menu

憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

原因が考えられない場合が問題

気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を欠き、イライラして落ちつかないのが不安感である。これらはふつう、日常生活の中に原因があるはずで、それが取り除かれると、解消する。

考えられる病気

思いあたる原因がないのに、いつまでも身体症状としてあらわれていることがある。こういう場合は、注意が必要である。ノイローゼ・更年期障害・脳出血・脳動脈硬化症のさいにみられる症状だからである。

したがって、まず内科の医師の診察を受け、こころの病気の疑いがあると診断されたら、精神科か心療内科の門をくぐることである。

気のうっ滞に効く処方

漢方では、身体機能も精神機能も、つねに一体のものと考える。憂鬱や不安は、気(前述参照)のうっ滞による精神症状ととらえ、身体症状もすべて沈潜し、活動はものうく、脈は沈(ちん)・遅(ち)となり、消化機能も異常状態になると考えられる。

憂鬱・不安感に効果的な漢方薬

半夏厚朴湯

憂鬱で、いろいろとりこし苦労をし、胸やのどがふさがったように感じ、不安のため外出もできない人に。

黄連解毒湯

気分がイライラして落ちつかず、のぼせ・めまいなどがある更年期障害に用いる。

三黄瀉心湯

上の症状で、便秘ぎみのものに。

柴胡加竜骨牡蛎湯

肥満体質で、胸脇苦満(前述参照)があり、不眠・肩こりがある人に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る