漢方ではニラの種子を日干しにしたものを「韮子」といい、頻尿、遺精、疝痛(下腹部の痛み)などに用いる。『名医別録』には「五臟を安んじ胃中の熱を除く。病人に利あり。久しく食すがよし」と、病人食に勧める記述もあった。中華料理にニラが多く使われるのは、油と合う栄養食であることを示している。

民間薬としては漆かぶれにニラの葉汁をつけたり、日射病にニラの青汁を飲ませる方法がある。ニラの葉には止血と制菌力もあるから、鼻血のとき鼻腔に詰めたり、擦り傷につけたりすることも。血行を促すビタミンEも含んでいるので、打撲やしもやけなどにニラの葉汁を塗ると効くとも伝えられる。

摂取方法

ニラは炒め物、味噌汁、和え物、浸し物、スープ、かき揚げと、いろんな料理に使われる。油を用いたニラレバなどは癖の強いレバーもおいしく食べられて貧血気味の人にはおすすめ。風邪には卵入りのニラ雑炊が体を温めてよい。熱いうちに食べて寝こむと、汗が出て、微熱や軽い頭痛は治ってしまう。ただし硫化アリルは揮発性だから洗うのは手早く。加熱時間も長くなると色が悪くなり、風味が落ちることに注意したい。

 

ニラは寒い地方で大事にされる食材だ。「底冷えへ韮雑炊も老ひとり」などという句もあって、雪国では老人が好んで韮粥を食べる。これも中国から伝わったものらしく、古書には「内臓を温め虚を補い、食をよくす」とあった。無理なダイエットを続けているギャルたちにも、この韮粥は試す価値があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【簡易版】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る