menu

麻黄湯(まおうとう)は悪寒発熱があり、汗のない感冒初期に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「麻黄湯は熱はあるのに汗をかかない、寒気の感冒によく使われます」

処方のポイント

発汗により寒気を排除し鎮咳作用をもつ麻黄を中心に、からだを温め発汗を補助する桂皮、鎮咳作用の杏仁、消化器を保護する甘草で構成。悪寒発熱があり、汗のない感冒初期に適応する。また、冷えて痛くなる関節痛等にも応用される。甘辛味で、温服が効果的。

麻黄湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗のでないものの次の諸症:感冒、イン

フルエンザ(初期のもの)、関節リウマチ、喘息、乳児の鼻閉塞、哺乳困難。

漢方的適応病態

表寒・表実。すなわち、悪寒、無汗、発熱、頭痛、身体痛、咳嗽あるいは呼吸困難、口渇がないなどで、鼻閉、鼻水、ふるえなどを伴うことが多い。舌苔は白薄、脈浮緊。

麻黄湯の組成や効能について

組成

麻黄6桂枝4杏仁6炙甘草3

効能

辛温解表・発汗散寒・宣肺平喘

主治

外感風寒(表実証)・肺気不宣

〇発汗散寒:外感風寒証に使われる治療原則の一つ。発汗法によって体表に侵入している風寒の邪気を体外に追い払う治法である。汗のでない表実証に用い、体表が虚して汗の出る者に用いてはならない。

〇宣肺平喘:肺の宣発機能を調節して肺気の流通をよくし、喘息、咳など肺の症状に対する治法である。

〇肺気不宣:肺気の宣発機能が侵入してきた外邪に塞がれて失調した状態を示す。

解説

麻黄湯は風寒の邪が外から侵入したためにおこる太陽病傷寒証に用いる処方である。発熱、悪寒、無汗といった表実証および初切の咳、軽い喘息など肺の症状に用いる。太陽病は、太陽傷寒と太陽中風の2つに区分される。

太陽傷寒(表実証)

主に寒邪を外感しておこる病正肌表の腠理は閉じ、無汗である。麻黄湯を用いる。

煓中風表虚詛

主に風邪を外感しておこる病証。肌表の榺理(汗腺)が粗くなっていて汗が出る   桂枝湯を用いる。

適応症状

◇悪寒・発熱

風寒の邪気を感受した直後に現れる表証の代表的な症状である。寒邪のもつ「凝滞・収引」の性質によって体表が閉じ、陽気(衛気)が体表に到達して温煦できないため、強い悪寒が現れる。発熱は病邪と正気(主に抵抗力)の激しい争いによって現れる。体表を襲った邪気が寒邪である場合は、悪寒の症状が発熱にくらべ顕著である。発熱は体温計の測定結果より自覚症状を重視する。

◇頭痛・身痛

寒は痛を主る。寒邪が体内に侵入したため気血の流れが悪くなり、痛みが生じる。外邪は上部から侵入してくるので、頭痛カ領著に現れる。

◇無汗

寒は収引(収縮)を主る。寒邪が体表に滞ると、腠理は収縮して閉され、汗が出なくなる。表実証を示す重要な症状である。

◇咳・喘息

肺は皮毛を主る。風寒の外邪が侵入して、皮毛や腠理を通して肺の宣発・粛降の機能が失調すると喘息が現れる。肺に入り込んだ邪気を追い払おうとして肺気が上逆し、咳が現れる。

◇舌苔薄白

薄苔は病邪の侵入が深くないことを示し、白苔は邪気の性質が寒であることを示す。

◇脈浮緊

体内の気血が邪気と闘うため、体表に向かって浮き上がってくる浮脈がみられる。寒邪が滞って収縮するので、緊脈が現れる。

麻黄は辛温解表薬の首座にあり、表と肺に強く作用する。その辛味によって発汗し、温性によって散寒する。とくに発汗作用が虫、邪気を汗とともに体外に排除する。外感風寒の表実証に適した生薬である。桂枝も辛温解表薬である。麻黄にくらべ発汗作用は劣るが、温経通脈(体表の気血の流れをよくする)の効能がある。麻黄と配薬することによって発汗作用が増強される。杏仁は止咳平喘薬である。種子は重い性質があり上逆する肺気を下降させる。麻黄の宣発作用と、杏仁の粛降作開で(一宣一粛)肺気の流通をよくし、咳、喘息を治療する。炙甘草は蜜の甘味があり、麻黄、桂枝の発散性を和らげ、また、発汗過多による正気の消耗を防ぐ。

臨床応用

◇感冒

悪寒、発熱、無汗、口渇がないなど外感風寒の表実証に適する。服用した後汗が出て症状が改善されたら服用を止める。発汗後も症状が改善しないときは、発汗しすぎないようにするため「桂枝湯」に変方する。

◇喘息・気管支炎

平喘止咳作用のある麻黄、杏仁が配合されているので、初期の咳嗽、喘息を中心とする肺の症状に適している感冒の症状がみられなくても使用してよい。

 〇咳嗽がひどいとき+「参蘇飮」(宣肺・止咳化痰)

 または+前胡、白前、貝母(止咳)

 〇痰の多いとき+「二陳湯」(化痰)

 〇喘息がひどいとき+「小青竜湯」(散寒・化飲・止喘)

 または+紫蘇子・桑白皮(平喘)

 〇痰が黄色いとき+「竹茹温胆湯」(清熱化痰)

 または+黄芩、石膏(清熱化痰)

◇急性腎炎

麻黄湯は解表剤であるが、麻黄の利水作用は浮腫の初期に効能がある。特に小児の急性腎炎に表証をともなう場合は、麻黄湯本来の発汗解表作用によって表証を治療しながら水邪を体外に排出できる。これは提壷掲蓋法(壺の蓋を開けて、中の水を勢いよく排出させる)と呼ばれる。臨床では、白朮を加味した「麻黄加白朮湯」を用いることが多い。

 〇浮腫などがひどいとき+「五苓散」(通陽利水)

注意事項

①麻黄湯は発汗が強いため、外感風寒の表実証に適しているが、汗の出が多い表虚証、体質虚弱の表証産後の表証に用いてはならない。

②麻黄湯は解表剤であるため、長期に服用してはならない。

③麻黄湯を服用後は、布団を掛け、温かいものを摂り発汗を促すようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る