menu

腰痛におすすめの漢方薬9種類を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

腰はからだの要(かなめ)

腰痛は、人間が二本足で立つことになったときからの宿命だといわれるが、最近ではこれに悩まされる人も多くなっているようである。

腰は、文字どおり「からだの要」であるだけに、腰痛という症状もまた、多くの病気と関連がある。大きくわけると、①全身の病気、②消化器の病気、③腎臟・尿管(にょうかん)・膀胱(ぼうこう)など泌尿器の病気、 ④)婦人科の病気、そして⑤腰部に問題がある場合―の五つの原因が考えられる。

腰痛の際に考えられる病気

全身の病気では、高血圧・糖尿病・脚気などがある。もっとも、そのすべてが腰痛を起こすわけではない。動脈硬化をともなう血栓症(けっせんしょう)のように、腹部で大動脈がつまる病気のときも、腰から太ももにかけて痛みを生じることがある。かぜをひいて熱を出すと、腰が痛くなるのもこのジャンルに入れてよいだろう。

消化器の病気では、胃かいよう・慢性の虫垂炎・腸カタル・膵臓炎(すいぞうえん)で腰痛を起こすことがある。

泌尿器系では、その内臓に腫瘍や炎症、結石などができると、ある時期に腰痛を誘う。

婦人科では、卵巣や子宮の腫瘍、子宮内膜炎などから腰痛を起こすことがある。

腰部に問題があるものが、むろんケースとしてはいちばん多い。一過性のギックリ腰のようなものから、慢性の腰痛症・椎間板(ついかんばん)ヘルニア・脊椎すべり症・老人性の変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)などである。椎間板ヘルニア以下では、太もものうしろ側にはげしい痛みを生じたり、足の先にマヒを起こす坐骨神経痛をともなうのがふつうである。そのほか、脊椎カリエスや脊椎のガンのように、生命にかかわるものもある。

いずれにせよ、腰が痛む原因は多種多様なので、はげしい腰痛、慢性の痛みがあったら、専門医(ふつうは整形外科)で正しい診断を受けておかなければならない。

腰痛症の症状

慢性に痛みを訴えるもので、レントゲン写真では骨になんの変化も見あたらないものをいう。腰痛症では、足のほうまで痛くなることはまれで、足がマヒして歩けなくなることはない。腰痛症には、ギックリ腰をたびたび起こした結果なるものと、はじめから慢性の経過をたどり、少しずつ痛みを起こすものとある。

椎間板ヘルニアの症状

背骨・お尻のまわり・足のまわりの痛みが主症状である。中腰でものをもちあげたときなどに、ギックリ腰のかたちで突然痛むことも多いが、知らず知らずのうちにおそわれることもある。ひどい場合には立っていられなくなり、寝返りもうてないほどになる。セキやクシャミをすると、痛みがひびいてつらい。坐骨神経痛を起こしているのがふつうである。

変形性脊椎症の症状

老化現象によるもの。朝起きるときや、起きたあとに痛みが強く、からだをだんだん慣らしているうちに楽になり、夕方疲れてくると、また痛みにおそわれる。これも坐骨神経痛をともない、ときには足のほうへの放散痛や足のしびれ感があるが、マヒは起こさない。

漢方で痛みの病気は適応症

腰部以外に問題がある場合は、原病を治療するのが先決である。しかし、漢方は全体像をとらえながら治療を考えるから、腰痛という症状が治ったら、もとの病気も治っていたということも少なくない。そして、痛みの症状に対しては、現代医学の鎮痛剤のような副作用もなく、漢方は適応症なのである。むろん、証を正しくとらえなければならないのだが・・・。

腰痛におすすめの漢方薬

葛根湯

急に腰が痛み、寒け・熱があるものに。

八味丸

疲労してだるい感じが強く、口が乾き、腰から下に異常を感じる老人で、胃腸の丈夫な人によい。高血圧・糖尿病・腎結石(じんけっせき)などの型。

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

腰が冷えて重く、小便の近い人に。

五積散(ごせきさん)

血色わるく、下半身が冷え、腰から足、下腹もひきつるように痛み、 のぼせぎみの人に。

当帰芍薬散

貧血して冷え症、腹に力なく、尿が近く、下腹部もなんとなく痛む女性に用いる。

桂枝茯苓丸

瘀血(前述参照)が原因の、外傷による腰痛や、婦人科の疾患による腰痛で、下腹部に抵抗圧痛があるものによい。

桃核承気湯

上の症状で、便秘がある場合に。

芍薬甘草湯

痛みどめとして、体力には関係なく一般的に用いられるが、とくに腹直筋がつっぱって、痛むものには卓効がある。

芍薬甘草附子湯

上よりも体力が弱い人に。

急性期をすぎたら腰痛体操

腰痛にも、入浴・マッサージ・体操・あるいはハリ・灸などの物理療法が有効で、漢方薬とあわせて行いたい。ただし、ギックリ腰や慢性のものでも、ちょうど痛みを起こしているとき(急性期)は安静が必要で、患部の温湿布はよいが、マッサージはいけない。急性期をすぎたら、次ページに紹介する腰痛体操で、腰の筋肉をきたえる。

腰痛体操は、六種類の体操を一セットとし、各運動を二〇回ずつ、一日三回行う。ふだんからやっていれば、腰痛予防にもなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る