menu

更年期障害に効果的な10種の漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いろいろな症状が重なりあうのが特徴

女性が性の成熟期から、月経が閉止してしまう老年期に移行する過渡期のことを、更年期という。ふつう四十歳~五十五歳ぐらいの間に迎えるが、この時期には、性ホルモンの分泌や自律神経のバランスがくずれ、肉体的・精神的に不安定になって、いろいろな障害が重なって起きてくる。これが更年期障害である。症状は、一年から三年ほどつづく。

なお、閉経することは、卵巣ホルモンの分泌がなくなるだけで、性刺激ホルモンなどの性に関する活動が衰えるわけではない。したがって、生殖機能はなくなっても、性交能力は失われない。「女でなくなる」わけではないのである。

更年期障害の症状

身体症状としては、肩こり・めまい・耳鳴り・頭痛・頭重・のぼせ・便秘・胃腸障害・月経痛・関節痛・発汗・手足のしびれ・動悸・息切れなどを訴える。神経症状としては、ふさぎがちになる・興奮しやすい・イライラする・不安感がある・気分がかわりやすい・不眠などがある。ほとんどの場合、いくつかの症状が重なりあって出てくる。

更年期障害そのものは、さほど心配するものではない。複雑な症状のあらわれ方をするといっても、医師の治療を要するものは、全体の一割にも満たないといわれている。ただ、この年代はガン年齢と一致するので、その意味からの定期的な検診だけは受けておいたほうがよい。

漢方では血の道症に効く処方

昔から俗に「血の道」とよんでいる症状が、ほぼ更年期障害に相当する。いわば半健康の状態であるから、漢方の適応症である。

この症状を漢方的に整理すると、下腹部におけるうっ血症状と、骨盤充血による神経症状ということになる。したがって、前者には瘀血(前述参照)の治療に用いる駆瘀血剤と、気(前述参照)のうっ滞をめぐらす薬方を用いるのがふつうで、次のような処方がある。

更年期障害に効く10種の漢方薬

当帰芍薬散

冷える傾向があって、顔色わるく、頭重・めまい・動悸がしやすく、のどが渇き、小便が出にくい、月経痛があるという人によい。

桂枝茯苓丸

顔色が赤みをおび、月経の異常・のぼせ・肩こり・お腹の張りがある体力ある人に。

桃核承気湯

上よりも体力がありそうに見え、頭痛、のぼせ、下腹の横のほうにしこり・痛み・ひきつりがあり、便秘し、月経痛・腰痛のある人。

柴胡桂枝湯

体力が衰えたとき、寒け・熱感・ 頭痛・めまい・みぞおちのつかえ・からだのだるさ・しびれ感を訴えるものによい。

小柴胡湯

食欲不振・寒け・熱感・耳鳴りがあり、みぞおちのつかえがひどい人に用いる。

柴胡加竜骨牡蛎湯

精神不安があり、不眠で、人に会うのをきらい、心悸亢進(しんきこうしん)があって、便秘、小便の出もわるく、全身がだるいという人に。

桂枝加竜骨牡蛎湯

上と似ているが、便秘はなく、のぼせやすく、体力もない人に。

加味逍遙散

気分がゆううつで、頭重・めまい・動悸・肩こり・足腰の冷えがある虚弱な人に。

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)

上よりももっと気うつがはげしく、ヒステリー症状を起こしやすい人によい。

女神散(にょしんさん)

虚実の中間で、のぼせ・めまいがあるものに一般的に用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る